bar/restaurant

ボケリアBOQUERIA

© BOQUERIA

© BOQUERIA

It’s funny when you see a certain gastronomic cuisine in a misplaced region. Generally they are very fake, wannabes that try to seduce you through a marketing wrap but at the end, the owner has no idea about what they actually doingある地域の美食に他の場所で出会うことほど可笑しいことはない。一般的に偽物なことも多く、詐欺師のように人をだまそうとし、最終的にはオーナーでさえ実際自らが何をしているのか分からなくなっている。その他の場合としては間違いなく、オーナーがその料理の地域出身であるか、その地域での豊富な経験をもっているかである。

個人的にはその土地ならではの地元の料理を楽しむ事が好きなので、そういったことについては非常に懐疑的である(ファーストフード店のようなレストランの話ではない)。しかし私はストックホルムの中心にできた新しいスペインレストランの「ボケリア」に誘惑され試しにいってみることにした。

その結果私がお伝えしなくてはいけないのは、そのレストランは贅沢の欲求を満たしてくれたということだ。これ以上求めることは難しいだろう。アリカンテの地中海沿岸の特定の地域でしか取れない希少価値の高い「ガンバ・ロジャ」と呼ばれる赤い海老も食す事ができる。

このレストランが提供するものにはアルゼンチン産もあるが、本物なら10倍価格が高く、それに見合って味は素晴らしいものだ。この例が全てのコンセプトを物語っている。マドリッドやバルセロナの街角にある伝統的なスペインバーの片鱗が伺える素晴らしい料理を、このストックホルムのレストランで見つけることができるのだ。

伝統的なイベリコ豚のハム、チーズ、レオン産の干し肉、コロッケ、ソーセージ、魚料理もメニューにあり、タパスや様々な種類のワインも注文することができる。スペインと同程度のクオリティを見つけるのは難しいし、スペインの方が安価であるに違いないが、ここはストックホルムの中心部であり、シェフはスウェーデン料理と融合した料理も提供してくれる。

そのいい例は、私が大好きなダークチョコレート、キャラメル、ナッツとホワイトチョコレートを混ぜた泡状のソースデザートである。その他メニューにはクレームブリュレもある。

このレストランは「ムード」という新しいショッピングモール内、まさにストックホルムの中心にある。よってスカンジナビア製品の買い物と、美味しいタパス料理の両方を楽しむことができるのだ。テラス席で手軽に食事を済ませるのもいいし、レストランの中の席でゆっくり時間を過ごすのもいいだろう。

BOQUERIA
住所:Galleria Mood, Jakobsbergsgatan 17, 103 95 Stockholm
営業時間:11:30〜14:00(土・日曜日 12:00〜15:00), ディナー17:00から深夜
TEL:+46 (0)8 30 7400
http://www.boqueria.se

Text: Victor Moreno
Translation: Kanae Tamase
. In some other occasions it happens that the owner either is originally from such location or has a wealthy experience about it, for sure. 

Nevertheless, I personally like to enjoy local products and generally I am very skeptical of other kind of suggestions (so far we are not talking about fast food-like restaurants). However, I was seduced to try the new Spanish restaurant Boqueria in the heart of Stockholm.

I have to tell you: they managed to cope with my sybarites. I think you hardly could ask for anything more. You can even eat “gamba roja,” – red prawn, means – this is a really hard-to-find product bred in an specific location around the Mediterranean coast of Alicante.

Well, the one they serve you is from Argentina, but otherwise your meal will cost 10 times more, and the taste is fairly good enough for that. I think that example sums up the whole concept, you will fine good products, presented fairly good and with glimpses of a traditional Spanish bar that you could find in a corner of Madrid or Barcelona, perhaps.

You have all the classics: jamón Iberico, quesos, cecina de León, corquetas, sobrasada, pescaditos, etc. You can order several “tapas” and different wines. It is hard to find the same qualities than in Spain, and for sure in Spain is cheaper, but here you are in the center of Stockholm and the chef also combines some dishes with a few sophistications á la Swedish.

My favorite example for that is their chocolate dessert, a mix of a foamy sauce of white chocolate mixed with darker chocolate, caramel and nuts. They also have a fantastic Crema Catalana.

The restaurant belongs to a brand new mall, MOOD. This is located right in the center of Stockholm. So, you will never have so easy the opportunity of enjoying some good tapas and shopping some Scandinavian goods, all in the palm of your hand. You have two options, have a quick meal and some drinks in the bar of the patio or sit down inside in the restaurant for a longer staying.

BOQUERIA
Address: Galleria Mood, Jakobsbergsgatan 17, 103 95 Stockholm
Opening Hours: 11:30 – 14:00 (Saturday and Sunday 12:00 – 15:00), Dinner from 17:00 till midnight (Saturday from 17:30)
Tel: +46 (0)8 30 7400
http://www.boqueria.se

Text: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.