hotel

パーク・ハイアット・ブエノスアイレスPark Hyatt Buenos Aires

© Park Hyatt Buenos Aires

© Park Hyatt Buenos Aires

In the neighbourhood of Recoleta there is a surprising hotel: Duhau Palace – Park Hyatt. The key concept of this 5-star hotel is a historical building – the Palace, with its entrance on Alvear Aveレコレタ地区にある5つ星ホテル、パーク・ハイアット・ブエノスアイレス。パラシオ・ドゥオとも呼ばれるこのホテルの特徴は、アルベアル通りに面している歴史的な宮殿のパレス館と現代建築であるポサダス館(ポサダス通りに面していて、元の建築様式と完璧に調和するように建てられた)がともに存在しているという点だ。この印象的な設計は、フランス人建築家のレオン・ドゥージによって1934年に行われた。このホテルには伝統や品格があるだけでなく、今の時代に合った斬新さも兼ね備わっているのだ。

パレス館の広々としたロビーには、アルゼンチンの芸術家ギレルモ・ルーの有名な絵画「ラ・ロンダ」(1993年/写真)が飾られている。この画は長い間、ブエノスアイレスにある国立美術館に展示されていたものだ。ロビーでは他にも、スペインの芸術家であるゲレーロ・メディナの「トルソー」と呼ばれる立派なブロンズの彫刻を見ることができる。ポサダス館のロビーは入口から中二階にあがったところにあり、天蓋つきの門とつながっている。屋内と屋外は大理石を使って見事に調和がとれている。ポサダス館の共有エリアにはすべてトラバーチン大理石の装飾が施されている。

客室は合わせて165部屋あり、そのうち39室がスイートルームになっている。パレス館は3階建てで、12室のスイートルームを含め23室が用意されている。部屋の中は、フローリングに敷かれた年代物や近代物のペルシア絨毯、シルクのカーテン、クリスタルのシャンデリアやオリジナルの芸術品がしつらえてある。

ポサダス館はスイートルームを含め142室となっている。こちらのインテリアはクリーム色、ベージュ、暖かみのあるグレイの自然素材で統一されていて、現代的な家具とブエノスアイレスを写した白黒写真が飾られている。すべての部屋に広いデスクとデジタル電話、Wi-Fiが完備されていて、バスルームだけはトラバーチンの大理石造りとなっている。

食事には申し分のないレストランが2店舗あり、ひとつはアルゼンチン料理を提供してくれる「ドゥオ」だ。ここは昔ながらの伝統的なレシピとグリル調理を大切にしている。店内は温かみがあってくつろげる雰囲気。総席数は56席となっている。もうひとつは、「ジョイアレストラン&テラス」。こちらはモダンなイタリア料理店だ。店内は広々していて天井も高く、レストランから外のテラスへとつながっている。中庭の景色を楽しんだり、大きな窓から見えるパレス館を眺めたりしながら食事するにはもってこいだ。

このホテルでさらにお勧めしたいのが、ワインセラー。アルゼンチンのホームメイドチーズを楽しめるチーズルームまで設けられている。試食をするときは、ドライフルーツやパン、ホームメードのジャム、どんぐりで飼育されたイベリコ豚のハム「パタ・ネグラ」や、このホテルの為に14カ月間燻製された特別なハムが添えられる。

最後に、是非とも行ってもらいたいのが、モルトの種類の豊富さに驚かされる「オークバー」。スコッチやコニャックなど、この街では一番多くの種類があるバーなのだ。他にも、図書館や豪華に飾られた部屋、多種多様の植物や美しい花が植わった庭園や、プール、スパなどがある。

ホテル内での快適な体験に加えて、場所も好立地だ。旅行者にとっては美術館も公園も、サンタ・フェ通りのショップにもすぐに行けるのが嬉しい。

Park Hyatt Buenos Aires
住所:1661 Alvear Avenue, Recoleta, Buenos Aires
TEL:+54 11 5171 1234
部屋数:165
http://www.buenosaires.park.hyatt.com

Text: Celeste Najt
Translation: Yuki Nakagawa
. – living together with a contemporary building – situated on Posadas Street and built in absolute harmony with the original architecture. The impressive enterprise was carried out in 1934 by French architect Leon Dourge. The hotel is imbued in the history of its own character and traditions and it is, at the same time, contemporary and avant-garde.

The majestic lobby of the Palace exhibits the famous painting “La Ronda” (photo), painted in 1993 by Argentine artist Guillermo Roux, It has been exhibited over a long period at the National Museum of Fine Arts in Buenos Aires. In this same room we can find a magnificent bronze sculpture called “Torso”, by the Spanish artist Guerrero Medina. Posada´s lobby is medium level high above the entrance and is integrated to the “Porte Cochère”. The interior and exterior space are blended smoothly through stone and marble. All public areas of Posadas Street building are decorated with travertine marble.

There are 165 rooms available to guests, out of which 39 are suites. The Palace has three floors with a total of 23 rooms, including 12 suites. These are decorated with antique and contemporary Persian carpets on wooden floorings; silk curtains, crystal chandeliers and original works of art.

In the building on Posadas Street there are 142 rooms and suites. Their interior decoration is ruled by natural fabrics in cream, beige and warm grey colour shades, contemporary furniture and black-and-white photographs of Buenos Aires. All of the rooms are equipped with broad working desks, digital phones and Wi-Fi, whereas the bathrooms are covered in Travertino marble.

The gastronomic offer includes two impeccable restaurants: the Duhau, which specializes in Argentine cuisine and pays homage to the classic and traditional recipes with grilled preparations. Its interior decoration is warm and intimate and there is room for 56 diners. The second restaurant is Gioia Restaurant & Terraces, which specializes in modern Italian cuisine. The space is broad, with high ceilings, and it extends outwards to the hotel terraces. It is ideal to enjoy the views of the garden and the Palace through its broad windows.

Another must of the Duhau Palace is its Wine Cellar, where the ‘Cheese Room’ is located, offering the best home-made Argentine cheeses. The tasting is usually accompanied by a selection of dried fruit, bread and home-made jams, ‘Pata Negra’ acorn-fed Iberian ham, and national ham specially cured for 14 months for the Hotel.

Last, but not least, the Oak bar surprises with its menu of malts, the most varied in the city – the best Scottish whiskeys and cognacs – a library, different luxurious rooms, a beautiful garden with a wide variety of bushes and delicate flower plants, swimming-pools and spa.

To all the luxury and comfort advantages of the Duhau-Hyatt, its strategic location should be added, as it allows the traveller to be close to the most important art centres of BA, in addition to the Recoleta parks and the shops on Santa Fe Avenue.

Park Hyatt Buenos Aires
Address: 1661 Alvear Avenue, Recoleta, Buenos Aires
Tel: +54 11 5171 1234
Rooms: 165
http://www.buenosaires.park.hyatt.com

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.