art/design

イサック・フェルナンデス・ブランコ・イスパノアメリカ美術館Isaac Fernández Blanco Museum

© Museo de Arte Hispanoamericano Isaac Fernández Blanco

© Museo de Arte Hispanoamericano Isaac Fernández Blanco

In an unsuspected corner of Recoleta neighbourhood there is an eye-catching neo-colonial building where Isaac Fernandez Blanco museum is located. On enteringレコレータ界隈のとある街角に、人目を引く新コロニアル風建築のイサック・フェルナンデス・ブランコ・イスパノアメリカ美術館はある。中に足を踏み入れると、美しい中庭が目の前に広がり、美術館の中心部に位置するこの中庭には、背の高い木々やエキゾチックな植物、そして階段やベンチが配されている。

ブエノスアイレスの貴族、イサック・フェルナンデス・ブランコ(以下ブランコ)と彼の家族が暮らす邸宅に美術館がつくられたのは1910年のことであった。アルゼンチン初の個人美術館であり、収蔵の芸術作品はブランコの個人的なコレクションで構成されていた。この美術館は1922年、ブランコによって市議会に寄付され、同年の5月25日には市の美術館として一般公開されている。ブランコは1928年にこの世を去り、彼のコレクションは1947年に現在のイサック・フェルナンデス・ブランコ・イスパノアメリカ美術館が位置するノエル・パレスに移されると、すでにノエル・パレス内に保管されていたコロニアル美術館のコレクション、そして閉鎖された市美術館のコレクションに加えられた。

現在鑑賞することのできるコレクションは、多様で幅広い作品から成る素晴らしいものだ。16世紀から19世紀ラテンアメリカの銀製品、肖像、家具、そして、資料、書籍、宗教装飾品、彫刻、陶器、民間人の衣服や女性の装飾品が収められており、展示は、南アンデス山系エリア、ジャングルの文化(イエスズ会ミッション)、そしてブエノスアイレス「大西洋への入口」という3つのテーマに分けられている。

美術館の好奇心をそそられる作品群は、建物の特殊な構造のため互いに趣の異なる、8つの部屋に分かれて展示されている。加えて、美術館では有名アーティストの作品を展示する企画展も期間限定で催している。 美術館はラ・プラタ川やブエノスアイレスのダウンタウン、レコレータにも近く、同じ日に複数の見所を尋ねることもできるだろう。

Museo de Arte Hispanoamericano Isaac Fernández Blanco
住所:1422 Suipacha Street, Recoleta, Buenos Aires
開館時間:14:00〜19:00(土・日・祝日11:00から)
休館日:月曜日
TEL:+54 (0)11 4327 022
http://www.museofernandezblanco.buenosaires.gob.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Kazuyuki Yoshimura
, a beautiful garden-courtyard unfolds under the eyes of the visitor: high trees, exotic plants, staircases and benches populate this space located in the core of the museum.

It was 1910 when the museum was opened in the mansion where Isaac Fernandez Blanco – a member of the Buenos Aires aristocracy – lived with his family. It was the first private museum in Argentina, and its artistic heritage comprised the man’s private collection. In 1922 Isaac Fernandez Blanco donated the museum to the City Council and it was opened to the public on May 25th of that same year as a City Museum. Fernandez Blanco died in 1928 and in 1947 his collection was moved to the Noel Palace – the building where the museum is located nowadays – and it was added to the Colonial Museum collection, which was already in that building, and to the collection of a City museum that had closed down.

The collection that can be seen nowadays is striking due to its wide variety of pieces: Latin American silverware, imagery, and furniture ranging from the 16th to the 19th centuries, documents, books, religious ornaments, engravings, pottery, civilian clothes and women’s accessories. The exhibitions are divided into three topics: Southern Andean Area, The Culture of the Jungle (Jesuit Missions) and Buenos Aires, ‘Door to the Atlantic’.

The curious variety of pieces is divided into about 8 rooms, each one different from the others thanks to the special architecture of the building. In addition to the museum collection, there are temporary exhibitions of the work of acclaimed artists. The museum’s closeness to the river, Buenos Aires Downtown and Recoleta makes it possible to visit several sights on the same day.

Museo de Arte Hispanoamericano Isaac Fernández Blanco
Address: 1422 Suipacha Street, Recoleta, Buenos Aires
Opening Hours: 14:00-19:00 (Saturday, Sundays and Holidays from 11:00)
Closed on Monday
Tel: +54 (0)11 4327 022
http://www.museofernandezblanco.buenosaires.gob.ar

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.