insider

ジェームス・ジャービスJames Jarvis

© James Jarvis

© James Jarvis

It is great to gain new inputs when different artistic disciplines found each other; in this particular case, it is the outcome of the design and toy symbiosis. British illustrator James Jarvis is, by no means異なる領域の表現が融合して新たな価値が生まれるのは素晴らしいことだ。今回のケースで言えは、それはデザインとトイ(おもちゃ)の融合。
イギリス人イラストレーターのジェームス・ジャービス
は、ビニールとプラスティックで出来たトイのムーヴメントの代表的な存在だ。パートナーであるソフィア・プランテラとラッセル・ウォーターマンと共に、90年代後半から活動している。
コンセプトはトイ・デザイナー。ジェームスは、会社「アモス・トイズ」をパートナーと立ち上げた後、ナイキ、そして最近ではコカコーラやマーヴェル・コミックスなどの大手企業からの依頼でユニークかつコレクター心をくすぐるアイテムのイラストを手掛けている。その活躍ぶりは、まさに生ける伝説だ。


ロンドンの RCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)で学んだそうですが、その頃の日々を振り返っていかがですか?

RCAではとても充実した日々を過ごせたよ。独自のビジュアルイメージを練り上げることに集中できたし、学問的な意味での芸術を学ぶことも刺激的だった。ただ一つ批判することがあるとすれば、当時、日常的な映像表現、たとえばアニメや漫画が芸術的な商品になり得ると思われていなかったことだね。


これからイラストレーションやグラフィック・デザインを学ぶ人々にアドバイスするとしたら?

グラフィック・デザインを学ぶことについては何も知らないけれど、イラストレーションに関して言えば、「何でも描けるようになること」「訪れるあらゆる機会に対してオープンであること」かな。


エルジェやリチャード・スキャリー、ハビエル・マリスカルといったイラストレーターを敬愛しているそうですが、ここ10年で活躍するアーティストの中で特に影響を受けた人はいますか?

尊敬している現代アーティストやデザイナーはいっぱいいるけれど、とりわけ誰が、というのは難しいね。ジュヌビエーヴ・ゴクレールKAWSジェフ・マクフェトリッジ、レオン・サドラー、ウィル・スウィーニー横山裕一などの現代アーティストを尊敬しているよ。


ステューシーとマーヴェルとのコラボレーションについてですが、彼らと仕事をしてみていかがでしたか?

アーティストが自分の好きなマーヴェルのキャラクターを再解釈してつくる、というプロジェクトでステューシーに呼ばれたんだ。僕はすぐに「シング」(「ファンタスティック・フォー」のキャラクターの一人)を選んだよ。ある程度成長して「2000AD」のようなイギリスの漫画に興味を持ちはじめた時でも、ジャック・カービーの描く「ファンタスティック・フォー」が好きだったんだ。だから、選ぶのが簡単だったよ。


ご自分でTVアニメのシリーズを手掛けようと思ったことはありますか?

「ヴォーティガンズ・マシーン」のシリーズをやる話し合いが何年か続いているんだけど、いい契約が結べそうだよ……。


それは楽しみですね。最後に、ご自身のロンドンのスタジオについて教えてください。

ウィル・スウィーニーとソフィア・プランテラ(元サイラスのデザイナー)とバービカン(劇場施設の名前)の近くにあるスタジオをシェアしているんだ。僕の机の上はいつも散らかっているけど、ウィルの机の上は対照的でいつも片付いている(笑)。家から10キロほどの場所にあるから、自転車か徒歩で通っているよ。たまに遠回りしてリッチモンド公園を通ることもあるけど。あと、美味しいフィッシュ&チップスのお店が近くにある。これは重要なポイントだね(笑)。


Text: Victor Moreno
Translation: Eri Tsuji
, the most representative figure of this vinyl and plastic toy movement, since he and partners Sofia Prantera and Russell Waterman started to collaborate together back in the late nineties. Toy designer as a concept. Today, James has extended his profile with Amos Toys as unique and collectible items, among commissioned illustration work for mainstream companies of the likes of Nike, or more recently Coca-Cola and Marvel Comics. A living legend.


You studied in London at the Royal College of Art. How do you see it nowadays?

I had a great time at the RCA. It gave me an opportunity to really concentrate on developing a personal visual language, and I found the academic side of study very stimulating. My one criticism would be a felling that during my time vernacular imagery like cartoons and comics felt like it wasn’t as valued as an intellectual commodity as it could be.


What is your advice for those who now decide to study Illustration or Graphic Design?

I don’t know anything about studying Graphic Design, but regarding Illustration my advice would be: learn to draw everything; be open to any opportunity that comes your way.


You´ve showed your admiration for illustrators such as Hergé, Richard Scarry or Javier Mariscal. Is it any recent artist from the last decade that deserves a noteworthy mention to your opinion?

There are lots of contemporary artists and designers that I admire, though I’m not sure any one is more noteworthy than another: Geneviève Gauckler, KAWS, Geoff McFetridge, Leon Sadler, Will Sweeney, Yuichi Yokoyama are some contemporaries whose work I admire.


Regarding the co-lab between Stüssy and Marvel, how does it feel to work with such characters?

I was invited by Stüssy to take part in a project wherein invited artists were asked to reinterpret their favourite Marvel characters. I immediately chose the Thing. Although I grew up more interested in British comics like 2000AD, I had always like Jack Kirby’s drawings of the Fantastic Four, so it was an easy choice.


Have you ever thought about run your own animated tv series?

I’ve been in talks to make a series of Vortigern’s Machine for several years and we have a deal in place…


Exciting. At last, but not least, please describe a bit how’s your studio in London.

I share a studio with Will Sweeney and Sofia Prantera (ex-Silas designer) near the Barbican. It’s just the three of us. My desk is very messy and Will’s is tidy. It’s about 10km from my home so I enjoy taking a bike ride or walking to get there. Sometimes I take a diversion and ride in via Richmond Park. It’s near to a good fish and chip shop, which is important.


Text: Victor Moreno

londonのお勧めイベント
Recommended Events in london
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.