art/design

モノMono

© Mono

© Mono

There’s a cute and cozy office at the back of a store, where nice people make nice things. That happens a lot in Buenos Aires. Everywhere, we discover people making incredibly nice and素敵な人たちがつくる素敵なものが揃うお店の裏に、こぢんまりしたかわいらしいオフィスがあるというのは、ブエノスアイレスではよく見かける風景だ。そこでは、時折足を運ぶラッキーな人たちのために、とびっきりのものをつくっている光景を目にすることができる。

グラフィックデザイナーのメルセデス・エルナエスが手掛ける「モノ」は、そんな場所のひとつだ。メルセデスは、窓からきれいなバックヤードの風景を眺めることのできる場所で美味しいお茶入れて私を出迎えてくれた。店内に陳列された数々のノートの豊富さと色に夢中になってしまうほど、そこは思わず集めたくなるような、たくさんのすてきなもので溢れていると同時に、空間全体にオーガニックな雰囲気を醸し出していた。

メルセデスは、「モノ」について『たくさんの“場所”を集めた小さな空間です。たくさんの場所とは、スタジオであり、大好きなデザインが施されたものや、ブエノスアイレスのシティマップ制作の場、その他もろもろをつくっていく場所など、いろいろな意味を含んでいます。』と説明してくれた。

『10年前にシティマップを始めたのが最初のはじまりです。ノートは、ずっと好きで、よく旅行をするのですが、その度にノートを購入し、そのノートを他では手に入れることができないと思うと、使うことができずにいました。そんな経験から、自分でノートをつくってしまおうと思い立ちはじめたのがきっかけです。そこで、壁紙工場を見つけ、材料を手に入れて、ノートのコレクションをつくるようになりました。いいなと思っていた昔ながらの製本業者を見つけることができなのもラッキーでした。』

最近、古いものの再評価がなされているなと感じる中、「モノ」はそれを担っている場所のひとつのように思うのだ。そのことについて、メルセデスはこうコメントしてくれた。『愛国的な要素の産業とデザインをミックスし最終的なプロダクトをつくるというような感じです。職人というのとも違います。制作ネットワークをつくり、その過程に人に関わってもらえたらと思ってます』

普段使用するノートというもので、関わり全体を築いているというのが面白い。メルセデスとって、ノートは、考えや好きなことなど何でも書き留める、旅の良き友であると語っていたのが印象に残った。
旅をよくするというメルセデスの大好きな2つの場所は、アルゼンチンの北にあるフフイという街と日本だそうだ。『日本では、美は表面的なことではなく精神的なものであり、それは自然との関係から生まれ、人間としての自分の中に伝わってくるものなのです。その考えにとても心動かされますね。女性の生き方、テキスタイルなどのアートが日常に応用されることなど、フフイにも同じようなものを感じます。』

メルセデスは、アーティストのギエルミナ・バイグエラと一緒に刺繍のワークショップを行っていることを教えてくれた。それは、メルセデス曰く『イラストレーターやデザイナーなど働く女性の集まりですね。以前は刺繍というと主婦に限定されたものに見られていたけど、今ではそれも再評価されているんです。つまり、あらゆる現代の言葉で表現される女性の世界なんです。』

さらに私たちは、技術や手作業による活動の接点などについて語り、メルセデスは『働きながら素晴らしい人生を生きることがゴール』だと話してくれた。
その言葉を一日中噛みしめつつ、モノの平和な空気の流れるクリエイションのある日常を思った。

Mono
住所:Godoy Cruz 1776 (at the back), Palermo Soho, Buenos Aires
営業時間:11:00〜19:00 (土曜日12:00〜16:00)
定休日:日曜日
TEL:+54 11 4833 2544
info@mono-blocks.com.ar
http://www.mono-blocks.com.ar

Text: Gisella Lifchitz
Translation: Mariko Takei
wearable stuff for us, lucky visitors who step by every now and then.

One of those places is Mono, whose creator is graphic designer Mercedes Hernáez. She greets me with some tasteful tea and a beautiful landscape through her organized windows. I lose myself in the colors and combinations of Mono notebooks. Those are precious objects that we want to collect, all of them. Together, they create a unique and organic view.

Mercedes tells me “Mono is a little place that reunites many things: a studio, design applied to a product we fell in love with, a Buenos Aires map factory and a yet undiscovered place where we work in”.
“We started ten years ago with the city maps. As for the notebooks, I’ve always loved them. I used to travel a lot so I bought many of those, which I didn’t use for fear I wouldn’t get them anywhere else. So I decided to create them myself so that people would use them, write on them and wrap the pages. When I found an old wallpaper factory, I got it all together and created these little collections. I was also lucky to find an old-fashioned bookbinder that made exactly what I wanted”.

About their public, she tells me it is “especially young people that write, draw or cook, sensitive people. People that I like, basically”. It seems to me we’re experiencing a moment where the revaluation of vintage is having a twist, and Mono is part of that. About that, Hernáez comments, “ this is a sort of patriotic mix between industry, design and a final product. This is not a craftsman. I like to build production networks and add people to the process”.

We both believe it’s interesting how we build a whole relationship with the notebooks we use. “They are great traveling partners, she adds. I write every thought, places I like, everything”.
Mercedes two great loves are Jujuy (in the north of Argentina) and Japan. “In Japan, beauty is spiritual, not superficial”, she says. “It comes from the relationship with nature and how it gets through you as a human being. It’s very moving. Jujuy has some of that too: textiles, women, how they live and get organized, their art applied to everyday life”.

Mercedes then tells me she assists to embroidery workshops with artist Guillermina Baiguera. It’s all about “women reunions. We all are illustrators, designers and working women. Before, embroidering was confined to housewives but now it is being revalued”, she comments. “It’s all about the feminine world expressed through a different contemporary language”.

We go on talking about the confluence of technological and manual activities and how the last ones bring us down to earth. “Our goal is to live the beautiful life, working”, Mercedes says. I keep thinking about that sentence during the whole day. And I wish some of her peaceful creativeness for my everyday life. 
Let’s go for it, then.

Mono
Address: Godoy Cruz 1776 (at the back), Palermo Soho, Buenos Aires
Opening Hours: 11:00-19:00 (Saturday 12:00-16:00)
Closed on Sunday
Tel: +54 11 4833 2544
info@mono-blocks.com.ar
http://www.mono-blocks.com.ar

Text: Gisella Lifchitz

buenos-airesのお勧めイベント
Recommended Events in buenos-aires
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.