bar/restaurant

フード・ファクトリーThe Food Factory

© The Food Factory

© The Food Factory

On Nicaragua Street there is a place that follows the overall trend of modern Palermo restaurants with elaborate dishes, but differs a lot from the rest. The Food Factory makes the senses be suspended in time in an environmentニカラグア通りに、最近のパレルモのレストランに共通する雰囲気を持つ一軒のレストランがある。ここでも手の込んだ料理が出されているが、しかし他の店とはどこか違っている。「フード・ファクトリー」では時間が止まったような空間とその味で、今までに無い完璧な対話を愉しむことができる。

このレストランを運営しているトーマス・カリカは若いシェフながらも既に国内外様々な場所で豊富な経験を積んでいる。そんな彼が作り出す料理の不思議な魔力は意外な組み合わせにある。極上の味に到達する、という明確な目的を持ちながら、彼は予めある料理方など軽々と破ってしまう。

メニューには様々な魅惑的な料理が並んでいる。鮮度の良いカニを使い、回りにはパン粉とシリアルをまぶしたカニのコロッケ、甘く煮た青りんごとヤギのチーズが入ったじゃが芋のブリンツ(チーズや果物を巻き込んだ薄焼きパンケーキ)、さらにタルタルステーキ(荒く挽いた牛肉の赤身を塩・胡椒で味付けし、卵黄・玉葱・パセリなどを添えて生のまま食べる)には子牛肉を使用し、ウズラのポーチドエッグとガーリックマヨネーズ、黒トリュフが添えられている。

メインには、黒メルルーサ(タラに似た魚)が外せない。マッシュルームの軸と数種類のチーズが添えられ、パン粉をまぶした上にトリュフオイルとベーコンでかりっと焼いてあるお勧めの一皿だ。もしもっと手の込んでない料理が欲しいなら、サーモンの燻製、ガッカモーレ(アボカドを潰して香辛料・トマト・玉葱を混ぜたディップ)、甘く煮たトマト、ディル入りクリームチーズを挟んだサーモンサンドウィッチや、ブルゴル(小麦を茹でて乾燥し砕いたもの)のサラダなどはいかがだろうか。どれもがフードファクトリー風に調理され提供されている。デザートには、といっても既にこの段階で満腹になっているかもしれないが、ヌテラ・クリーム・ブリュレやホワイトチョコ、抹茶、ハッカ、ピーナッツのクネル(アイスなどラグビーボール型に整えられたもの)が合わさったホワイトチョコも是非味わってみて欲しい。

フードファクトリーではあらゆる細部まで考え抜かれているのが見て取れる。店舗内部は広々としており真っ白、さらにモダンで落ち着いた空間となっている。また昼間は明るいが、夜になるとロマンチックな雰囲気が漂っている。さらに客席からは厨房が見渡せ、そこで作られる美味しい料理の秘訣をその目で見る事ができる。こういった環境から、ここでは全てが抜かりなく準備されているのが分かるだろう。内からも外からも心休まりたい人にフードファクトリーはぴったりの一店である。

The Food Factory
住所:6055 Nicaragua Street, Palermo Hollywood, Buenos Aires
営業時間:8:30〜深夜(月曜定休)
TEL:+54 11 4774 7271
http://www.thefoodfactory.com.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Yuki Mine
where space and flavours are in a novel perfect dialogue.

The person in charge of The Food Factory is Tomás Kalika, a young chef with an extensive and prolific national and international career. The magic in his dishes lies in unforeseen combinations: Tomás likes breaking pre-established gastronomic rules while keeping a clear goal: to attain supreme flavour.

There is a wide variety of dishes to be dazzled by: Crab Croquettes – really fresh crab croquettes coated with panko and cereals-; potato blintz with candied green apple and goat cheese; or the Steak Tartare – veal Tartar, poached quail egg and garlic mayonnaise with black truffles – these are a few ideal options for starters. As a main course, the black hake is a must and it is garnished by a base of mushrooms and a mixture of cheeses, coated with Panko and seasoned with truffle oil and bacon. For ‘less elaborate’ dish lovers the offer includes sandwiches, such as the Salmon Sandwich – smoked salmon, guacamole, candied tomatoes and dill cream cheese – or salads – burgol wheat or green salad – all made and served with TFF’s special touch. For dessert, and in spite of the fact that the meal will be enough to make you feel full, do not miss the sweet delights: Nutella Crème Brule or White Chocolate – White Chocolate, green tea, mint and peanut Quenelle De Marquise.

In TFF it is clear that every single detail has been thought of: the space is broad, white, modern, and relaxed. During the day it is bright, and at night there is an intimate atmosphere. A huge kitchen on display, allows the visitor to meet the chef and get to know the secrets behind the dishes. The environment shows that nothing has been left to chance. To feel comfortable inside and outside, The Food Factory is an ideal choice.

The Food Factory
Address: 6055 Nicaragua Street, Palermo Hollywood, Buenos Aires
Opening Hours: 8:30 to midnight. (Closed on Monday)
Tel: +54 11 4774 7271
http://www.thefoodfactory.com.ar

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.