insider

シンヤチサトChisato Shinya

Photo: Erika Kusumi

Photo: Erika Kusumi

Previously, she in the artist-named Kinpro has been produced extensively various works such as illustrations of overseas picture books, hotel interior and package design for sweets worldwide過去にKinpro(キンプロ)というアーティストネームで、札幌を拠点に、これまでにも海外の絵本の挿絵やホテルの内装、お菓子のパッケージデザインを手掛けるなど国内外で幅広く活躍してきたシンヤチサト。ちょっと怖そうだけれど愛嬌のある空想の生き物や木々などの作品同様に、とてもチャーミングな彼女のアイディアの源を少しだけ覗いてみた。

まずはじめに、自己紹介をお願いします。

生まれも育ちも北海道札幌市、そして在住しています。イラストレーターとして活動しているシンヤチサトです。以前は、Kinpro(キンプロ)というアーティストネームで活動していたので、本名のシンヤチサトでは“初めまして”な方も多いと思います。これからヨロシクお願いします!

新しいスタートに際して、コンセプトやテーマはおありですか?

コンセプトやテーマは「今感じていることを描く」です。要するに決まっていません。今まで知り合った人たちとプロジェクトを組んでテーマを考えたり。子供達に絵を描く楽しさを伝えたり。今までできなかったことやその時に興味を持ったことに取り組んで行くことがテーマです。だから、描き方も型にはまらずに、新たな手法に挑戦していきたいです。

ポップアートやミニマルアートに影響を受けたそうですが、強烈に印象に残っている作品やデザイナーを教えて下さい。

子供の頃から現在まで沢山のアーティストに影響されました。アートとして初めて意識したのは、アンディ・ウォーホル。11歳の時にローリング・ストーンズのベロマークに衝撃を受け、上手く描けるまで模写していました。以後、ヴェルヴェット・アンダーグランドのバナナのレコードジャケットやキャンベルスープに衝撃を受けまくりました。それからディック・ブルーナー。日本で見かける商品ではなく、彼の作品は幼い頃から大好き!そしてポール・ランドは、デザインも好きですが、絵本がとっても素晴らしくて本屋さんで探しまくりました。また画家では特にアンリ・マティス、ジョアン・ミロ。色といい構図など全てに影響を受けました。

イラストレーター、アーティストとして大切にしていることを教えて下さい。

イラストレーターを職業にしてから大切にしているのは、見てくれた人がクスって笑顔になるような作品を描くこと。だから描いてる時は自分も笑顔です。でも不安や悲しみや怒りも描きます。アーティストとしては自分の心に有るがまま描くことを大切にしています。

今まで手掛けた中で、印象に残っている作品を教えて下さい。

作品それぞれに思い入れはありますが、2002年の初個展「みえる形/みえない形」でのメイン作品は特別です。この個展での作品がSHIFTに掲載され、海外からオファーが来るようになり、アートワークが日本から世界へと広がりました。国によって言語は異なりますが、視覚は共通だという喜びを実感できました。

札幌でのお気に入りの場所をいくつか教えて下さい。

一番気に入ってる場所は実家のベランダです(笑。木々の間から見る月や星、夜遊びする動物を見ながら想像にふけることのできる大切な場所です。
皆さんにおすすめできるお店としては、串かつ居酒屋の「千里」(中央区南3条西5丁目)。3代目店主さんになっても全てが変わらなくて、ほっとできる有り難いお店です。「W27」は最近行ったフレンチレストランでイチバン!舌にも眼にも美味しいメニューのアイディアが満喫できます。予約はお早めにどうぞ。そして「cafe BLOCO」は食事も音も美味しくてとっても居心地の良い場所で、ススキノへ移転後はライブ演奏が更に充実しました。音楽の栄養も私にとってはとっても重要です。

Text: Aya Shomura
, base in Sapporo. Let’s see the root of her idea, whom is very charming alike works such as charming and fantasy creatures and trees though a little scary.

Please introduce of yourself.

Born and raised-up in Sapporo, and I’m living also now. My name is Chisato Shinya, an illustrator. As I had been active in the artist-named Kinpro previously, there might be people who meet for the first time as the real name. Please remember my new name from now on!

For your new start, do you have new concept or theme?

It’s to draw what I’m feeling now. In short, I didn’t decided yet. To think a theme for projects in partnership with people I have been met. To tell the joy of painting to children. It’s the theme for me to tackle in varied things that I could not tried until today and am interested in. So, I want to also continue to challenge the new method flexibly.

As I heard you have been influenced by pop and minimal art, could you please tell me works and designers remaining intense impression?

So many artists did impact me since my childhood. Andy Warhol was the first one as artist. When I was shocked by the famous tongue trademark of Rolling Stones at the age of 11, I continued to replicate until draw well. And also the Banana for the first album by the Velvet Underground & Nico, and Campbell’s Soup Cans. In addition, I love works of Dick Bruna! About Paul Rand, not only his design, I like his picture books and went search of bookstores often. Then especially Henri Matisse and Joan Miro are my favorites as painters. All including colors and composition affected me very much.

What is an important thing for you, an illustrator and artist?

It’s to draw art works that viewers smile with having a look at. So I also draw with a smile always. But sometimes draw anxiety, sadness and anger of course. As an artist, it’s important to draw my heart as it is.

What is the most memorable works in your past?

I feel attached all of them, but it’s special for me that the main work for my first solo exhibition “Visible Shape/Invisible Shape” in 2002. At this time, my works had been featured on SHIFT and I could get various offering from the abroad. With spreading my artworks globally, I became to feel that visual is common sense while languages are different.

Please tell us your favorite restaurants.

My best place is the verandah of my parent’s home, where I can indulge in idle reverie as looking nocturnal animals.
For visitors, “Senri” a spitted cutlet izakaya (South 3 West 5, Chuo-ku). After changed the shopkeeper as the 3rd generation, but nothing has changed all and I can relax. “W27” is my best French restaurant recently. Delicious menu will please you, so better to reserve early. And lastly, “cafe BLOCO” is very cozy and with good music, not only delicious. After moving to Susukino, new facility enriches the live performances. Nutritious music and sound is important for me.

Text: Aya Shomura

sapporoのお勧めイベント
Recommended Events in sapporo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.