others

ガリレオ・ガリレイ・プラネタリウムPlanetarium Galileo Galilei

The impressive Planetarium Galileo Galilei was founded in the year 1968 in Tres de Febrero Park, near the Palermo lakes. This building, the work of architect Enrique Jan, is one of the few around the world that1968年、パレルモ湖のほとりにあるトレス・デ・フェブレロ公園内に建てられたガリレオ・ガリレイ・プラネタリウム。建築家エンリケ・ハンによる印象的な建物は、世界でも数少ない正三角形の組み合わせによって構築されており、幾何学的な建物の形状は象徴主義との関係を伴っている。

建物の表面は最小限の同一の面と、その中に保たれた原単位である象徴主義の原理によってつくられている。創設者の説明いわく、これらの連続的な状態は、建築計画のどの部門においても重んじられている。寄せられたアイディアを決定させ、部分と全体との親密な関係を示し、わたしたちが没頭している宇宙分野において、第一要素(物体)である粒子から起こった現象を思い起こさせているのである。

建物は5階建てで6つの(螺旋)階段があり、360°座席のある20平方メートルもの円形部屋がある。この半球形のドームは内面がアルミ製外装で覆われており、スクリーンとして機能している。建物の心臓であり円形部屋の中心がプラネタリウムになっている。

建物の底面から直径47mの巨大な真空の球体までには橋がかかっており、その球体は水面から切り離され、浮き上がっている。入り口までの道にはネウケン地区から持ち込まれた石板が敷かれ、約100万年前に存在していたアンモナイトや海上生物の化石が埋め込まれている。

建物の2階部分には投影室があり、中央には高さ5m、2.5トンもの機械を備えたプラネタリウムの設備がある。そこにある約100個もの補助的プロジェクターが完璧な投影をつくりあげているのだ。また、地下2階あるうちの1フロアは専門図書館となっている。

プラネタリウムは毎月、様々な主題でソーラーシステムや天文学に関する異なったドキュメンタリーを投影したり、展覧会を開くなど子供向けから大人向けまでの活動が開かれている。

神秘的な場所であるガリレオ・ガリレイ・プラネタリウムは、思いがけない体験や興味をそそるだけでなく、建物自体にも非常に特別な魅力を有している。来館者はその宇宙船の中で、まるで宇宙への旅へ踏み出すような気分を味わえるだろう。

Planetarium Galileo Galilei
住所:Sarmiento Ave and Belisario Roldán, Palermo, Buenos Aires
開館時間:13:00〜16:30(土・日・祝日 14:00〜18:00)
休館日:月曜日
TEL:+54 11 4771 9393/6629
planetario@buenosaires.gov.ar
http://www.planetario.gob.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Eiko Kondo
has been planned and built from an equilateral triangle. The architectural choice of this geometric shape involves an especially sought symbolism. It is the most perfect plane surface that can be made with the minimum equal sides and holding within it a symbolic principle of original unity. These sequential conditions introduced to the whole development of the architectural project have been the ruling idea bringing together and showing the intimate relationship between the parts and the whole, suggesting what has happened from the first elemental (matter) particle until that cosmic development in which we are immerse – its creator explains.

The building has five floors, six staircases (a spiral one) and a 20m round room with 360 seats. This semi-spherical dome is covered in the inside by aluminium sheaths, which function as a screen. In the centre, its heart: the real planetarium. The building is accessed through a bridge to get around the vacuum of a huge pot, 47m in diameter, from the bottom of which the architectural volumes emerge, isolated from one another by a big water mirror. In the stone slates on the entrance path, which have been brought back from Neuquén, there are ammonites, maritime fossils that have been extinct for about 100 million years.

On the second floor there is the projection room, in the centre of which there is a planetarium instrument, a 5m-high apparatus weighing 2.5 tons. Around one hundred auxiliary projectors complete the projection. The building has two basements. On the first basement there is a specialized library.

The Planetarium offers projections of different documentaries on the solar system and on astronomy in general, and thematic exhibitions, as well as several activities for children and adults, which vary from one month to the next.

The planetarium is a magical place where the activities are surprising and promote general interest, while its building possesses a very special charm, so that on entering, visitors feel they are about to embark on a journey in a spaceship, towards space.

Planetarium Galileo Galilei
Address: Sarmiento Ave and Belisario Roldán, Palermo, Buenos Aires
Opening Hours: 13:00-16:30, Saturday, Sunday and holidays 14:00-18:00
Closed on Monday
Tel: +54 11 4771 9393/6629
planetario@buenosaires.gov.ar
http://www.planetario.gob.ar

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.