bar/restaurant

サイフォン&ドラゴンズSifones y Dragones

© SIFONES Y DRAGONES

© SIFONES Y DRAGONES

“An old friend testifies and recalls the experience of eating in Alexander Calder family’s kitchen, where as well as cooking and eating they listened to music「サイフォン&ドラゴンズ」を経営するフレイビオとマリアナの二人がこのレストランを開くきっかけとなったのは、彼らの古い友人であるアメリカの抽象彫刻家アレクサンダー・カルダーである。

彼の家で家族と一緒に食事をした時、彼らは台所をただ料理をして食事をするだけの場所としてではなく、さらに音楽を聴き、歌い、カルダー自身もそこにあったフォークなどを使って即興で彫刻を作っていたという。
「様々なことが起こる台所」、これが二人がお店を開いた時に抱いていた、このレストランの理想の形であり、サイフォン&ドラゴンズはレストランではなく、「テーブルが置かれた台所」なのだという。

店内にはアンティークのサイフォン瓶に買い物袋、説明書きが付いた標識などのポップな雑貨が飾られており、家庭的な雰囲気を醸し出している。だが、他との違いはその料理にある。東南アジア料理と創作料理の組み合わせは、パンチの効いた味と驚きを持って私達の舌を楽しませてくれる。

この店のお薦めは、スペイン・エストレマドゥーラの燻製パプリカで味付けされた特上の腰肉、ナッツとブエノス・アイレス州タンディルのサラミが添えられ、定番トルティーヤがついてくる(10US$)。醤油、レモン、生姜、コリアンダー、春玉葱、ミントを合わせた中に漬け込んだ鮭のマリネと野菜のグリル焼き(12US$)、ルッコラ、ブルーチーズ、ヘーゼルナッツ、豆のペストソースと絡めたジャガイモのニョッキ(9US$)も外せない。
デザート好きなら、ブラジル伝統のカクテル、レモンのカイピリーニャとパッションフルーツのパイ、ラベンダーシロップがけ(5US$)はいかがだろうか。

サイフォン&ドラゴンズは常に驚きに満ちており、それはオーナー達自身の喜びにもなっている。そこは、食事をするという行為自体がその言葉以上の意味を持つ場所なのである。

Sifones y Dragones
住所:174 Ciudad de la Paz, Colegiales, Buenos Aires
TEL:+54 11 4413 9871
faviolavitola@yahoo.com.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Yuki Mine
, sang, and Calder made spontaneous sculptures with forks and other elements in the kitchen” — Flavio La Vitola, who is in charge of restaurant Sifones y Dragones (Syphons and Dragons) together with Mariana De Rosa, recalls. This artist was the trigger for Flavio and Mariana to open the place, with the idea of a kitchen where many things happened. “This is not a restaurant, it is a kitchen with tables,” they state.

Since 2001, Sifones y Dragones has functioned in headquarters opening onto the street in the Colegiales neighbourhood. A room populated by pop objects — antique syphons, shopping bags, signs with captions — that transmit a feeling close to being at home. The difference is in the food: author-cuisine with dishes from the Asian Southeast, with “punch flavours and surprises.” Sifones y Dragones recommends: Machazo loin, seasoned with Extremadura smoked paprika, with salami from Tandil and nuts; which is garnished with old bread tortilla (10USD); salmon marinated in soy, lemon, ginger, coriander, spring onions and mint with grilled vegetables (12USD) and potato gnocchi with rocket, blue cheese, hazel nuts and lima drops pesto sauce (9USD). For dessert lovers, the caipirinha lemon and passion fruit pie with lavender syrup (5USD) is a treat for the gods.

Sifones y Dragones is not in shortage of surprises, which are a pleasure for the owners themselves. Nowadays, for instance, they offer candy liquor made of a classical porteño candy (caramelo media hora) as a humorous and tasty complimentary gift.
The essence of Sifones y Dragones is vital and colourful, it is a space where having a meal becomes much more than that.

Sifones y Dragones
Address: 174 Ciudad de la Paz, Colegiales, Buenos Aires
Tel: +54 11 4413 9871
faviolavitola@yahoo.com.ar

Text: Celeste Najt
陷阱和龙
地址:174 Ciudad de la Paz, Colegiales, Buenos Aires
电话:+54 11 4413 9871
faviolavitola@yahoo.com.ar

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.