art/design

カプセルCAPSULE

© CAPSULE

© CAPSULE

Art space “CAPSULE” is opened at Mishuku, Tokyo in summer 2011. As you go down the stairs to the basement, you will find the cafe “SUNDAY” and a white cubic space. At “CAPSULE,” you can see artwork2011年夏、東京・三宿にオープンした アートスペース「CAPSULE」(カプセル)。地下への階段を降りて行くと、吹き抜けの地下空間にカフェ・アート・レストラン「SUNDAY」(サンデー)があり、その隣にホワイトキューブを備えた空間がある。ここ、カプセルでは、現代アートコレクターならではの目線で紹介されるアート作品を見ることができる。

自らもコレクターであるというオーナーに話を伺うと、カプセルをコマーシャルギャラリーでもない、オルタナティブスペースでもない、今までにないアートスペースにしたかった、と語ってくれた。今回のオープンは、オーナー自身がコレクションをする過程で出会ってきた、コマーシャルギャラリーでは発表できないような作品や、個人コレクターのコレクション、アーティスト同士のつながりから生まれる実験的なコラボレーションを、発表できる場があれば、という思いがあってのことだった。

コレクターには自分で作品を買うという、キュレーターとはまた違った責任感があり、そのスタンスでアートを紹介しているギャラリーは、日本ではまだまだ少ないという。ずばり、現代アートを集める醍醐味は何ですか?と尋ねると『まだ価値の定まっていない「今」生きている作家の作品を買うことができ、作家と話せること』と教えてくれた。『現代アートは、そのコンセプトやアーティストの人となりを知ることができるのが面白い』と語るオーナーの言葉からは、アーティストへの愛情と、今の時代に生まれてくる真摯な表現に少しでも近付きたい、という誠実な思いが伝わってくる。コレクターの中には、コレクションすることだけを目的にするのではなく、アーティストを支援するという思いも込めて作品を手に入れる方が確かに存在する。

2011年8月のオープニング時の企画展「カウボーイとフォトン」では、青山悟(写真上)、秋吉風人、榎本耕一の作品を紹介し、バックグラウンドや表現手段の全く異なる作家による実験的なコラボレーションを見せた。また、「クロスカウンター・日英アーティスト共有展」では、「XYZ collective」とのギャラリーをまたいだコラボレーション企画を展開。チックス・オン・スピードや澤柳英行、松原壮志朗などのアーティストがそれぞれに3.11以降の表現をし、見事な共鳴を見せた。

今後は、古美術や家具、クラフト、ファッション、活版印刷展なども紹介していく予定だという。現代アートだけではなく、美しいもの、おもしろいものに惹かれていくコレクターの妙趣に、ぜひ触れてみたい。

CAPSULE(カプセル)
住所:東京都世田谷区池尻2-7-12
営業時間:会期中 12:00〜19:00(会期についてはホームページをご確認ください)
TEL:03-6413-8055
http://www.capsule-gallery.jp

Text: Yu Miyakoshi
which is introduced by contemporary art collectors.

The owner, also an art collector, wanted to create a new kind of art space which is neither a commercial gallery nor an alternative space. He opened this space to show collector’s private collections and his own, which are not suitable for commercial galleries, also to do some experimental collaborations with artists.

Collectors have a different responsibility from curator’s to purchase artwork. It is still hard to find galleries in Japan which exhibit the collector’s collections. “What is the pleasure in collecting contemporary art?”, I asked the owner. He answered that the pleasure is to buy unvalued artwork from living-artists and talk to them about their work. “Contemporary art is interesting because we can learn about the concepts and the artist’s personalities,” he added. I could feel his affection to the artists and his wish to approach new-coming expressions from his speech. There are some collectors whose purpose is not only collecting but also supporting the artists.

The first exhibition in August 2011, “Cowboy and Photon” showed the experimental collaboration between three different artists, Satoru Aoyama, Futo Akiyoshi and Koichi Enomoto, whose backgrounds and ways of expression are totally different. “Cross Counter Round Tokyo 2011” was a joint exhibition with “XYZ collective”. The young artists, including Chicks on Speed, Hideyuki Sawayanagi and Soshiro Matsubara, created a resonance by representing their work after 3.11.

“CAPSULE” is planning to show antiques, furniture, craft, fashion and letterpress printing in the future. I would like to get in touch with a great charm of collectors who are attracted by not only contemporary art but also something beautiful and interesting.

CAPSULE
Address: 2-7-12 Ikejiri, Setagaya-ku, Tokyo
Opening Hours: 12:00 – 19:00 during exhibition
Tel: 03-6413-8055
http://www.capsule-gallery.jp

Text: Yu Miyakoshi
Translation: Fumi Nakamura

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.