insider

アゴスティーナ・ロドリゲスAgustina Rodríguez

ロック、その音楽と文化に対する情熱がもたらす現象は日ごとに面白くなっている。ビューティフル・ワンズが明確な例であろう。The phenomenon resulting from the passion for rock music and culture is becoming more and more interesting. The Beautiful Ones is a clear example.
アゴスティーナとリサンドロ・ロドリゲス、ファッションデザイナーであり、広報も担当している彼ら。音楽、本、写真、そして彼らの友人のバンド、それぞれに対する愛情をブランドに注ぎ込んでいる。マーケットが提案するものに共感できず、2005年の3月にパレルモの中心、グルチャガ・コスタリカに最初の店舗をオープンし、同じパレルモ地区のコスタリカ・ボルヘスに3年後に拠点を移した。イギリスのバンド、スウェードの曲のタイトルからとった、ビューティフル・ワンズというブランド名。ブランドを始めた当初はユニセックスなラインが多かったが、今はほとんどがメンズのコレクションを展開している。音楽を愛し、刺激的な時間を過ごしている若者に是非選んでほしいブランドのひとつだ。


ファッションデザインをするまでの経緯を教えて下さい。

小さな頃からとにかく服が好きだったんです。買うのも、見るのも、マーケットに行くのも、それについてあれこれ話すのも。私は、2人の祖母と母のいる、なんと表現したらいいんでしょう…浮ついた家族で育ったんです。母も長い間洋服を作っていましたし、そこから服が好きになり、音楽やアートもミックスしていったんです。本当のことを言うと、学校でコースを選ばなくてはならなかった時がきっかけでしょうか。その当時は新しかったんですよ。未来の保証はないように見えましたが…。


どこで勉強されていたんですか?

パレルモ大学です。卒業目前の時に、ブエノスアイレスの有名なブランドでの仕事が決まりました。そこで「商品」を作ることを学びました。そしていくつかのブランド(Bachino、Kill、Vans、 Hispana、 Vasseur、 Esquivel等)で働き、それから自分自身のブランドを立ち上げようと思ったんです。


今日のファッションデザイン界をどう見ていますか?

そうですね、アルゼンチンではデザインが消失していっているのではないかと思います。コレクションのクリエイター達は存在してますが。例えば、パレルモ・ソーホーは屋外のショッピングセンターになってきていて、高級なイメージになってしまいました。デザイナーとして始めた人々も今では商業的な、売れる服を作っていて、私達のようなデザイナーはあまり残っていないんです。私は高級なラインは作りませんが、トレンドと自分自身が好きな物をミックスしてデザインしています。


ビューティフル・ワンズをオープンした経緯を教えて下さい。理想はどのようなものだったんでしょうか

自分達の好きなもの、マーケットではまだ見つからないものを発展させたかったんです。最初はメンズとレディ—ス両方制作していたんですが、お店がオープンし、メンズだけに変えたんです。そして今、少しずつですが、またレディースのアイテムを増やしていっている途中です。


今後の夢をは何ですか?

このプロジェクトに関する夢は、更なる成長を遂げ世界に届けられるブランドになることです。今のところはとても小さい会社で商品を期限内に出すのに苦労しています。できないことはないですが、大変です。もしこの夢が叶ったとしても、ブランド唯一無二の精神は崩さず、ひとつのデザインの商品を大量に作ったりはしたくないですね。後は、レディースラインを頑張りたいです。


The Beautiful Ones
住所:4737 Costa Rica Street, Palermo Soho, Buenos Aires, Argentina
TEL:4805-8623
http://www.thebeautifulones.com.ar


Texts and photos: Celeste Najt
Translation: Junko Isogawa
Agustina and Lisandro Rodríguez, fashion designer and publicist respectively, have pinned their interest in music, books, photography and their friend’s bands on the creation of a brand of clothes. Moved by the lack of identification with what the market offered, they opened their first store in March 2005 in the heart of Palermo, Gurruchaga and Costa Rica, where they remained until March 2008. Nowadays, though still in the Palermo district, they have moved to a new address — Costa Rica and Borges.
The Beautiful Ones — the title of a song by the English band Suede — is mainly a line of clothes for men, although in the beginning it used to be unisex.
The Beautiful Ones is a good clothing choice for youngsters who love music and having a good time.


What is your story with fashion design?

Since I was a little girl I have liked clothes, I was always buying, browsing, gossiping or going to markets. I come from a… how shall I put it? coquette family — my two grandmothers, my mother. Mum also made clothes for quite a long time… and thus I developed a mixture of a liking for clothes, for art and music. The truth is when I had to choose a course of studies; I chose this one, which at the time was pretty new. It seemed not to have a future…


Where did you study?

I studied at Universidad de Palermo. Immediately before graduating I got a job with a well-known brand in Buenos Aires, where I learnt how to work on the “product”. Then I worked for 3 or 4 more brands (Bachino, Kill, Vans, Hispana, Vasseur, Esquivel…) until I decided to start my own brand.


How do you see fashion design nowadays?

I think design is disappearing in Argentina… there are creators of collections. For instance, Palermo Soho sprung as an exclusive place for designers and nowadays it has become a shopping centre in the open air. Those who began as designers have now become very commercial brands of clothing.
Only a few of us remain. For instance, I do not design exclusive clothes but I do make a product with a mixture of trends and things I myself like.


How did you come up with the idea of opening The Beautiful Ones? Which ideal were you seeking?

We wanted to develop things we liked and we had not yet found in the market.
At first, it was a brand for men and women. Once we opened, the store turned to be just for men and now, little by little, we want to include some items for women again.


What is your dream?

My dream regarding this project is to be able to grow, to be able to reach other cities in the world. So far we are a very tiny company fighting with the workshops to manage to have a good product on time… it is difficult, but it can be done…
In case we grew, I’d like to be able to keep the brand’s exclusive spirit, to be able to make a few products per design…
Also, I’d like to be able to include a line of clothing for women.


The Beautiful Ones
Address: 4737 Costa Rica Street, Palermo Soho, Buenos Aires, Argentina
Tel: 4805-8623
http://www.thebeautifulones.com.ar


Texts and photos: Celeste Najt
The Beautiful Ones
地址:4737 Costa Rica Street, Palermo Soho, Buenos Aires, Argentina
电话:4805-8623
http://www.thebeautifulones.com.ar

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.