Accommodation options in Buenos Aires are varied. There are classical five-star hotels such as the Sheraton, the Four Seasons or the Alvear or avant-garde five-star hotels like the Faena. All overwhelmingly comfortable and luxurious, both due to the areas in which they are located — Puerto Madero, Recoleta — and to the services they offer their guests. However, it is not a bad idea to give up luxury in order to stay in the neighbourhood where everything happens these days: Palermo. In this area, hotels are more modest but just as comfortable. - Text: Celeste Najt
  • Esplendor Hotel

    エスプレンドー・ホテルEsplendor Hotel

    © Esplendor Hotel

    Finding accommodation when staying in Buenos Aires may be a complex task due to the broad range of offers available. Esplendor Hotel is doubtless one of the best choicesブエノスアイレスでホテルを探すのは、選択肢が多過ぎてかえって難しい。しかしエスプレンドー・ホテルは文句なしで最高の選択の一つだ。歴史を感じさせる建築でありながら、まったく新しい建物としてリノベーション

  • Hotel Madero

    マデロ・ホテルHotel Madero

    © Hotel Madero

    Hotel Madero, opened in October 2004, offers a different option that invites us to experience a new hotel concept: a blend between contemporary design with local spirit and French savoir-faire2004年10月にオープンしたマデロ・ホテルは、近代的デザインと地元に根ざした文化及びフランスの知恵の融合でもって、ホテルというものの新しい概念を私たちに提示してくれる

  • Jardín Escondido

    ハルディン・エスコンディード(コッポラ・ホテル)Jardín Escondido

    © Jardín Escondido

    When Francis Ford Coppola visited Argentina in 2008 to shoot his film Tetro, he fell in love with the city of Buenos Aires. That is how he decided to buy a property in the neighbourhood of Palermo Sohoフランシス・フォード・コッポラは、映画テトロの撮影で2008年にアルゼンチンを訪れた際にブエノスアイレスの虜となり、パレルモ・ソーホーに自宅用の物件を手に入れると、さらにはその自宅をホテルにしてしまった


    ミオ・ホテルMIO HOTEL


    From the very first impressions MIO BUENOS AIRES is breathtaking: located in the elegant area of Recoleta, on Quintana Avenue, stands an impressive 6-metre-high French oak doorまず第一印象から息をのむほど美しい。優雅なレコレータ地区のクインターナ通りに建つ、6メートルの大きなオーク製の扉。印象的なフランス風のこの扉が、このホテルへの入り口

  • Legado Mitico

    レガード・ミティコLegado Mitico

    © Legado Mitico

    Recently, luxury boutique hotels have been increasing in numbers in Buenos Aires. Among these new hotels is Legado Mitico that in Spanish means “mysterious legacy”, and stands out from the others近年、豪奢で隠れ家的なブティックホテルが増えつつあるブエノスアイレス。中でもその徹底したコンセプトとインテリアで、取り分け異端を放っているホテルがレガード・ミティコ

  • Pulitzer Hotel

    ピュリッツァー・ホテルPulitzer Hotel

    © Pulitzer Hotel

    Pulitzer hotel is a new great design hotel located in, probably, one of the most beautiful areas of Buenos Aires: downtown, a few metres away from Plaza San Martín. However, it is no ordinary hotelピュリッツァー・ホテルは新しく出来たデザインホテル。ブエノスアイレスのなかでも最も美しいとされる場所の一つであるダウンタウンのサンマルティンプラザから数メートル離れた場所にある

  • Algodón Mansión

    アルゴドン・マンシオンAlgodón Mansión

    © Algodón Mansión

    Algodón Mansión Suites is a clear heir to the tradition of hotel excellence so typical of Buenos Aires. It is a 1912 French-style building in which there are 10 unique suites, exclusive restaurant Chez Nous, a bar, and a spa名高いホテルが集まるブエノスアイレスの伝統を受け継ぐ「アルゴドン・マンシオン」。1912年に建てられたフランス様式の建物の中には、それぞれ異なるスイートルームが10室、備え付けのレストラン「シェ・ヌー」、さらにバーやスパも併設

  • Park Hyatt Buenos Aires

    パーク・ハイアット・ブエノスアイレスPark Hyatt Buenos Aires

    © Park Hyatt Buenos Aires

    In the neighbourhood of Recoleta there is a surprising hotel: Duhau Palace – Park Hyatt. The key concept of this 5-star hotel is a historical building – the Palace, with its entrance on Alvear Aveレコレタ地区にある5つ星ホテル、パーク・ハイアット・ブエノスアイレス。パラシオ・ドゥオとも呼ばれるこのホテルの特徴は、アルベアル通りに面している歴史的な宮殿のパレス館と現代建築

コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.