music

EMSEMS

© EMS

© EMS

EMS (Elektronmusikstudion) is one of the most prestigious spots for the development of electroacustic music internationally. EMS aims to support the artistic development of electroacustic musicEMS(エレクトロ・ミュージック・スタジオ)は、国際的な施設であり、エレクトロアコースティック・ミュージックの芸術的発展と、他分野との統合をサポートすることを目的として運営されている。毎年、角界の面々たるゲストがゲスト・コンポーザーとして招聘され、世界中の人たちが講議、レクチャー、セミナーなどに参加している。EMSの歴史は1964年、スウェーデン国営ラジオの発展型スタジオとして設立されたところまでさかのぼる。現在はラジオ局から完全に独立し、マッツ・リンドストレムがスタジオの監督を務めている。EMSはミュンヘンブルワリーという古いビール工場のある場所に位置し、この美しい建物には他の企業や施設などもに入っている。建物の目の前には、南側の島との間を隔てる水面がみえ、海へは地下鉄マリアトリエット駅からも歩いていける。

EMSには6つのスタジオがあり、使用できるようになるには5週間(費用は約150ユーロ)ほどのイントロダクション・コースを受講することが求められる。スタジオで働いてみたいと思ったらもちろん、このコースの受講を義務として求められるのだ。コースの内容は初心者からプロレベルまで、それぞれに合ったプログラムで知識を深められるようになっている。電子音楽、ライブ・エレクトロニック・ミュージック、そして表現方法としても知られるサウンドアートなど、興味があれば誰でも参加は可能だ。イントロダクション・コースは音楽の一つのジャンルとしての”エレクトロアコースティック・ミュージック”にフォーカスした内容だが、他のコースは多岐にわたる。例えば、音を生み出すことの本質について、音の編集の仕方、ソフトフェアの種類や使い方、アナログ・シンセサイザーなど多くのテーマを扱っている。EMSは大学や専門学校のような教育機関ではなく、スタジオの提供を主な機能としている。ただ、誰でも申し込み可能な形でエレクトロアコースティック・ミュージックやサウンドアートに関する講議を開いているし、他の教育機関との連携も行っている。サウンドアートの学士単位を取得できる仕組みや、学校の卒業に必要な研修期間を請け負うこともある。そういった意味ではEMSは決してお役所にも専門機関にも属さない場といえるだろう。イントロダクション・コースを受講し終わると、2年の長期教育コースに申し込むことが許可されるし、類似授業を行う大学とも柔軟な協力をとっている。EMSのスタジオで働くには基礎コースを終えることが義務づけられているので、応用コースを受講し終わったころには、着実にスタジオへの道が開かれることになる。コースはスウェーデン語で行われるのであしからず。

EMSにはライブラリーがあり、エレクトロアコースティック・ミュージックやサウンドアートに関する貴重な書籍が保管されている。事前予約をすれば、ライブラリーやアーカイブの閲覧が可能だ。また、ライブラリーの分野は定期的に変わる。エレクトロアコースティック・ミュージック、サウンドアートはもちろん、テキスト・サウンド、コンクリート・ポエトリー、コンピュータ・ミュージック、シンセサイザー、サウンドスケープ、音響環境、現代音楽、オーディオ技術、生演奏…etc。 書籍のみならず、エレクトロアコースティック・ミュージックやサウンドアートのCDもIDEAMAと呼ばれるアーカイブシステムによって何百枚の単位で保有しており、音声ファイルとともに1929〜1971年の間のエレクトロアコースティック・ミュージックに関わる国際的な書類もデータベースに保管することによって検索可能となっている。収集しているものの一部はEMSサイトからも検索可能だ。加えて、サウンド・イン・スウェーデンノルベルグ・フェスティバルなど各フェスティバルへの協力や、ストックホルム現代美術館、実験的なダンス・カンパニー「Weld」や「Audiorama」とのコラボレーションも行っている。EMSサイトの最新情報の詳細についてはブログをご参考に。

EMS (Elektronmusikstudion)
住所:Söder Mälarstrand 61, Stockholm 118 25
TEL:+46 8 5560 8851
info@elektronmusikstudion.se
http://www.elektronmusikstudion.se

Text: Victor Moreno
Translation: Eiko Kondo
and its integration within other artistic areas. Every year, different figures from the international arena are invited as guest composers and people all over the world join also for seminars, courses and lectures. The origins of EMS date back to 1964, created as a development studio for the National Swedish Radio. Today, it is run independently by the Studio Director Mats Lindström. ­ EMS is located at Munchenbryggeriet, an old beer factory, which beautiful building now hosts different companies and institutions. This is in fron the water in the north side of the souther island. You can walk from tube station Mariatorget towards the water.

EMS has 6 studios. If you would like to come and use any of those studios, you must do a introduction course during five weeks, which has a fairly fee around the 150 EUR. The courses are obligatory if you wish to work in any of the studios. For sure, you could go deeper in this education, from a beginners’ level to a professional level; the courses at EMS are open to anyone who is interested in electroacoustic music, live electronics and sound art as well as other related forms of expressions. The introduction course focuses on electroacoustic music as a genre. The aim of the other courses is to focus on the nitty­gritty of production in the studio, sound­editing, useful software, analogue synthesizers, sound­recording techniques and so on. EMS is not an academic institution, any university or a school, Its primary function is to provide studios, but we hold courses in electroacoustic music and sound art every term that anyone can apply for. We are free to collaborate to any institution. We run advance master degree in sound art. We provide some other schools like a practice term for their graduation. So we are not bureaucratic or academic in that sense. After finishing them you can apply for a part time education in EAM that reaches over 2 year. We also from time to time cooperate with other Universities with courses similar to ours. You have to finish the basic course to be able to work in our studios and you gradually gain access to more studios when you complete the more advanced courses. The courses are held in Swedish.

The library at EMS is a unique collection of books on electroacoustic music and sound art. The library and archives are available for research by appointment. The library collection includes books and periodicals on electroacoustic music, sound art, text­sound, concrete poetry, computer music and sound synthesis, soundscape and acoustic ecology, contemporary music, audio technology, acoustics etc. We also have hundreds of electroacoustic music and sound art CDs as well as the IDEAMA archives, an international documentation of electroacoustic music covering 1929­1971, searchable in a database with audio files. Parts of the collection may be found in the EMS library catalogue. In addition EMS supports festivals like Sound of Stockholm and Norbergfestival, and collaborates with the Modern Museum of Contemporary Art, Moderna Museet, the experimental dance company Weld or Audiorama. The venue for innovative drama, sound art and electro acoustic music. To be updated about what’s on EMS please visit its blog.

EMS (Elektronmusikstudion)
Address: Söder Mälarstrand 61, Stockholm 118 25
Tel: +46 8 5560 8851
info@elektronmusikstudion.se
http://www.elektronmusikstudion.se

Text: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.