insider

二俣公一Koichi Futatsumata

Born and raised in Kagoshima and based in Fukuoka and Tokyo, Koichi Futatsumata is a product and architectural designer at CASE-REAL. As one of the prominent designer to lead the Fukuoka鹿児島出身で、福岡と東京を拠点に、アートとデザインの狭間でプロダクトや建築設計デザインを行う、ケース・リアルの二俣公一氏。ホームグラウンドである福岡で手掛けた様々な空間デザインは都市の文化を形成し、その全てがその地域のランドマークとして機能する、福岡の文化を牽引するデザイナーの一人だ。


自己紹介をお願いします。

鹿児島生まれ。デザイナー/設計事務所ケース・リアル(株)代表取締役。空間デザイン・設計からそれに関わる建築デザイン、また家具やプロダクトのデザインを軸に活動しています。


建築設計を手掛ける上で心がけていることは何ですか?

僕は自分を建築家とは定義付けていません。空間を軸にしていることは確かですが、まだ建てたことはないですし。いろいろなデザイン活動を行っていますが、あくまで立体をデザインしているのは確かです。与えられる環境、空気感やポテンシャルや条件、全てをのみ込んだ上で、超主観的にアイディアを模索します。僕にとっては、ここが大変重要です。そして出てきた良いアイディアを、その純度を失わない様に注意しながら、今度は客観的に詰めてゆきます。この客観的な作業とは、クライアントの目的が達成出来るか、機能に支障がないプランか、美しいか、意義あるものか、施工可能か、予算に収まるか、社会的にどう位置するか、法的制約をクリアしているか、、、様々な要素をクリアするためのあらゆることです。設計者によってその比重や順序は全く違うものでもありますが、作品といいつつも我々のモノづくりはそういうものです。


今までに印象に残った設計について教えてください。

毎回大小関わらずプロジェクトから得ることは多いのですが、最近では元ファスナー工場を西日本最大級のブティックにコンバージョンしたプロジェクト「マイノリティレッブ平尾店」が特に強く印象に残っています。提案したコンセプト、スタイル、機能、材料、クライアントとの関係など、多くのチャレンジと経験がありました。


福岡と東京を拠点にされていますが、福岡の街で活動することについてどう思いますか?

仕事と少し離れますが、私にとって福岡は「住む環境」としては、国内では最高の場所だと思っています。その生活ベースがあってこその仕事ですから、福岡を拠点にしていることは必然なのです。一部の優れたクリエーターやクライアントなどの「人の存在」には、とりわけ東京の魅力を感じてはいます、だから現に事務所を置いて行き来しています。しかし、東京の大手マスコミ主導の一方的な情報発信や明からさまにそれ狙いの各作家の活動には、正直恥ずかしさすら覚えます。地方に対して一方的な情報発信のみで地方が持つ状況や人を正確に捉え扱って来なかった結果、こういう経済的苦境の時期に特に各雑誌媒体などは苦戦を強いられているのではないでしょうか。47都道府県のうち、46が地方であることを忘れてしまっていた1都は、もはや日本ではないと思ってます。ニューヨークなどと同じ世界都市のひとつとしては意識していますが、あくまでそういう対象として見ています。日本の中心とは、もはや思っていません。ですから、東京で良いとされたものが、地方でも良いとは全く限らない。この経済状況の中、これからそれがより明白に露呈されるでしょう。「逆に地方で生まれたシステムこそが他の46都道府県に普及する可能性がある、、、」ここ半年、大分県竹田市の国の登録有形文化財の修復プロジェクトに関わっていますが、そこで恊働するプロデューサー江副直樹氏の言葉を引用させて頂くと、そういう時代だと思います。


福岡のおすすめスポットを教えてください。

これまでの話と全く関係ないですが、最近だと福岡空港の滑走路の端っこの道路。3歳になる娘が喜ぶので最近よく連れて行きます。日本屈指(?)の市街地空港ならではの旅客機鑑賞が出来ます。着陸時のジャンボ機の腹をあの大きさで見ることはあまりない、大人でも初めて行くとその迫力に驚きます。暇な時間に是非。


ケース・リアルのプロダクトは、福岡で購入することができますか?

新作のコートラック「4FB」が「E&Y FUKUOKA」にて購入可能です。(全国のE&Y取扱店でも取扱いがあります。)
2010年には更にいくつかのプロダクトを数社からリリース予定です。残念ながら、「CONCENTS」は生産終了しています。


二俣公一
1975年鹿児島生まれ。2000年に自身の事務所ケース・リアルを設立。福岡と東京を拠点に、プロダクトや建築設計デザインの活動を行っている。
セントエティエンネ・デザインビエンナーレ(2000年)招待出展、JAPAN DESIGN NOUVELLE GENERATION(2001年)招待出展、ミラノサローネ2008(E&Yコレクションより)出展、その他展覧会多数。デジタル・デザイン・オブ・ザ・イヤー(2002年)金賞受賞。2009年ケース・リアル(株)を設立。
’s culture, his various space designs created in his home ground in Fukuoka form an urban culture and function as a landmark of the region.


Please introduce yourself.

Born in Kagoshima. I’m a designer and CEO at the architectural office CASE-REAL Co.,Ltd. I’m involved in architectural and space design and furniture and product design as well.


What’s your concern when you work on architectural project?

I don’t define myself as an architect. Definitely I work for space as a base, but I haven’t constructed anything yet. I definitely design something 3D. Taking into account various aspects such as given environment, atmosphere, potentiality, condition and all that, I look for ideas super-subjectively. For me that is very important process. And in the next step I try to narrow down those good ideas which come up in my mind, to be careful not to lose the pure part of it. The objective work includes various things like if I can archive what client aims for, if the plan functions well, if it’s beautiful, if it’s meaningful, if it’s possible to build, if it’s within budget, where it’s positioned socially, if it’s clear regulations of the law, etc. It depends on designers who take most advantage on which aspect among others, but the basis of making things is something like that.


Please tell us one of your design which made you the biggest impression?

Regardless of the size, I usually get impressed by the project. Recently I’m strongly impressed by the biggest project of the West converting a former zipper warehouse to a fashion boutique “Minorityrev Hirao”. There were many challenges and experiences including concept, style, function, materials, relation to client, etc.


You are based in Fukuoka and Tokyo. What do you think about to live in Fukuoka?

For me Fukuoka is a best place for “a living environment” in Japan. With a living basis, I do have work in Fukuoka. So it’s very natural to be based in Fukuoka. I have a fascination with especially Tokyo of people like some high-caliber creators and clients. That’s why I established a office in Tokyo. But I even feel embarrassed with one-way news delivered by Tokyo’s big leading media company and those creators who are targeting the media. I don’t take consider Tokyo is one of Japanese region. I do take consider Tokyo is an international city like New York, but I don’t think Tokyo is a center of Japan any longer. It is not always true that things that are good in Tokyo are good in other regions. In these half a year, I’m involved in a restoration project of cultural properties designated by the national government in Takeda, Oita. “in reverse, the system created local regions have potential to be developed in the local regions except for Tokyo”, is the words by a producer Mr. Naoki Ezoe who works the restoration project together.


Please tell us your recommend spot in Fukuoka.

Recently I like the road at the edge of runway located in the Fukuoka Air Port. I take my 3-year daughter who likes the place. You can have a great view of airplanes in one of the best (?) suburban airport.


Is it possible to purchase CASE-REAL products in Fukuoka?

A new coat hanger 4FB can be purchased at E&Y FUKUOKA (as well as other E&Y branches nationwide). I’m planning to release some products from several companies in 2010. Unfortunately CONCENTS is not produced anymore.


Koichi Futatsumata
Born 1975 in Kagoshima. He established his own design office CASE-REAL in 2000. He works on architectural and product design based in Fukuoka and Tokyo. Invited to Biennale International Design Exhibition (Saint-Etienne, 2000). Another invitation to Japan Design Nouvelle Generation (2001). Exhibited at Milan Salone 2008 (from E&Y Collection). Golden award for Digital Design of the Year (2002). In 2009 he established his own company CASE-REAL Co.,Ltd.

Translation: Mariko Takei

fukuokaのお勧めイベント
Recommended Events in fukuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.