art/design

日本民藝館Japan Folk Crafts Museum

© Japan Folk Crafts Museum

© Japan Folk Crafts Museum

Soetsu Yanagi (1889-1961), the first director and the founder of the Museum, persuaded his philosophy with counteracting the desire for cheap mass-produced products日本の民藝運動の創始者であり、美学者であった柳 宗悦(1889〜1961年)が初代館長を務めた「日本民藝館」。『陳列自体がひとつの技藝であり創作であって、出来得るなら民藝館全体がひとつの作物となるように育てたい。静止的な陳列場ではなく、もっと親しく温かい場所にしたい』と、柳はその使命について、美の標準を提示した。
柳は、1931(昭和6)年に、雑誌「工藝」を創刊、1934(昭和9)年には、民藝運動の活動母体とも言える「日本民藝協会」を発足させ、1936(昭和11)年、日本民藝館を創設、民藝美論の普及に努めた。

本館は大谷石の石屋根長屋門にあわせ建立。柳が設計を手がけたことでも知られる。玄関アプローチは床に大谷石が敷き詰められ、玄関から2階へと誘う左右に拡がる大階段(写真)は、民藝館の顔ともいえる存在感だ。展示室の採光には障子を用い、手仕事による絞り染めのカーテンとともに、細部にまで温かい雰囲気が添えられている。

日本民藝館では日本や海外の陶磁器をはじめ、各部門の工芸作品を約1万7千点収蔵し、民芸運動の同志であったバーナード・リーチ、河井寛次郎、棟方志功などの個人作家の作品も数多い。展示は3ヶ月ごとに陳列替えをしながら、常時500点を公開している。特に丹波・唐津・伊万里・瀬戸などの日本古陶磁をはじめ、東北地方の被衣や刺子衣裳、アイヌ衣裳やアイヌ玉、大津絵、木喰仏、沖縄の陶器や染織品、朝鮮王朝時代の陶磁器や絵画などは、国の内外で高い評価を受けている。

また、柳が装案したという棟方志功の倭画の表装は、民藝運動に携わった染色家による染紙を使用し、画の魅力を存分にを際だたせていて印象深い。朝鮮時代の家具の意匠をもとに、柳が基本設計した展示ケースや館内の松本民芸家具製の椅子と机を中心に、イギリスの古いウィンザーチェアなども合わせて鑑賞してほしい。
過去には、鈴木大拙、志賀直哉、梅原龍三郎、ヴァルター・グロピウス、シャルロット・ペリアンなど数多くの偉人が訪れ、「美」の世界に酔いしれた。

1階の「推薦工芸品売店」では、日本を代表する民窯・九州大分県の小鹿田焼や、沖縄県読谷の焼物、島根県湯町窯の焼物など、公募展「日本民藝館展」で選ばれたものを販売。他にも、蔵品の絵葉書や各種関連書籍、図録、雑誌「民藝」などが取り揃う。

日本民藝館
住所:東京都目黒区駒場4-3-33
開館時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)(月曜休館)
入館料金:一般 1000円、高・大生 500円、小・中生 200円
TEL:03-3467-4527
http://www.mingeikan.or.jp

Text: mina
. He pointed to the works of ordinary craftsmen who persuaded spiritual improvement and practical needs of life.

Yanagi published a magazine, “Kogei (industrial art) in 1934, established Japan Folk Crafts Committee in 1934 and founded Japan Folk Crafts Museum in 1936 to expand the philosophy of folk crafts.

The museum is constructed in a beautiful traditional Japanese building and has more than 17,000 collections such as Bernard Leach, Kanjiro Kawai and Shiko Munakata who are Yanagi’s lifetime fellows. 500 different types of art are exhibited regularly and those would be switched every three month. Japanese traditional ceramic wares and also other industrial arts from every where in Japan such as Ainu (native residences of Hokkaido prefecture) arts are exhibited. Those are appraised in domestic and oversea. A number of celebrities visited the museum and admired in state of art collections.

The museum also has a recommended industrial art store selling traditional Japanese art crafts, ceramic ware and other industrial art crafts.

Japan Folk Crafts Museum
Address: 4-3-33 Komaba, Meguro-ku, Tokyo
Opening Hours: 10:00-17:00 (Closed on Monday)
Admission: Adults 1000 Yen, High School & University Students 500 yen
Tel: 03-3467-4527
http://www.mingeikan.or.jp

Text: mina
Translation: Hiro Anan
日本民间艺术馆
地址:東京都目黒区駒場4-3-33
开放时间:10:00-17:00(16:30入场)
休息日:星期一
承认:大人1000円、大学高中 500円、学童 200円
电话:03-3467-4527
http://www.mingeikan.or.jp

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.