insider

マイケル・ヤングMichael Young

© Michael Young Limited.

© Michael Young Limited.

Michael Young is an internationally established product designer who was sited by Terance Conran as the “most inspiring British designer” in 1995「イギリスで最も成功しているデザイナー」の称号を与えられている、プロダクトデザイナーで、テレンス・コンラン卿に最優秀英国人デザイナーとして選ばれたこともあり、世界的に様々なジャンルで活躍しているマイケル・ヤング。大学でファニチャーとプロダクトデザインを専攻しながら、トム・ディクソンに従事した彼は、1993年に独立し、95年にはロンドンに自身のスタジオを設立。以来「Wood Chair」(1999年)、「Dog House 」(2001年)、「Yogi Family」 (2002年)など国際的に有名な家具シリーズを多く手がけ、アイスランドを経て、現在は香港で活動し、ブランディングからトータルで行うプロジェクトを多く手がけるマイケルに話を聞いた。

プロダクトデザイナーになろうと決めた理由を教えて下さい。

私にとって、ものづくりや、まだ誰も取り組んだことのない未知の世界への好奇心には終わりがなく、全てが進化の過程にあって魅力的でした。飽きっぽい性格なので、常に興味をそそられるプロダクトデザイナーという仕事に就いたのです。

英国のご出身ですが、なぜ香港へオフィスを構えたのでしょうか?

最初は日本、続いて中国、理由はわかりませんがアジアからずっと呼び寄せられてきた感じです。アジア圏内で、プロジェクトを多く抱えていたり、興味深い仕事があったので香港に拠点を移しました。

プロダクトデザインから空間、照明器具デザインまでを一環して行なうコンサルティング的なプロジェクトを多く手掛けていらっしゃいますね。

その性質からデザインはブランドを定義し、企業にもアイデンティティを与えます。私たちのオフィスはこの業界に関わって25周年を迎えますが、今も設立まもない企業からの仕事が多いです。この事実からも見えてくるように、市場への包括的なデザイン提案といった仕事の進め方は、非常に重要な位置づけであると感じています。

これからデザイナーになろうとしている若者へアドバイスをお願いします。

信念を持って働き続けること。「継続は力なり」です。

香港でおすすめの場所を教えて下さい。

香港は常に変わり続けているので選ぶのは難しいですが、様々なローカルな場所へ行けるフェリー・ターミナル「蛇口」(シェコウ)へよく行きます。そこへ行けば、どこへでも行けますから。

Text: Aya Shomura
. His works span across various genres. After studying Furniture and Product Design at school, he worked at Tom Dixson‘s studio “Space”. He started working for himself in 1993 and set up his own studio MY-002 in 1995. Since then, he has brought us his famous furniture serious such as Wood Chair and Yogi Family. In 2000, he moved his studio to Iceland and now lives in Hong Kong. We asked Michael who has been involved in many branding projects.

Please tell us the reason why you decided to be a product designer.

The curiosity of making things and the unknown worlds objects opended up, nothing ever seemed to be conclusive, everything seemed to be in evolution. I became intrigued by this because I get bored easily.

You were born in UK. Why are you now moving to Hong Kong?

Asia has always been calling me, Japan first then China, I don’t know why. I settled in Hong Kong because we had a lot of projects in the region and they were exciting opportunities I wanted to take. Things work well this way.

I think one’s approach to developing a brand is similar to a consultant. How do you come to the final point in developing a brand? Could you explain the process?

Design by its nature defines brands and gives companies identity. Our office has worked for 25 years in this business so we have a lot to offer young companies. Thou we specially in design our experience in other areas is invaluable, such as communication and presenting the design to the market.

Could you please give a message to the young who want to become a designer?

Just keep working and keep faith in yourself, time passes by and you get what yo want if you keeping on going.

Please tell us your favorite restaurant, cafe and shop, or ways to spend time in Hong Kong.

Nothing stays the same on HKG, almost everything here is a moving target. I love going to ShekOu Ferry Terminal to the local places …, there is a place there.

Text: Aya Shomura

hong-kongのお勧めイベント
Recommended Events in hong-kong
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.