insider

ジゼッラ・リフシッツGisella Lifchitz

Photo: Photo by Violeta Solaas

Photo: Photo by Violeta Solaas

Gisella Lifchitz has been introducing Buenos Aires culture as a contributor since the beginning of the SHIFT. She works as an artist in Buenos Aires, mainly focusing on collage illustrations. This time, as we heard that she worked on an illustration of Argentina’s first translation book of “The Little Prince”, we interviewed her about the book and her activities so far.SHIFT創刊初頭からコントリビューターとしてブエノスアイレスのカルチャーを紹介し続けてきたジゼッラ・リフシッツ。コラージュによる挿絵を中心にブエノスアイレスで作家活動を行っている。この度、「星の王子さま」のアルゼンチン初の翻訳本出版の挿絵を手がけたということで、本についてとこれまでの活動について伺った。

まずはじめにお礼を言いたいと思います。あなたはSHIFT創刊初頭からコントリビューターとしてブエノスアイレスのカルチャーを紹介し続けてきました。本当にどうもありがとう。20年前と比べブエノスアイレスの街やあなた自身の生活に変化があったと思いますが、まずはあなた自身について教えていただけますか?

タケトさん、どういたしまして!長い間SHIFTのコントリビューターをできてとても光栄に思います。はい、その当時から比べると多くのことが変わったと思います。私は描くことを始めると同時に共同プロジェクトであるプロジェクト・ヴィーナスに積極的に参加し始めました。これは、ヴィーナスという独自通貨に基づいたアーティストと専門家のための交流プラットフォームです。約6年所属していましたが、SHIFTとヴィーナスの両方がその瞬間ごとの私の人生の道を形作っていたと思います。その後、写真、コミュニケーション、デザインの分野で働き始め、2010年には特にコラージュ技術を使ったプラスチックアートを手がけるようになりました。アトリエやアートクラスに行ったり、いくつかのグループ展に参加したりや個展を開くなど、本当に夢中になっていました。アートフェアやいくつかのグループにも参加するうちに、自分のアートが私にとってますます重要だと実感するようになりました。2012年になり、私をとても幸せにさせてくれる大好きなもの、それは間違いなくイラストレーションだということに気づきました。私の人生のまったく新しい章の始まりです。それ以来、私は雑誌、本、アルバムのイラスト、そしてこの美しく新しいプロジェクト「星の王子さま」を手がけることとなりました。

では、ブエノスアイレスの街についてはどうでしょうか?20年の間でどのような変化がありましたか?

ブエノスアイレスは私にとって対比を感じさせる国です。たとえ社会的、財政的な状況が支持してくれなくても、文化、芸術の分野は常に力を持ち、生き生きとしています。ここ数年、ビセンテ・ロペス、ボエド、パレルモ、レコレタでのイラストレーションのフェアに参加することができました。また、アーティストのアトリエが集まるオープンスタジオイベント、ラ・グラン・パターナルに自分のエリアをオープンしました。私にとってとても挑戦的であり、意義深いものでした!これまでの20年間、ブエノスアイレスは常に人々が集まり、美しいものを一緒に作る場所でした。それがこの街の真の核心です。人々は集い、行動し、大小を問わず変化を起こします。変化が起こることで都市、そして私たち市民は、現実の、または非現実のあらゆる障壁を乗り越えることができます。

ブエノスアイレスは日本とは地球の裏側なのでとても遠く感じますが、あなたのコントリビューションのおかげで、ブエノスアイレスは一生の内で是非一度は訪れてみたい街になりました。日本から私たちが行くとすればどの季節が良いでしょう?また数日滞在するとしたら、どこへ連れて行ってくれますか?

ブエノスアイレスに来るのに最適な季節は、寒すぎず暑すぎず、木々の色づくとてもいい季節、4月から5月または9月から10月などの春と秋です。街のリズムを知って体感するために、少なくとも2週間は滞在することをおすすめします。アグロノミア地区のラユエラバー、コレヒアレスの書店ファレナ、漫画にフォーカスしたパテルナルのビニェタス・スエルタス、エル・シッドの像からほど近いフェレイロピザ、ボエド地区のロ・デ・ロケ、 ビジャ・ウルキーサやカバジートなどのきれいな通り(ティパスのツリートンネルのある美しいペドロ・ゴイエナ通り)、それにチャカブコ公園のカッフェラタ地区、サアベドラやアグロノミアの素敵な公園、コグランとベルグラノ・レジデンシャルの完璧なスポットなど、私が見つけたあまり知られていない隠れた名所にご案内します。


最後にSHIFTについてはどう思いますか?

長い間こんな密接な関係を築いてきたSHIFTは私にとって大きな灯台のようなものです。実際にスタッフに会ったことはありませんが、温かく親切な皆さんをとてもよく知っている気がします。このオンラインマガジンのために働くのはいつも楽しかったし、ここにいる誰かにそのことを話すたびに、みんな驚きます。私たちの国は本当に遠く離れていますから。でも、距離は想像上のものであり、SHIFTで出会ったすべての皆さんはとても身近に感じているんです。いつかSHIFTを実際に訪れ、一緒に大笑いできる日が来ることを本当に楽しみにしています。素敵な機会をありがとうございます。これからも素晴らしい仕事を続けてください。

Text: Taketo Oguchi
Translation: Satsuki Miyanishi
First of all, I would like to say thank you for your contribution to SHIFT for 20 years already. I think there are many changes for you and the city of Buenos Aires between 20 years ago and now. At first, could you tell me more about yourself?

Dear Taketo, you’re welcome! It has been a great pleasure to contribute to SHIFT for so many years. Yes, a lot has changed since then. At the same moment that I started writing, I began to take active part in a collaborative Project: Proyecto Venus, that was an exchange platform of artists and professionals based in its own currency called Venus. I was there for about 6 years, and I think both Shift and Venus shaped the path of my life at that moment.
Then I started working in photography, communication and design fields, and in 2010 I found myself dabbling into plastic arts, particularly with collage technique. 
So I really dived into it, going to ateliers, art classes and participating in several collective and individual shows. I also took part of art fairs and groups, while my art was becoming more and more important to me.
In 2012 I definitely realized that I loved it and it made me so happy at the same time, and that was the beginning of a whole new chapter in my life: illustration. 

Since then I collaborated for magazines, books, an illustrated album, and this beautiful brand new project “El Nene Principito”.

So, what are the changes in Buenos Aires in these 20 years?

BA is a land of contrasts for me. The cultural and artistic areas are always powerful, always alive, even if the social or financial context doesn’t always favor it. 

In the last years I was able to participate in illustration fairs in Vicente López, Boedo, Palermo and Recoleta, and I also opened my own place for La Gran Paternal, an Open Studio event in my current neighborhood, which is filled with artists ateliers. That was very challenging and revealing at the same time!

In the last 20 years, Buenos Aires has always been a place where people meet and gather and make beautiful things together. That is the true heart of the city: people getting together, doing things, making changes, big or small. 

When that happens, the city and we the citizens can trascend every barrier, real or imaginary.

Thanks to your contribution, I knew well about the culture of Buenos Aires and it is a must- go city in the future. If I will come to Buenos Aires, what is the best season and where will you guide me to?

The best seasons to come to BA are Autumn and Spring, for example in April-May or in September-October. Its not too cold nor hot, and the colors of trees are very nice.
I recommend staying no less than 2 weeks to really understand and experience the rythms of the city. I would take you to hidden places in not so well known neighborhoods, places that I am discovering myself: Rayuela’s Bar in Agronomía neighborhood, Falena bookstore in Colegiales, Viñetas Sueltas in Paternal, Ferreiro’s Pizza near Cid Campeador, Lo de Roque in Boedo, some nice streets in Villa Urquiza or Caballito (the beautiful Pedro Goyena Avenue, with the tipas tree tunnel), and some perfect spots at Coghlan and Belgrano R, Cafferata area in Parque Chacabuco and such amazing parks as Parque Saavedra and Agronomía.

Finally, what do you think about SHIFT?

SHIFT magazine is like a big lighthouse, we have developed such a close relationship over these years… Though I haven’t met the staff in real life, it’s like I know all of you. Such warm and kind people.
I always enjoyed working for the magazine and every time I tell that to someone here they get surprised because our countries are so far away, right? But the distance is imaginary, I actually feel very close to everyone I met in SHIFT.
And I really look forward to visiting you and and have a good laugh together. Thanks for everything and keep up the excellent work. I hope we meet soon!
Text: Taketo Oguchi

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2020 Shift Japan. All Rights Reserved.