insider

森永邦彦Kunihiko Morinaga

© ANREALAGE CO.,LTD

© ANREALAGE CO.,LTD

With collections like “○△□,” “凹凸,” “SILHOUETTE,” and “ALPHABET,” ANREALAGE delivers conceptual and evocative collections every season. Questioning the obvious and reconsidering the ordinary「○△□」「凹凸」「シルエット」「アルファベット」… 毎シーズン、コンセプチュアルで示唆的なコレクションを発表している「アンリアレイジ」。当たり前とされていることに疑問を持ち、日常を見つめ直す。「身体という洋服における定規を問い直すこと。定規を変えない限り新しい洋服は生まれない。」をテーマにしたアンリアレイジ2010-11秋冬コレクション「wideshortslimlong」は、縦横比率を変形させたマネキンを用いたコレクションで、人々を驚かせた。アンリアレイジのデザイナー、森永邦彦の頭の中を覗いてみよう。


早稲田大学在学中にバンタンデザイン研究所にも通われ、服づくりをスタートされていますね。大学在学中に何か転機となるようなことがあったのでしょうか?

僕が入学した頃、同じ大学の4年生に「keisuke kanda」の神田恵介さんが、3年生に「tokyo ripper」の佐藤秀明さんが在学していて、二人とも既に自分のブランドで活動していました。彼らとの出会いがとても大きいです。特に、運行中の電車をランウェイにして行った、神田さんのファッションショーが衝撃的でした。それは今迄自分がイメージしていた、着飾るだけのおしゃれなファッションショーではなく、強いメッセージ性のある表現としてのショーでした。それがきっかけで洋服の力に気付かされ、自分も洋服で表現したいという気持ちを持ちました。


アンリアレイジは、“日常(リアリティ)、非日常(アンリアリティ)、時代”(エイジ)という3つのキーワードをブランドネームにしていますが、デザイナーとしてのそれらの言葉の解釈について教えていただけますか?

“リアル” は、いわゆる日常です。“アンリアル” は、非現実やバーチャルということではなく、日常の中に埋もれている気付かないことだったり、見過ごしてしまうことと捉えています。“時代” というのは常につきまとうものです。この時代に生まれて、この時代に服づくりをしているという同時性にすごく意味があると思うので、その時代とは対峙しながら活動していきたいです。ANREALAGEを、「UN REAL」ではなく、「AN REAL」としているのは、あくまでも僕は日常を描きたいので、その中にある違和感や日常気付かなかったことへのこだわりからです。


服づくりで一番伝えたいこと、表現したいことは何ですか?

いくらコンセプトを考え、服をつくっても、着て行って欲しい場所を指定することもできないし、毎日着てもらえる訳でもありません。所詮、洋服は洋服です。そこが洋服の儚さであり、とても力強い部分なのではないだろうか、と思います。アートのように、手の触れられないところで鑑賞するというのではなく、日常生活の中に取り入れられる凄さ。洋服を選んで着るということは、1日24時間のうちの何十時間かをその洋服と共に過ごすという事です。自分達がつくった洋服が選択され、それが着る人の生活の一部分として根付き、やがて人生のほんの小さな一部分になる可能性さえあります。僕らのつくる服で、日常を少し変えることができるかもしれない。そのような洋服の力をしっかりと表現していきたいです。


最後に、お気に入りの場所を教えてください。

東京タワーです。2006年に東京タワー大展望台で、初めてのコレクションを開催しました。東京に生まれた僕にとって、東京の象徴であり、憧れだった場所です。東京コレクションという晴れ舞台では、東京を輝かせ続けてきた明かりに吸い寄せられるように、大好きな「東京タワー」で人生を決めたいと思いました。勝負したい、服で想いを伝えたいと思ったときに、僕にはここしか考えられませんでした。


森永邦彦
アンリアレイジ・デザイナー。2003年「アンリアレイジ」を設立。「AN・REAL・AGE」とは“日常、非日常、時代”を意味する。2005年「GEN ART 2005」にてアバンギャルド大賞を受賞。2006年、東京コレクションランウェイデビュー。2009年、ストックホルム東洋博物館にて展示。
http://www.anrealage.com


Text: mina
, this brand proclaims that “the body as a measure for clothes must be reexamined; without changing this ruler, new clothes cannot emerge.” Incorporating this outlook into its 2010-11 A/W collection, “wideshortslimlong,” ANREALAGE amazed audiences by using mannequins with distorted height to width ratios. Let’s see what Kunihiko Morinaga, the designer and genius behind the brand, has to say.


You began attending VANTAN DESIGN INSTITUTE while you were still a student at Waseda University, and started making clothes. Was there a key moment in your university life as a student that motivated you?

When I entered university, Keisuke Kanda of “keisuke kanda” was in his 4th year, and “tokyo ripper” designer Hideaki Sato was in his 3rd year. Both of them were already working on their own brands. Meeting these two was a big factor. Kanda’s fashion show, where he turned the inside of a running train into a runway was astounding. It made me depart from my prior notion of fashion shows as simply displays of stylish clothes to presentations that communicate strong messages. This made me realize the power of clothes, and I wanted to express through this medium as well.


ANREALAGE gets its brand name by combining 3 keywords: “real,” “unreal,” and “age.” Can you tell us, as the designer, how you interpret these words?

“Real” is the ordinary, but “unreal” is not about the extraordinary, the fantastical, or the virtual. I understand it as the hidden features within the ordinary that go unnoticed or unobserved. “Age” is something that is always following us. I think there is great meaning to be born into this age or era, and to make clothes in this same age. I want to confront this age as I work. Also, the reason it is “AN REAL” instead of “UN REAL” is because I want to depict the ordinary, and to really focus on the strangeness and the overlooked within the ordinary, or what is real.


What do you want to convey or express the most, through clothes making?

Even though I develop the concept and make the clothes, I do not get to decide where people go in my pieces, and I cannot make people wear them everyday. When it comes down to it, clothes are only clothes. That is the transience of clothes, and the reason why they are so powerful. It is different from art that must be appreciated from afar. Clothes hold the power of being incorporated into everyday life. Choosing and wearing outfits mean that a good portion of the 24 hours in each day is spent in those garments. If my pieces are chosen, if they become a part of a person’s day, they have the possibility of becoming a small part of that person’s life. Through the clothes we make, we may be able to slightly alter the ordinary, the everyday life. This power behind clothes is what I want to express.


Lastly, where is your favorite place in Tokyo?

Tokyo Tower. I ran my first collection at the Main Observatory of Tokyo Tower in 2006. As I was born in Tokyo, Tokyo Tower, for me, is a symbol of Tokyo and the place of my dream. For the Tokyo Collection, a big moment of my life, I wanted to establish myself at my favorite place– “Tokyo Tower,” followed by the lights of the tower which have kept Tokyo bright. I can’t think of other places to convey my idea through clothes.


Kunihiko Morinaga
ANREALAGE designer. Established “ANREALAGE” in 2003. “AN・REAL・AGE” denotes “real, unreal, age.” Winner of the Avant-Garde Award at “GEN ART 2005.” His first runway debut was Tokyo Collection in 2006. His work has been exhibited at Stockholm’s Museum of Far Eastern Antiquities in 2009.
http://www.anrealage.com


Text: mina
Translation: Makiko Arima

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.