art/design

スウェーデン建築デザインセンターThe Swedish Centre for Architecture and Design

© The Swedish Centre for Architecture and Design

© The Swedish Centre for Architecture and Design

The main objective for The Swedish Centre for Architecture and Design is to illustrate and offer an active platform for architecture, design and sustainable urban development, as well as to care for, list, scientifically processスウェーデン建築デザインセンターの主要な目的は、建築、デザイン、そして持続可能な近代発展のための活発な交流の場としての機能を果たすとともに、所蔵するコレクションを管理し、カタログを制作、そして新たなコレクションを増やすことである。スウェーデン建築デザインセンターは、初め1962年に国立スウェーデン建築家組合によって独立団体として設立され、1978年に国の管理のもとに置かれた。

シェップスホルメン島の中心に位置するこの建物は、スペイン人建築家ラファエル・モネオが設計しており、1998年の建築後には賞を受賞している。ラファエル・モネオの建物全体に対するデザインの一環として、この建物の入口はストックホルム近代美術館と共用となっている。2009年には、さらなる政府の指揮のもとにデザイン、そして環境に配慮した持続可能な建築設計により一層の重点が置かれることとなった。

附属の図書館とアーカイブスはスウェーデン建築の遺産を紹介するという美術館の意図を果たす上で欠かすことのできない存在である。常設展の他に、企画展や館内ツアー、討論会、レクチャー、講演、情報発信といった活動を通して、建築やデザイン、設計にまつわる現代の課題について考える機会を提供している。

シェップスホルメン島は町の中心に位置しており、旧市街ガムラスタンが眼前に拡がっている。スウェーデンの大手デパートであるNK(エヌコー)周辺のショッピングエリアから出発し、ノーベル賞で有名なグランド・ホテルと海の間の道を歩きながらのシェップスホルメン島までの道のりでは素晴らしい景色が楽しめる。橋を渡って島内に入ると、谷を上がったところに美術館が見える。小さな島内には、他にも美術館や施設がいくつかあるので間違わないように注意してほしい。もし春夏の季節でなければ、島へ行くのは非常に簡単だ。バスやボートが町のいくつかの地点とつながっている。

The Swedish Centre for Architecture and Design (Arkitektur – och designcentrum)
住所:Slupskjulsvägen 7, Skeppsholmen, Stockholm
開館時間: 10:00〜18:00(火曜日20:00まで)
休館日:月曜日
入館料:50 SEK(19歳未満は無料)
Tel: +46 (0)8 587 270 00/02
http://www.arkdes.se

Text: Victor Moreno
Translation: Yuki Mine
and enhance, through new acquisitions, the collections entrusted to it. The Swedish Centre for Architecture and Design was established as an independent foundation, initiated by the National Association of Swedish Architects in 1962, and was in 1978 reconstituted as a national authority.

The centre is centrally located on Skeppsholmen in an award-winning building by Rafael Moneo constructed in 1998, and shares entrance with Moderna Museet as part of Moneo’s design for the museum complex. The focus on design and sustainable planning were recently emphasized in the extended government directives of 2009. The library and archives are vital parts of the mission to present and access the legacy of Swedish architecture. In addition to its permanent architecture exhibition, the centre initiates and produces exhibitions, as well as maintains an accessible and continuous agenda of guided tours, debates, lectures, information, and a variety of activities on contemporary issues in architecture, design and planning.

The island of Skeppsholmen is located in the center of town, in front of the Old Town and it is a magnificent walk from shopping district around NK wholesales, passing by between the water and Grand Hotel – host of the Nobel Prize. Once you cross the bridge and you are in the island, up the hill you will find the centre, but be aware there are some other museums and attractions around this small island. If it happens that your visiting is not in spring-summer time, it is very easy access. Both bus and boats connect the island with other points in town.

The Swedish Centre for Architecture and Design (Arkitektur – och designcentrum)
Address: Slupskjulsvägen 7, Skeppsholmen, Stockholm
Opening Hours: 10:00 – 18:00 (Tuesday till 20:00)
Closed on Monday
Entrance: 50 SEK (for free under the age of 19)
Tel: +46 (0)8 587 270 00/02
http://www.arkdes.se

Text: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.