insider

フスク・ミット・ナヴンHusk Mit Navn

© Husk Mit Navn

© Husk Mit Navn

Probably you are wondering what is the meaning of his name. Well, it is Danish for “Remember my name”. Copenhagen-based artist Husk Mit Navn is one of the current references in the illustration and street art from Scandinaviaおそらくこの名前を見て、一体どういう意味なのか不思議に思われるだろう。これはデンマーク語で「私の名前を忘れないで」という意味である。コペンハーゲンを拠点に活動するアーティスト、フスク・ミット・ナヴン(Husk Mit Navn)は、現代北欧のイラストレーションとストリートアートの質の高さを保証する存在だ。もともとグラフィティ界で高い評価を得ていた彼は、イラストレーション、スプレーアート、ウォールペインティング、絵画、ストリートポスター、彫刻と幅広く活動している。その作風はとても特徴的だ。大きな頭、ストレートヘアのキャラクター。あるいは彼の相棒「ミッキーダック」というキャラクターを見たことがある人もいるだろう。とにかく彼はたくさんの作品を手がけており、ヨーロッパ内外の多くのギャラリーで展示されている。


コペンハーゲンにおける、デザインや美術やイラストレーションの教育についてどのような意見をお持ちですか?

コペンハーゲンには2つの大きな学校があります。デンマーク・デザイン・スクールと、ロイヤル・アート・アカデミーです。これらの学校から多くを得た人々も、そうでない人々も私は知っています。みんな、その人自身が勉強にどれだけのエネルギーを注いだか次第なのです。ひとたび学校を卒業すれば、同じような現実に直面することになります。すべて自分次第です。なにかクリエイティブなことで生計を立てたいと思うなら、たくさん努力をしなければなりませんし、他の人よりも成功に対して貪欲でなくてはなりません。


コペンハーゲンのストリートアート界をどう思いますか?

グラフィティのことには注意を払っていますが、ストリートアート界全体のことは詳しく見ているわけではありません。コペンハーゲンのグラフィティは活気があって最高です。素晴らしい描き手がここにはたくさん住んでいますし、グラフィティを鑑賞するにはヨーロッパでも最高の場所のひとつです。


北欧であなたが認める、好きなアーティストはいますか?

数名をあげるなら、ジョン・コーナー(デンマーク)、ヨーケム・ノルドストリョーム(スウェーデン)、フィンスタ(スウェーデン)、ジャン・ダネボッド(デンマーク)、ヤコブ・ボエスコフ(デンマーク)、ヤン・ステンマルク(スウェーデン)、クラス・クレメント(デンマーク)、クリスチャン・ハンメルスタッド(ノルウェー)、EGS(フィンランド)、ヨアキム・エスキルスン(デンマーク)。彼らはいい作品を作ります。


コペンハーゲンでおすすめの場所を教えてください。

ノアブロ駅に行ってみるといいと思います。北欧では他に類をみない場所です。高架鉄道の上やストリートにたくさんのグラフィティを見ることができますし、世界中からたくさんの人々が集まっています。


おすすめのアートギャラリーや美術館はありますか?

コペンハーゲンでは、V1ギャラリー。街の外では、コペンハーゲンの北にあるルイジアナ美術館や、電車で40分のところにあるスウェーデンのマルモ私立美術館をおすすめします。


Text: Victor Moreno
Translation: Shiori Saito
. He has a background in the graffiti scene, which has given him a good reputation. He works with illustration, spray, murals, paintings, street posters and sculpture. He has a very recognizable style. You can find characters with big heads and straight hair or perhaps you already have seen his symbiosis of Mickey duck. Either way he has worked in lots of projects and exhibited his work in different art galleries in and out of Europe.


How is under your opinion the design, art and illustration school arena in Copenhagen?

Copenhagen has two big schools: The Danish Design School and The Royal Art Academy. I have known people who have gotten a lot out of these schools and some who did not. Its all up to the individual person how much energy he or she put into the studies. But it’s the same reality you face when you leave school. It’s all up to you. If you want to make a living doing something creative you have to work a lot and you must be more hungry for success than other people.


How do you see these scene in Copenhagen?

I keep one eye on the graffiti scene, but the street art scene I don’t watch it so closely. Copenhagen graffiti is alive and kicking. A lot of good writers live here and it’s one of the best places in Europe to check out graffiti.


Do you have any favorite artists colleagues in Scandinavia you appreciate?

These people do nice stuff: John Kørner (DK), Jockum Nordström (SE), Finsta (SE), Jan Danebod (DK), Jacob Boeskov (DK), Jan Stenmark (SE), Krass Clement (DK), Kristian Hammerstad (NO), Egs (FI) Joakim Eskildsen (DK) to mention a few.


Please tell me some tips about your city.

The Nørrebro Station is a good place to go. There are no place like this anywhere else in Scandinavia. Lots of graffiti on the elevated train line and on the streets and people from all over the world.


Would you recommend any art gallery or museum in town?

In Copenhagen I would recommend the V1 Gallery and for a trip outside of the city I would go to the Louisiana Museum in north of Copenhagen or to Malmö Konsthall in Sweden, 40 minutes away by train.


Text: Victor Moreno

copenhagenのお勧めイベント
Recommended Events in copenhagen
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.