bar/restaurant

レストラン SIO(シオ)Restaurant SIO

© Restaurant SIO

The Maruyama district in Sapporo is known for many stylish restaurants and shops opening, and a restaurant SIO is one of those, which was opened in March 2010個性的な飲食店やショップが続々とオープンしている札幌・円山エリアに2010年3月にオープンしたレストラン「SIO」(シオ)は、オーナーシェフのこだわりがギュッと詰まった場所。裏参道に面したビルの1階の奥に佇むその場所は、海底トンネルをイメージした通路のあるエントランスを抜けたところにあり、左手にテーブル席、右手にカウンター席で挟まれた正面のオープンキッチンが目の前に広がる。

東京や北海道のフレンチレストランで経験を積んだオーナーシェフの佐藤陽介氏を筆頭に、同じくシェフの堀野瑞樹氏の二枚看板で切り盛りするSIOは、魚介をメインにしたオリジナル料理が楽しめるレストランだ。店名の「SIO」には、たくさんの意味が込められているそうだが、海の食材を扱う場所として、海をイメージした文字「潮」と「汐」から由来している、という理由もあるほど、魚介料理には特に力を入れている。

そんなSIOの最大の特徴のひとつは、細かく設定したメニューがないということ。仕入れる食材が日々違うことや、お客様の要望に答えるというスタイルをとっているため、きっちりしたメニューは決められないそう。その日により違ったメニューが楽しめる料理には、蒸す、焼くなどのシンプルな調理をしたものが多く、食材に合わせて調合したスパイスやひと手間かけたソースを添えることで、素材の持ち味を大事にして提供している。おいしく旬のものを戴くということにもフォーカスし、北海道産食材だけにこだわらず、全国各地の季節の食材を楽しむことができる。

また、オープンキッチン両サイドの客席からは、ライブ感あふれるシェフ達の手さばきも眺めることができるのもこのレストランの魅力だ。そして、お料理を一層美しく引き立てているテーブルウエアのセレクションにも注目してほしい。30点程あるそれぞれが1点もののガラスの器は、洞爺湖にあるガラスカフェ兼工房「グラグラ」によるもの。エントランスと1室ある個室にも、グラグラによるガラスのオブジェもディスプレイされている。

ランチメニューのコース(2,000円)は、旬の野菜を味わえる前菜や、15種類ほどの彩り豊な野菜のオーブン焼きなど5種類のお料理にデザート&ハーブティという盛りだくさんの内容だ。ディナーメニューのプレートは各1,000円で、その日に仕入れた素材によりメニューは異なる他、お任せコース(3,500円〜)もある。また、特製スパイスのオリジナルカレーも人気で、ランチとディナータイム共にオーダー可能。

SIOのもうひとつのお楽しみは、14:00~18:00までのカフェ空間。この時間帯だけ店名を「NOS」(ノース)として、東京のスパイス専門店で経験を積んだスタッフによるデザートやオリジナルブレンドのスパイス・ハーブティー各種を楽しめる空間を提供。10種類以上あるハーブティは店内でも販売しているので、お気に入りのスパイスブレンドを見つけて自宅で楽しむことができるのも嬉しい。

いずれは道内の田舎でオーベルジュを開きたいと、今後の展開がますます楽しみなSIO。まずは、この円山のレストランから発信される、新しいスタイルのお料理やサービスをぜひ堪能してほしい。

レストラン SIO(シオ)
住所:札幌市中央区南2条西23丁目1-1 テイストビル1F
営業時間:ランチ 11:00〜14:00 (LO) / カフェ 14:00〜17:30 / ディナー 18:00〜
定休日:不定休
TEL:011-676-9220
sio@restaurant-sio.com
http://www.restaurant-sio.com

Text: Mariko Takei
, nestled in the building’s ground floor at Urasando street. Walking through a hallway designed like an undersea tunnel to the entrance, you will find SIO’s open kitchen in the center between tables to the left and counter seats to the right.

Founded by an owner and chef Yosuke Sato, experienced in French restaurants in Tokyo and Hokkaido, and another chef Mizuki Horino, SIO will delight you with their original cuisine featuring seafood as their main dishes among other plates. The restaurant name SIO is derived from many reasons, but one of them is that they wanted to name the restaurant something to do with sea/seafood, as they specially focuses on offering seafood menues. SIO means (sounds) salt in Japanese, and salt is one of the most used seasoning for all genres of cuisine. They liked an idea to use the word SIO as their new eating spot.

One of the biggest feature of SIO is there are no specific menus. They cannot fix menu because they stock different ingredients everyday and they like to respond the customer’s request. Their everyday menu includes simply-cooked dishes, such as steamed and grilled, served with spices and delicately made sauces. You can also have fun not only “made-in-Hokkaido” food, but also seasonal ingredients from nationwide.

As there is an open kitchen sandwiched between both sides of seating area, you will be having fun watching chef’s cooking in live. Another must-checkout thing is tableware. About 30 different pieces of glass-made, cups, plates and bowls of tableware are made at a glass cafe and studio ‘Gla Gla‘ located in Toyako. You can find other Gla Gla’s pieces displayed at the entrance and in a private dining room.

The lunch course menu (2,000 yen) includes a seasonal appetizer, 15 different kinds of grilled vegetables and other 3 plates with a dessert and herb tea. For dinner you can order favorite dinner plates (1,000 yen each) or chef’s choice course (from 3,500 yen). The original spice mixed curry is also a popular menu for lunch and dinner.

You can discover more fun at SIO. From 14:00 to 18:00, SIO will become a cafe place called ‘NOS’, offering a space where you can enjoy sweets and original spice herb tea blended by another staff who has experienced in the spice restaurant in Tokyo. More than original blend herb teas are also sold at the store.

SIO’s next step will be opening an auberge, inn and restaurant, in the countryside of Hokkaido in the future. While expecting to their next place, you might want to fully enjoy the new style cuisine and services at this new spot in the Maruyama area, SIO.

Restaurant SIO
Address: 1F Taste Bild., South 2 West 23, Chuo-ku, Sapporo
Open: Lunch 11:00-14:00 (LO) / Cafe 14:00-17:30 / Dinner 18:00-
Tel: 011-676-9220
sio@restaurant-sio.com
http://www.restaurant-sio.com

Text: Mariko Takei
餐厅 SIO
地址:札幌市中央区南2条西23丁目1-1 1F
开放时间:午餐 11:00-14:00 (LO) / 咖啡 14:00-17:30 / 晚餐 18:00-
电话:011-676-9220
sio@restaurant-sio.com
http://www.restaurant-sio.com

sapporoのお勧めイベント
Recommended Events in sapporo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.