art/design

シュル・ソラル美術館Xul Solar Museum

Almi Palace, Xul Solar, 1932 © Foundation Pan Klub - Xul Solar Museum. All rights reserved.

Almi Palace, Xul Solar, 1932 © Foundation Pan Klub - Xul Solar Museum. All rights reserved.

Alejandro Xul Solar is one of the main icons of the artistic avant garde in Latin America. What is special about his work is the integration of concepts so wide apart as astrologyアレハンドロ・シュル・ソラルはラテンアメリカにおける前衛芸術を象徴する人物の一人であり、画家、彫刻家、作家、さらには独自の人工言語を創り出すなど様々な顔を持っていた。彼の作品の特徴は、様々な観念を融合させた部分にあると言え、その範囲は占星術、易教、哲学、古代東洋やインド、コロンブス以前の世界に存在していた宗教や信仰、さらには神知学、人知学など実に多岐に渡っている。

彼は、アルゼンチンの詩人であり小説家、批評家としても活動していた故J.L.ボルヘスと友人関係にあった。ボルヘスの著作へ挿絵を提供するなどしての共同作業が、彼を初期の頃より世間へと認知させる要因の一つとなった。

パレルモ地区にあるこの美術館は元々、シュル自身が住んでいた家の跡地に建設されている。設計は建築家パブロ・T・ベイティアの手により、シュルの作品の数々を元に案が練られた。

館内は入り組んだ構造になっており、まるで迷宮の中を歩き回っているような気分にさせられる。主に1910年から1962年までの間に製作された作品が展示され、シュル・ソラルの独自のスタイルの移り変わりを垣間見る事ができる。
また彼に関する著作も数多く出版されており、来館前に一度目を通しておくと、館内の展示品をより深く鑑賞できるはずだ。

Xul Solar Museum
住所:1212 Laprida Street, Barrio Norte, Buenos Aires
時間:火〜金曜 12:00〜19:30, 土曜 12:00〜19:00
入館料:$10, 学生 $4
TEL:+54 11 4824 3302
info@xulsolar.org.ar
http://www.xulsolar.org.ar

Text: Celeste Najt
Translation: Yuki Mine
, the Cabala, the I-Ching, philosophy, different religions and the beliefs of the Ancient Eastern World, India and the pre-Columbian world, as well as theosophy and anthroposophy, among many other branches of knowledge.

A friend of the late J.L. Borges, who contributed from the very beginning to make his work well-known while Xul contributed to Borges’ projects by illustrating his books and other publications.

The artist lived in a house in the Palermo area, and it is there where nowadays the museum inhabited by his works is located. It was designed by architect Pablo T Beitía, starting from the plans, associations and pictures taken from the artistic production of Xul’s work. Thus, the different levels and dividing walls arrange big and small rooms, which alternate, turning the space into a kind of labyrinth in which the works by this key artist in the history of Argentinean art are displayed.

The Museum Collection has pieces dating from 1910 to 1962, which encourages visitors to observe the evolution and transformation of Xul Solar’s particular style. In addition, an interesting bibliography of the artist is available to the public, thus allowing visitors to knowledgeably go into the permanent exhibition in the museum.

Xul Solar Museum
Address: 1212 Laprida Street, Barrio Norte, Buenos Aires
Opening Hours: Tue-Fri 12:00-19:30, Sat 12:00-19:00
Admission : $10, University students, seniors and children (residents) $4
Tel: +54 11 4824 3302
info@xulsolar.org.ar
http://www.xulsolar.org.ar

Text: Celeste Najt
Xul Solar博物馆
地址:1212 Laprida Street, Barrio Norte, Buenos Aires
时间:星期日至星期五12:00-19:30, 星期六12:00-19:00
承认:$10, 学生 $4
电话:+54 11 4824 3302
info@xulsolar.org.ar
http://www.xulsolar.org.ar

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.