insider

IdNマガジンIdN Magazine

知っての通り、IdNは香港の、そして国際的にクリエイティブシーンをリードするマガジンだ。アジア地域とその他の地域のクリエイティブカルチャーが出会いAs we all must know, IdN is a Hong Kong’s and international leading creative magazine.、互いに刺激を与える場所を提供するという素晴らしい役割を担っているIdNチームにインタビューし、IdNが感じている香港の魅力について伺った。


自己紹介と最近の活動内容について教えてください。

IdNマガジンです。それぞれが異なる興味をもつ12人からなるチームで、いろんな人が視覚的にも楽しめるようなクリエイティブなことを雑誌にまとめています。ワンチャイを拠点にしていて、そのエリアにあった生鮮市場が消失していることに、うんざりしています。最近は、チームメンバーとなる新たな1〜2人を探しています。それでもっといろんなことしたいし、休暇も増やせたらいいですね。


香港について教えてください。その街で暮らすことや、仕事をすることついてどう思いますか?

香港はユニークな都市で、芸術的感性によく馴染む場所だと思います。賑やかな街にありながらほんの5分程のスターフェリーの乗車で街を行き来するのは、永遠の静けさを感じます。香港にはこのように環境がミックスしていて、コンクリートとジャングル、ナイトライフの賑わいと人目のつかない場所の静けさなど、そのどちらも街に共存しています。なので、常にそういうものに影響されています。活動に関しては、街の通りを歩いて、起こっていることを受け入れるだけで十分です。香港の建築的な表層部分には常に変化がみられ、いつも魅力的なもとを提供してくれます。香港やワンチャイは常に変化しているところです。都市に住む人が共存することを学ばなくてはならない、生きて呼吸している臓器のような場所。都市がもつテンションやストレスに不満を持つ人もいますが、それをエネルギーに皆うまくやっています。


香港で好きな場所を教えてください。

ヴィクトリア・ピークと呼ばれる香港山頂は富士山やエベレストには及ばないけど、空気は新鮮で、刻々と変わるスカイラインの眺めなどがとても素敵なところです。
ピークトラムの運行の開始は1888年に遡り、古いものを新しいものに換えていくことが好きな街にあって、今も変わらず運行しているのにはビックリします。2香港ドルという乗車料金もかつての街を現代に語り継いでくれます。古い車両が新しいものになっているのが残念です。香港人が大好きなエアコン付きの車両です。トラムの良さが失われてしまいますね。


香港のアートやデザインシーンについてどう思いますか?

香港のデザインシーンには優秀な人が多いですね。もちろん他の分野でもですが、意見を聞くことが少なく、多くの人が見過ごされていると思います。IdNの目指すものの一つに、そのような人たちの作品を紹介する場を作るということです。時に困難な状況は、多くの才能あるアーティストを選り抜いてくれます、なぜなら活気あるマルチカルチャーの香港にはクリエイティブな人で溢れているからね。


IdN Magazine
IdNマガジンは、クリエイティブな人に向けた国際的に出版されている雑誌。アジア太平洋地域や他の世界の地域のデザインコミュニティをひとつにし展開していくことをミッションとしている。デザインに関連した多くのイベントをオーガナイズし、世界中のデザイナーを集めコミュニケーションを図り、お互い影響し合う場を提供。IdNのアルファベットが主張しているとおり、インターナショナル・デザイナーズ・ネットワークを実現している。
http://idnworld.com


Text: Mariko Takei
Shift interviewed to the team of IdN who has been taking an amazing roll to create a place where the creative culture of Asian Pacific and the other areas’ cultures meet together to get inspire each other.


Please tell us yourself and your recent activity.

We are IdN Magazine. We are a team of 12 disconnected individuals with no common interests or music preferences, but together we put together a magazine for individuals who enjoy all things that are visually creative. We are based in Wanchai and are fed up that wet markets in the area are disappearing. We are recently looking for the possibility to invite our 13th and 14th member to the team, so we are able to do more as well as to take more breaks.


Please tell us about your city, and how about living in your city for yourself/activity.

Hong Kong is a unique city, and well suited to artistic sensibilities. One would ride the Star Ferry across the harbour, a mere five-minute ride but amidst the hustle and bustle of this city that never sleeps it seems like an eternity of silence.

There is such a mixture of environments here in Hong Kong, whether it’s a concrete or an actual jungle, raving nightlife or serene hideaway, the city has it all, and therefore, we are constantly inspired by it. As for activities, to walk around the city streets and take in all that is happening is enough for me. The architectural face of Hong Kong is constantly morphing, and that provides a constant source of fascination.

Hong Kong, or Wanchai in specific, is never stationary. A living breathing organism which the people of the city must learn to co-exist with. For some, the tension and stress of the city can be too much, but many thrive on this very energy.


Please tell us a favourite places in the city you live and work in.

Although the Peak in Hong Kong doesn’t rank with Mount Fuji or Everest, it is lovable for its fresh air and ever-changing skyline.

The Peak Tram began operations in back 1888, and in a city that loves to replace the old with the new, it is amazing to still have this tram in operation. In fact, tram rides (2.00HKD) is one of the treasured reminder of what the city used to be and also to notice all that is amazing about it today.

It is ashamed that old trams are slowly being replaced with new ones, equipped with what Hong Konger loves most – Air Conditioning – which destroyed the aesthetics of tram riding.


What do you think about the art/design scene in the city?

There are many talented people working in the design scene in Hong Kong, of course, as with any competitive field, it is hard to get your voice heard, and many people are undeservedly overlooked. One of the aims of IdN, to create an outlet in which such people can have their work seen. Sometimes the difficulty is just sorting through the mass of talented artists out there, because a city as vibrant and multi-cultural as Hong Kong will always be teeming with creative types.


IdN Magazine
IdN magazine is an international publication for creative people on a mission to amplify and unify the design community in Asia-Pacific and other parts of the world. It has been an active organiser of many design-related events. It is devoted to bringing designers from around the globe together to communicate with, learn from and inspire one another. It has truly become what the initials of its title proclaim it to be: an international designers’ network.
http://idnworld.com


Text: Mariko Takei

hong-kongのお勧めイベント
Recommended Events in hong-kong
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.