insider

カガリユウスケYusuke Kagari

Photo: Osamu Kurihara

Photo: Osamu Kurihara

A bag is a very personal space which you can take along with you. Yusuke Kagari is a bag designer who have special consideration over the texture of bag, as rebuilding the mobile spaceカバンとは、とても個人的な「持ち歩く空間」である。そんな観点から、携帯する空間の再構築とその空間を構成する壁としてのカバンの質感にこだわったカバン作家がいる。ギャラリー、「p2g」の運営者でもあるカガリユウスケ。彼の考えるカバンとは? そのこだわりとは?


まずはじめに自己紹介をお願いします。

カガリユウスケ。大阪生まれ、25歳、男です(笑)。カバン作家やってます。2005年の終わり頃に兄からの『一緒に住めへん?』というわかりやすい誘いの電話で上京して、本格的にカバン作家として活動を始めました。それ以前も趣味程度にはつくっていて、大阪のセレクトショップで売ったりはしてたのですが。僕、もともとファッションの専門学校でスタイリスト科だったのですが、うちの父親が和紙のアーティストをしていた影響でものづくりとは近い環境にあったのです。服ってすごくパターン的に制約があって、規制が多いのですよ。靴もけっこう規制多いな、帽子も被れへんしなって思って。自分でカバン欲しいし、カバンつくろう!って。それで、ものをつくって生きていこうと思いました。


それで、どういうデザインコンセプトでやっていこうと思われたのですか?カバンの制作、デザインは独学ですか?

独学ですね。出身の大阪デザイナー専門学校は、どちらかというと写真系が強くて、ビジュアルアーツという森山大道さんとかが出られた学校の姉妹校なのです。だからカタログとかは自分で写真を撮ってるのですが、写真に対するこだわりはそこの学校を出たからっていうのはあるかもしれません。当時面白い素材を探していたら、仲良くなった問屋のおじさんが『白い不織布、大量に余ってるよ』と教えてくれて、キッチンペーパーみたいで可愛いかったんですよ。それで紙で1年半ぐらいつくり続けた後に革を触るようになって、つくっていくうちにカバンっていうモノ自体に興味が移ってきました。カバンとか靴って、独特じゃないですか。ファッションアイテムだけど、微妙にファッションじゃないし。そういうどっちつかずの感じのカバンが楽しくなってきて、カバン自体をテーマに作り始めました。


作品をつくるとき、どんなものからインスパイアされますか?

橋とか、コンクリートの造形物です。そんなような気がする(笑)。あとはストリート文化に対して憧れのようなものがあります。最近身の回りにすごくディープな自転車野郎たちがいて、自転車の重さを1キロ減らすために10万円とか普通にかける人たちなんですが。アホか!って思うのですが、そういうのを見てるせいか、けっこうオランダが好きになりました。自転車大国じゃないですか。自転車に乗るための形みたいなのは考えていますね。カバンをつくるのに全体図を決めてかかるときもあるのですが、まずは形ができて、そのあとハンドルをつけるときに用途を考えるということがあります。カバンの形自体は独立してるのですが、ハンドルで人との関係性を決定させることが多いです。


お気に入りの場所を教えてください。

コンクリートの性質を一番上手く利用しているのが橋なので清洲橋とか、駒沢オリンピック競技場のような大きな造形物が好きです。あとは池尻のジャンクションの工事現場とか。足場もきれいだし、夜とかランプがついて未来都市みたいな感じがします。大阪の堺コンビナートの工場の夜景とかも好きです。僕の実家が外国にタオルを輸出する際の梱包会社をやっていて、僕が生まれたときには工場は閉鎖されてたので、毎日その廃工場で遊んでいました。退廃的な、無機的なものへの憧れは、そのときのイメージが強いのかもしれません。


p2g
住所:東京都千代田区東神田1-3-5 ミツヨシビル1F
TEL:03-3861-6031(完全予約制)
info@p-2-g.com
http://www.p-2-g.com


Text: mina
and separating the personal space as a wall. He also manages a a gallery “p2g“. What’s his idea of bags? What’s his focus?


Please introduce yourself.

Yusuke Kagari. I’m 25, born in Osaka. I make bags. At the end of 2005, my brother asked me to share a room together, and I decided live and work in Tokyo as a bag designer. My father is a washi (Japanese rice paper) artist, so I think I got influence from him. I went to Osaka Designers’ College where I studied the stylist course. Then, I decided to make bags selected from other products like clothes and shoes, as there are many rules for these productions.


Did you set up any design concept? Did you get self-taught for making bags?

I got self-taught. At that time, I was looking for unique materials, and one of my close friends at the fabric wholesale store informed me that there were many white nonwoven fabric left. The nonwoven fabric looked pretty as it looked like kitchen paper. After making things with paper over a year and half, I started to use leather. Then, I got into making not just “things” but products like bags. For me, bags are special among other fashion items. Then, I started to make bags based on the theme of bag itself. I also take photos. The college I graduated has better association with photography than fashion, and is a sister school to the college where Daido Moriyama studied. Anyway, I am into photography and take photos which are used for catalogs.


Where do you get inspiration when making bags?

I get inspiration from concrete-made structure like bridges. I’m not sure, but I think so (laughs). I also aspire to the street culture in a way. And I have some maniac biker around me, so I get interested in the Netherlands, as there are many bikers there. So, I have some ideas for the form of bags for bikers. Sometimes I set up the overall design to make a bag, buy usually I shape a bag, and later make a decision of the use when putting handles. I design the shape of the bag independently, but I usually decide the relationship with handles and users.


Please tell us a favorite places.

As I think bridges are great example of the best use of concrete, I like Kiyosu Bridge in addition to the big structure like Komazawa Olympic Arena. I also like a construction site at Ikejiri Junction. It looks futuristic town with beautifully constructed scaffold and lighting at night. I also like the night view of Sakai industrial complex in Osaka. I used to play around in the old factory which was originally used for my father’s packaging company to import towels overseas. I might have a strong impact on the memory. That’s why I have a strong aspiration to something inorganic and decadent.


p2g
Address: Mitsuyoshi Bld. 1F, 1-3-5 Higashi-Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Tel: 03-3861-6031 (appointment only)
info@p-2-g.com
http://www.p-2-g.com


Text: mina
Translation: Mariko Takei
p2g
地址:東京都千代田区東神田1-3-5 ミツヨシビル1F
电话:03-3861-6031
info@p-2-g.com
http://www.p-2-g.com

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.