music

オルケスタ・ティピカ・フェルナンデス・フィエロOrquesta Típica Fernández Fierro

© Orquesta Típica Fernández Fierro

© Orquesta Típica Fernández Fierro

Orquesta Típica Fernández Fierro is a Tango orchestra consisting of 12 young musicians. Although the term “Orquesta Típica” is basically applied to the traditional Argentine Tango orchestra formationオルケスタ・ティピカ・フェルナンデス・フィエロは、12人の若手ミュージシャンによって編成されるタンゴ楽団。アルゼンチンタンゴの基本的な楽団編成を示す“オルケスタ・ティピカ”を楽団名として使用している。しかし同時に彼らの奏でる音楽はいわゆるタンゴとは一味違うタンゴロック。それは“タンゴの歴史の中でもっともロック的であり、ロックの歴史の中でもっともタンゴ的”な音楽だ。

殆どのメンバーが音楽学校時代からの友人同士であるオルケスタ・ティピカ・フェルナンデス・フィエロ。本来タンゴは指揮者を中心に編成され、楽団名にもその人物の名前を付けるのが伝統だ。しかしオルケスタ・ティピカ・フェルナンデス・フィエロには指揮者が存在しない。楽団名のフェルナンデス・フィエロも空想の人物。若手ミュージシャン達が自分達の好きな音楽を一緒に作って提供するという意味ではロックバンド的である。

現在の編成はバイオリンにフェデリコ・テラノバ、パブロ・ヒボトブシ、ブルーノ・ヒュンティーニ、ビオラにチャーリー・パシニ、チェロにアルフレド・スカレージ、コントラバスにユーリ・ベントゥリン、バンドネオンにエル・ミニストロ、エウヘニオ・ソリア、パブロ・ヒグノリ、フリオ・コビエジョ、ピアノにサンティアゴ・ボッティロリ、そしてボーカルにワルテル・“チノ”・ラボルデとなっている。

今まで、Envasado en Origen (2002年)、 Destrucción Masiva (2003年)、Vivo en Europa (2005年)、DVD Tango Antipánico (2005年) 、Mucha mierda (2006年)、Fernández Fierro (2008年) を発表。南米全土を初めヨーロッパでも人気が高く、定期的にヨーロッパツアーを行っている。

ブエノスアイレス市内のアバスト地区に拠点「クラブ・アトレティコ・フェルナンデス・フィエロ」を構え、彼等の活動拠点とすると同時に、外部アーティストにも発表の場を提供している。ツアー遠征のない時期は、毎週水曜日に彼等自身がコンサートを行い、国内ファンに止まらずブエノスアイレスを訪れた外国人ファンが大勢集まり人気を呼んでいる。

Club Atlético Fernández Fierro (CAFF)
住所:764 Sánchez de Bustamante, Abasto, Buenos Aires
caff@fernandezfierro.com
http://www.fernandezfierro.com/caff/

Text: Mami Goda
, the music they play is not a typical Tango but rather a Tango Rock. Their music is “the most rock in Tango’s History, and the most Tango in Rock’s History”.

Most of the members are friends since music school days. Normally a Tango orchestra should be organized by a director and must be named after him. However Orquesta Típica Fernández Fierro has no director and the name “Fernandez Fierro” is a creature of fantasy. It is more a rock band in such a way that the young musicians create and play together their favorite music together.

The orchestra is currently formed by Federico Terranova (violin), Pablo Jivotovschii (violin), Bruno Giuntini (violin), Charly Pacine (viola), Alfredo Zuccarelli (violonchelo), Yuri Venturin (contrabass), El Ministro (bandoneon), Eugenio Soria (bandoneon), Pablo Gignoli (bandoneon), Julio Coviello (bandoneon), Santiago Bottiroli (piano) and Walter “Chino” Laborde (vocal).

Their discography starts in 2002 with Envasado en Origen and is followed by Destrucción Masiva (2003), Vivo en Europa (2005), Mucha mierda (2006) and Fernandez Fierro (2008). They also released the DVD “Tango Antipánico” (2005).

Orquesta Típica Fernández Fierro perform at their own club, the CAFF (Club Atlético Fernández Fierro), in the Abasto district. They develop other cultural activities and they also lend it to other artists’ events. Except during tours seasons, they hold a concert every Wednesday at the CAFF where national and international fans enjoy their music.

Club Atlético Fernández Fierro (CAFF)
Address: 764 Sánchez de Bustamante, Abasto, Buenos Aires
caff@fernandezfierro.com
http://www.fernandezfierro.com/caff/

Text: Mami Goda
Club Atlético Fernández Fierro (CAFF)
地址:764 Sánchez de Bustamante, Abasto, Buenos Aires
caff@fernandezfierro.com
http://www.fernandezfierro.com/caff/

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2020 Shift Japan. All Rights Reserved.