others

遠友学舎En-yu Gakusha

© Hokkaido University

En-yu Gakusha was founded next to Model Barn as a celebration of the 125th anniversary of Hokkaido University. The name En-yu Gakusha came from Sapporo En-yu Yagakko北海道大学の構内、モデルバーンのすぐ横にある「遠友学舍」は、北海道大学創基125周年を記念して2001年に建てられた。「遠友学舍」という名は、新渡戸稲造が、豊平川付近に開いた夜学校「札幌遠友夜学校」に因んで付けられた。現在は地域社会と大学との交流の場、そして地域に開かれた憩いの場として利用されている。

新渡戸稲造は農学者であり教育者。彼は札幌農学校(現北海道大学)に二期生として入学。当時札幌農学校ではクラーク博士らの影響により、多くの生徒がキリスト教に改宗しており、彼もまた入学後にキリスト教信者となった。札幌農学校のキリスト教信者の学生集団は「札幌バンド」と呼ばれ、日本のプロテスタント発祥の基点の1つとなり、新渡戸稲造は内村鑑三や宮部金吾と共に、その中心的存在として大きな注目を浴びた。

その後、札幌農学校の教授に就任した新渡戸は妻と共に、1894(明治27)年に貧しさから教育を受けられない子供たちのための無償の夜学校「札幌遠友夜学校」を設立。作家の有島武郎など、札幌農学校の教員や学生がボランティアで教師や校務を行った。

1944(昭和19)年まで50年間続いた夜学校は約1100人の卒業生を輩出し、学問の素晴らしさを広め、地域に大きく貢献した。夜学校の跡地に建てられた札幌市勤労青少年ホーム(レッツ中央)には遠友夜学校記念室があり、夜学校の歴史や当時の様子、新渡戸稲造について紹介されている。

遠友学舍では、新渡戸夫妻の意志を受け継ぎ、北海道大学の教員やOB、学生のボランティアによって「平成遠友夜学校」が毎週火曜日に開かれている。誰でも好きなときに、もちろん無料で講義を受けることができる。

モデル・バーンのような大屋根を持つ遠友学舍は、内部も同様に支柱を必要としない構造となっており、クラーク博士へのオマージュとして設計された。ガラス張りの壁一面からは、周りに広がる美しい木々とその奥にはモデル・バーンを見ることができる。設計を担当したのは北海道大学の研究者とアトリエ・アク

遠友学舎
住所:札幌市北区北18条西7丁目
開館時間:15:00〜21:00
定休日:土日祝日、年末年始
TEL:011-706-2042(北海道大学施設部施設管理課)
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/info-j/enyuu.htm

Text: Ayano Yamada
(En-yu night school) that Inazo Nitobe and his wife inaugurated around Toyohira River to educate underpriviledged young people for free. En-yu Gakusha is a place opened to people to have a communication between the community and the university.

Inazo Nitobe was an agriculturist and educator. He studied at Sapporo Agricultural College (now Hokkaido University) as a student in the class of second year of the college. In those days, most of the students including Nitobe were converted to Christianity under the strong influence by Dr. William S. Clark. The group of such students was called “Sapporo Band” and realized as one of the heads of Protestantism in Japan. Nitobe led this group with Kanzo Uchimura and Kingo Miyabe.

Later, Nitobe was appointed a professor at the Sapporo Agricultural College and founded Sapporo En-yu Yagakko (En-yu night school) to educate young people who could not otherwise attend school in 1894. Teachers and students of the college including Takeo Arishima, a famous Japanese writer, volunteered to teach there.

Until it closed 1944, about 1,100 students had graduated from the school. Now Sapporo City Chuo Working Youth Center (Let’s Chuo) stands on the site and has the En-yu Yagakko Memorial Room. It introduces Inazo Nitobe and the history of the school.

Enyugakusha was built in the campus of the Hokkaido University in 2001. In addition to events like seminars and concerts, they hold Heisei En-yu Yagakko every Tuesday. Taking over Nitobe’s will, teachers and students of the University give lectures as a volunteer. Anyone can attend them of course for free.

En-yu Gakusha was designed as a hommage to Dr. Clark with column-less interior structure that has a big roof on top of it, which is like Model Barn. You can view beautiful trees outside and Model Barn from the glass wall. The building was designed by researchers at Hokkaido University and Atelier Aku.

En-yu Gakusha
Address: North 18 West 7, Kuta-ku, Sapporo
Opening Hours: 15:00-21:00
Closed on Sat, Sun and Public Holidays
Tel: 011-706-2042
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/info-j/enyuu.htm

Text: Ayano Yamada
遠友学舎
地址:札幌市北区北18条西7丁目
开放时间:15:00-21:00
休息日:周末和节假日,新年
电话:011-706-2042(北海道大学施設部施設管理課)
http://www.hokudai.ac.jp/bureau/info-j/enyuu.htm

sapporoのお勧めイベント
Recommended Events in sapporo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2020 Shift Japan. All Rights Reserved.