bar/restaurant

オポルト・アルマセンOporto Almacen

© Oporto Almacen

© Oporto Almacen

Buenos Aires is a city with very nice areas, some of them are very easy to find while some others not. One of them is Nuñez, which is located in Northern part of the cityブエノスアイレスは非常に美しい地区がいくつもある都市。簡単に見つけることができる地区やできない地区など様々だが、その一つに街の北部に位置するヌニェスがある。道の途中には立派な家や緑地があり、騒々しいダウンタウンから離れ静寂な雰囲気を味わうことができる。そんな近くに素敵なオポルト・アルマセンがある。

11デ・セプティエンブレ通りとイルランダ通りの角に、とてもモダンで飾り気のない白い建物がある。オポルトに一歩踏み入れると、心地よく、また現代的でちょっとアヴァンギャルドなテイストなど様々な要素が融合した雰囲気に包まれる。ロビーの右手には、バルサミコに漬したレギャニトチーズ、自家製のベイクドハム、アンチョビクリームをそえたペセートというクラシカルな肉料理など厳選された多彩な料理を提供しているオポルト・アルマセンがゲストを迎えてくれる。このすぐ隣にはテーブル席があり、そこからシェフたちが新鮮で美味しい料理をゲストに届けるため忙しく手を動かすオープンキッチンを眺めることができる。

2階はワイナリーと共用テーブルがあり、500ラベルのアルゼンチン産ワインの中からゲストが注文した1本を楽しめる、人々が集まりやすい場所となっている。メニューにも素晴らしい料理が並ぶ。初めに「アルマセン」の小さなプレート料理を何品か選ぶのがお薦めで、さらに鶏肉のレバーで作ったパテとポートワイン付きの茶色の紙袋に入った自家製パンがテーブルまで運ばれてくるのだが、これが本当に絶品なのだ!それから、ルッコラ、バッファローと南国フルーツの果汁をあしらったカボチャ料理は忘れられない味だし、ナスのラビオニはもう言うことなし。サルビア、ジンジャー添えまたはスパークリングなど何種類かのレモネード、アルコールドリンク、コーヒーも提供している。

サービスは親切で温かく、店内の装飾は洗練されている。床、テーブル、棚など至る所に木の素材が使われ、1階の古いワイナリーの看板に沿って貼られた白いタイルに、最近ユーモアのあるバックライトが加わった。屋上には可愛らしいテラスがあり、間もなくオープンする予定だ。

オポルトは2013年11月にオープンしたばかりの新しいお店だが、すでに大人気だ。極上の料理をトレンディで温かな雰囲気の中でいただくチャンスをぜひ見逃さないで欲しい。

Oporto Almacen
住所:11 de Septiembre 4152, Buenos Aires
営業時間:9:00~20:00(月曜日定休)
TEL:+54 11 4703 5568
https://www.facebook.com/oportoalmacen

Text: Celeste Najt
Translation: Momoko M
. On your way there you will find nice houses, green spaces anda sense of being suspended out of noisy downtown. In this neighborhood is where the wonderful Almacen Oporto is located.

In the corner of 11 de Septiembre street and Pasaje Irlanda, a very modern, austere and white building can be found. When entering, a mix of feelings will invade you: Oporto is cozy, also modern, with a taste and a feel quite avant garde. Right at the lobby, the ‘Almacen’ is waiting for the guest, offering different kinds of highly selected products: Reggianito al aceto -small pieces of Reggianito cheese soaked in aceto balsamico- , Jamón casero horneado -Home made baked ham-, or the classical Vitel Toné -Peceto meat in an anchovies creme- , just to name a few. Right next to the ‘Almacen’ , is where the tables are, overlooking to the open kitchen, where everyone is really busy, doing their best to bring fresh and delicious food to your table.

Upstairs is where the winery and the communal tables are, providing an easy way to make people gather while enjoying one of the 500 labels of Argentinian wines they offer. The menu has a few wonderful options: to start with, I will recommend picking some of the small plates of the ‘Almacen’. In addition, they bring home made bread to your table in a brown bag with a Pate made out of chicken liver and porto Fine Tawny, Simply delicious!. Then the Pumpkin with Ruccula, Buffala and caju is an unforgettable experience, but I cannot say less about the eggplant ravioli. They serve a few types of lemonades – with salvia, ginger, or sparkling-, alcoholic drinks, and Illy Cafe.

The service is kind and warm, and the space decoration is very cool. Wood is everywhere – floors, tables, shelves-, in addition to white tiles located on the first floor along with an old winery billboard, currently transformed into a funny backlight. On the top there is a charming terrace, which is about to be opened soon.

Oporto is brand new, they opened its doors in November 2013, but we can see it is already a hit. Don’t miss your chance to eat heaven food in a trendy and warm atmosphere.

Oporto Almacen
Address: 11 de Septiembre 4152, Buenos Aires
Opening Hours: 9:00 – 20:00
Closed on Monday
Tel: +54 11 4703 5568
https://www.facebook.com/oportoalmacen

Text: Celeste Najt

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.