art/design

エンリケ・ラレタ スペイン美術館Enrique Larreta Museum

© Enrique Larreta Museum

© Enrique Larreta Museum

The Enrique Larreta Museum is surprising: a Rennaisance art Paradise surrounded by a magical Andalusian garden and hidden in a hectic, crowded area of Buenos Aires, Cabildo Avenue and Juramento Streetエンリケ・ラレタ美術館は驚きを与えてくれる場所だ。ルネッサンス期の美術品が集まる天国といった趣のこの美術館。西スペインのアンダルシア地方風の庭園に囲まれており、ブエノスアイレスの賑やかなカビルド通りとフーラメント通りの間にひっそりと隠れる様に佇んでいる。

正面玄関からは、1886年に建てられたというこの建物に乗移った昔の雰囲気が感じられるだろう。この邸宅は元々アルゼンチン人作家エンリケ・ロドリゲス・ラレタが所有しており、彼はヒスパニック現代主義の代表作として名高い「ドン・ラミーロの栄光」の作者である。裕福な旧家に育った彼は、アルゼンチンで最も有名な貴族であるアンチョレナ家の令嬢と結婚。法律を勉強した後、歴史学の教授を務め、さらに駐仏大使を歴任している。

コレクションは主に様々な色彩の木で作られた彫刻と絵画で、ルネッサンスやバロック期のものである。さらに忘れてはならない家具や銃、装飾芸術品がいくつもの部屋に飾られている。

最も目を引く作品は、国際的なゴシック様式を象徴する作品であるサンタ・アナを称える祭壇の背後の壁飾り(1503年)とセバスチャン・デュセテによる聖家族が描かれた祭壇背後の壁飾り、さらにパリでイグナシオ・スロアガが手掛けたラレタ自身の肖像画(1912年)となっている。

常設展の他にも、企画展やコンサート、大人も子供も楽しめる劇、教室、ワークショップなども開催されている。この美術館、特にアンダルシア風の中庭ではここでしか味わえない刺激や安らぎ、美しい眺めが待っている。

スペインのルネッサンス期美術品や異国情緒溢れる植物たちに囲まれた中での読書は最高のひと時となるに違いない。

Enrique Larreta Museum
住所:2291 Juramento Street, Belgrano, Buenos Aires
開館時間:14:00〜20:00(土・日・祝日10:00から)
TEL: +54 11 4784 4040/ 4783 2640
museolarreta@buenosaires.gov.ar
http://www.museolarreta.buenosaires.gov.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Yuki Mine
.

As from its main entrance door, the spirit of the past reincarnated in this building built in 1886 can be felt. The house originally belonged to Enrique Rodriguez Larreta, an Argentinean writer, author of La gloria de don Ramiro, a highly representative piece of Hispanic-American modernism. Larreta was a member of an old wealthy family and he married one of the daughters of the most emblematic of the aristocratic families in Argentina, the Anchorenas. He studied Law, worked as a history professor and was ambassador to France.

The collection that gave birth to the Museum mainly comprised sculptures made of polychrome wood and paintings dating from the renaissance and baroque periods, together with a remarkable set of furniture, guns and decorative arts that furnished the different reception halls in the house.

The most outstanding pieces are the 1503 Retablo en honor a Santa Ana (an Altarpiece made to honour Santa Ana), an exponent of international gothic, the Retablo de la Sagrada Familia (Holy Family Altarpiece) by Sebastián Ducete, and Larreta’s portrait, made by Ignacio Zuloaga in Paris in 1912.

As well as offering a permanent exhibition, the museum holds temporary exhibitions, concerts, theatrical plays for children and adults, courses and workshops. Visiting the museum offers creative stimulation, relaxation and beauty, mainly present in its peculiar garden – or Andalusian Patio – an ideal place to enjoy reading surrounded by Spanish renaissance art and exotic plant species.

Enrique Larreta Museum
Address: 2291 Juramento Street, Belgrano, Buenos Aires
Opening Hours: 14:00-20:00 (Saturday, Sunday and Holiday from 10:00)
Tel: +54 11 4784 4040/ 4783 2640
museolarreta@buenosaires.gov.ar
http://www.museolarreta.buenosaires.gov.ar

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.