bar/restaurant

ユニークUnik

© Unik

© Unik

Unik was born with the motto of bringing together the best of gastronomy and the best of world design. It is a restaurant located in Palermo, which has been planned and designed by Marcelo Jouliaユニーク(UNIK)は最高のガストロノミーと最高のワールド・デザインを用いて誕生したレストラン。店はパレルモ地区に位置し、ナソ・アーキテクチャー代表で建築設計士のフランス系アルゼンチン人、マルセロ・ジュリアによって企画・デザインされた

お店の紹介状には、その愛すべき5つの理由が示されている。

まず1つめは、クリエーターのキャリア。パリにある有名なレストラン「ユニコ」と、ショップ「エル・ガルポン」の創設者兼オーナーであり、世界中の20店以上ものレストランのデザイナーとしても知られている。

2つめは、デザイン・コンセプト。マルセロが収集した60〜70年代のインダストリアル・デザインの品々がディスプレイされた空間に仕上がっている。

3つめは、調理部門。アルゼンチン人として初めてミシュラン・ガイドの一つ星を獲得したシェフ、マウロ・コラグレコと二人のシェフ(フェルナンド・ハラとヤーゴ・マルケス)によって提供される。

4つめは、質の高さ。新鮮な食材の使用と持続可能な農業の産出に寄与する店として認定されている。

そして5つめの愛すべき理由は、その特別な体験である。レストランの最終地点として進化した建築、オープンキッチン、選び抜かれた音楽、質の高いサービスのすべてを体験できる。

ここでは、食材の価値を拡大するというコンセプトのもと、メニューの数を抑えている。スターターは数種類から選べる。例えば、アルゼンチンのチュブ州で獲れたキング・エビと毛ガニのトマト・ガスパチョのほかに、低温調理した卵とクリスピー・ポテト、薫製イベリコハムとロメスコ・ソース(トマト、ナッツ、胡椒でできている)、またはアルゼンチン産コウベ牛のカルパッチョのオリーブ油アイス添えなどがある。

絶対に試してほしいメイン・ディッシュは、時間をかけて調理されるパタゴニア産ラム肉のキノア(雑穀の一種)・クミン添えと、リブアイ・ステーキのマッシュド・スイートポテトと有機ホウレン草添え。最後に自家製プラリネ入りの濃厚ブラック・チョコレートケーキをデザートに選べば、完璧だ。

ユニークは、選りすぐりのガストロノミーを提供することで、知らない土地を旅行しているような気分にさせてくれる一方、そのこだわり抜いた品々によるインテリアで、まるで誰かの家にいるような温かさを与えてくれる。

Unik
住所:5132 Soler, Palermo Soho, Buenos Aires
営業時間:12:30〜15:00 / 20:30〜24:00(月曜日ディナーのみ営業)
定休日:日曜日
TEL:+54 11 4772 2230
info@unik.pro
http://www.unik.pro

Text: Celeste Najt
Translation: Eiko Kondo
, a French-Argentinean architect founder and director of Naço Architectures.

In its letter of introduction, five reasons to love Unik are stated: the career of its creator, who is the author and owner of the famous restaurant Unico and the store El Galpón in Paris, as well as being the designer of over twenty restaurants around the world; the design concept presented in the space where Marcelo’s refined collection of industrial design pieces dating from the sixties and seventies is displayed; the kitchen, sponsored by Mauro Colagreco – the first Argentinean chef to have a star in the Michelin Guide – and by two other chefs (Fernando Hara + Yago Márquez); having quality as an insignia, based on the use of fresh products, the produce of sustainable agriculture; the unique experience of an architecture especially developed for the goal of the restaurant, the open kitchen, the musical selection and quality service.

The menu at Unik has limited dishes, following the concept of product value-enhancement. Some of the options to start the evening are; king prawns from Chubut and spider crab with tomato gazpacho; low-temperature egg with crispy potatoes, Romesco (tomato, nuts and peppers) sauce and cured Iberian ham, or Argentine Kobe meat Carpaccio and olive oil ice-cream. The must-try main dishes are the slowly cooked Patagonian lamb garnished with quinoa with cumin and rib eye steak with mashed sweet potatoes and organic spinach. The perfect finale is the wet black chocolate cake with homemade praline.

Unik has the warmth of a space that is very much like one’s home – due to the detailed selection of each one of the objects that make up its interior decoration – whereas its eclectic gastronomic offer makes us feel as if we were away, on a trip.

Unik
Address: 5132 Soler, Palermo Soho, Buenos Aires
Opening Hours: 12:30-15:00 / 20:30-24:00 (Monday open for Dinner only)
Closed on Sunday
Tel: +54 11 4772 2230
info@unik.pro
http://www.unik.pro

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.