insider

水崎浩志Hiroshi Mizusaki

© Hiroshi Mizusaki

© Hiroshi Mizusaki

Hiroshi Mizusaki is a Fukuoka-based photographer working in various fields. Photographing the Interior and architectural design works by Koichi Futatsumata福岡を拠点に、写真家として様々な分野で活躍する水崎浩志氏。二俣公一氏(ケース・リアル)や、下川徹氏(スタッド)などの手掛けたインテリア・建築撮影をはじめ、エディトリアルやコマーシャルから、クラブでのVJや、屋外スライドショーなどの実験的なパフォーマンスまで、写真というフィルターを通して、福岡の「今」を伝える媒体(表現者)となっている。


自己紹介をお願いします。

1970年福岡生まれ。九州産業大学芸術学部で写真学科を専攻。そこで写真の技術というよりも、「写真とは?」を考えることを学んだ気がします。そこでの経験が、写真人としての自分の基礎になっています。卒業後、制作スタジオ勤務を経て2000年に独立、「ループ・フォト・クリエイティブ」を立ち上げ、フリーランスの活動をスタート。当初は、エディトリアルとコマーシャル中心でしたが、ケース・リアル二俣公一氏と出会い、建築写真の分野にも活動範囲が広がりました。
ちょうど同じくらいの時期に、仕事をきっかけとしてスケートボードを始めて、そこに関わる数多くの文化に触れ、影響を受けました。それによって物事の考え方、とらえる視点が変わってきました。10~20代にリアルタイムで体験していた人を羨ましくも思いますが、遅れて出会ったことは、自分にとっては良かったのかもしれません。
仕事以外では極私的な写真を使った活動として「slide!」という名前で屋外スライドショーや、クラブイベントでのVJを実験的にやっています。屋外なので電光看板のように、半ば強制的に見せる個展のようなものです。投影する場所や壁面で写真の見え方が変化するのは面白いですね。あとは明らかな違和感と開放感を楽しんでもらえたらいいなと思います。


建築写真を撮影する上で心がけていることは何ですか?

もともと建築写真を専門としていなかったので、それについて固まった考えは無いのですが、強いてあげるとすれば、現実性を込めることでしょうか。全景や構造はCGパースや模型で充分表現できますが、そのものが存在する環境や質感は写真でこそ伝わるものなので、フレームに収める情報の取捨には気を使います。形、光、に加えて空気が感じられるものをつくりたいです。


今までで印象に残った撮影について教えてください。

博多の和菓子屋「鈴懸」のカタログ撮影です。和菓子の本質は保った上で、あとは既成の考えを一切無くしたところからスタートしました。鈴懸の取締役がディレクションをされたのですが、難しくも面白い方で、無難な提案にはいっさい無反応で、内心「これはやっかいだぞ」と思いました(笑)。それでも見て、話して、撮って、試行錯誤を繰り返して…、もう手詰まりで「これはタブーでしょう」という提案に対して、初めて反応あり…。まんまとノセられました。監督と役者状態です。エンジンがかかってだんだん楽しくなって、結構無茶なレイアウトとかも試したりして、どこまでなら大丈夫か、どうあるべきかなどを論議しながら時間をかけて制作しました。結果仕上がったものは、奇抜ではないのですが、何かスッとした菓子の立ち姿が表れていると思います。


福岡の街で活動することについてどう思いますか?仕事はしやすいですか?

他県で職に就いた経験がないので、他の都市と比べることはできないのですが、不自由を感じることは無いです。幸い営業も成り立ってますし、何よりも暮らしやすい環境なので、良いスタンスで仕事ができている思います。
ただ、福岡、九州だけの活動に限定していくつもりはありません、ここを拠点にして、どこでも活動したいです。国内の主要都市なら、移動は1~2時間もあれば大抵の場所に行けるのですから。今は国内外問わず情報を得る手段は豊富ですし、同時に発信もしやすい状況なので、知ること/知られることは容易にできます。この状況がもたらすものは大きい。あとは頭でっかちにならないように、可能な限り実際に体感したりコンタクトを取ったりして、それらを有効に活用していきたいですね。


福岡のおすすめスポットを教えてください。

福岡は古くから芸所として知られています。そのためか、何かしら音楽に関わりのあるお店などが多いです。そして僕自身も昔バンドをやっていたこともあって、音楽を介して人とつながることがしばしばです。その一つが、「ラフィッツ・ブラックスミス・ショップ」。僕がスタジオを構えている港町にその店はあるのですが、オーナー自身が現在も音楽活動をしながら営業していて、お店では様々なジャンルのライブも行なわれています。ロケーションも良く、日が長い夏場には港の夕景を眺めながらオープンテラスで食事など、街中にありながらゆったりした気分になれます。


ループ・フォト・クリエイティブ
住所:福岡市中央区港1-9-1 TAM Bld. 3F
TEL:092-716-7764
miz@loop-pc.sakura.ne.jp
http//www.loop-pc.jp
, working as a VJ in clubs, making outdoor slide presentations, Mizusaki has become a vehicle that communicates what is happening now.


Please introduce yourself.

I was born in Fukuoka in 1970. I graduated from the photography major in Art department at Kyushu Sangyo University. After the graduation, I worked for a creative design studio. Then, in 2000, I started my own studio, Loop photo creative. I started as a freelance photographer and worked mainly in editorial and commercial fields. When I met Koichi Futatsumata (Case Real), I started working with his projects and architecture photography. During that time I did skateboarding and that experience gave me an opportunity to see the culture around it. This experience affected me and gave me a new perspective to things. Nowdays, I also make outdoor slide presentations, slide!, and play as a VJ in club events besides work.


What is your focus on architecure photography?

I really do not have a fixed focus because I did not start my career as an architecture photographer. To stretch a point, I am concerned with reality. A landscape or a structure can be made out of CG pers, but photography can tell environment and texture around the subject. That is why I am concerned with information within the frame made of shapes, lights, and quality that help to feel the atmosphere.


Please tell me one photographing session that stands out in your memory.

The one for a catalogue for Suzukake, a Japanese sweets shop in Fukuoka. Keeping the fundamentals of sweets, I started from undoing ready-made ideas. I was a director for this project. I spent a fair amount of time for seeing, discussing, photographing and spending time for trial and error. At the end, the work did not become eccentric. We were able to capture the sweets in a way that makes them stand sharp.


What do you think about working in Fukuoka? Is it easy to work?

I cannot compare the situation with other cities because I have never done it. But, I do not feel uncomfortable here in Fukuoka. I have a job and it is very comfortable to live. I have been able to work with a good stance. At the same time, I do not limit my field only in Fukuoka or Kyushu. I would like to work in different cities. It is very easy to fly and go to other cities in Japan from Fukuoka. In addition, we have means to get information from overseas and to deliver what we are doing in Fukuoka.


Where is your favorite spot in Fukuoka?

Fukuoka is known as an entertainment city. There are many shops and venues related to music. I was playing music in a band before. Music helped me to connect to other people. One of the venues I like going is Lafitte’s Blacksmith Shop. The owner himself is also a musician. At Lafitte’s Blacksmith Shop, you can see many bands from different music genres. You also get a beautiful sunset view over the port from the terrace. That is one of the best spot in Fukuoka for sure.


Loop photo creative
Address: 3F TAM Bld., 1-9-1 Minato, Chuo-ku, Fukuoka
Tel: 092-716-7764
miz@loop-pc.sakura.ne.jp
http//www.loop-pc.jp

Translation: Masanori Sugiura
ループ・フォト・クリエイティブ
地址:福岡市中央区港1-9-1 TAM Bld. 3F
电话:092-716-7764
miz@loop-pc.sakura.ne.jp
http//www.loop-pc.jp

fukuokaのお勧めイベント
Recommended Events in fukuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.