bar/restaurant

ウェルシュランドWelschland

Four official languages are spoken in Switzerland, and Zurich belongs to the German-speaking region. Here people call French-speaking region of Switzerland “Welschland”スイスには、4種類の公用語が存在するが、チューリッヒはドイツ語が話される地域である。フランス語を話す地域は「ウェルシュランド」と呼ばれている。この呼び名はチューリッヒにあるデリカテッセンの名前でもあり、そこでは言うまでもなく、スイスのフランス語地区特有の料理を提供している。

店頭の両サイドにあるガラス張りのショーケースには、手作りの人形が飾られている。その派手な姿は、ソーセージやチーズでキュートな顔が作られた、コミッククリエーターのナディン・スペンガーによる芸術作品である。そのショップは、外に看板を掲げていないが、ウェルシュランドの漫画チックなロゴが窓に描かれている。そのカラフルなデコレーションから、キッズ映画の中のおもちゃ屋さんのようにも見える。実際、共同経営者のローレン・ホーリエとヨーグ・スタイナー自身もまた、ベルギーのコミックから飛び出したようなビジュアルである。

ショップの中は、外観と同じくらいユーモラスだ。ミニチュアケーブルカーが頭上を走っていたり、商品棚の間の壁には、経営者でありイラストレーターのヨーグ・スタイナーが描いた「タンタンとスノーウィー」のパロディーのイラストが飾られている。カウンターの後ろの黒板の前には、様々な色や形のソーセージが飾られている。

小さな店内には、選りすぐりのチーズ、ソーセージ、ワイン、マスタード、コーヒー、紅茶や卵が詰まっている。ガラスのカウンターには、グリュイアーやバシュランのような巨大なチーズも陳列されている。この組み合わせは「moitie-moitie(ハーフ&ハーフ)」と呼ばれ、フォンデュには欠かせないチーズである。アルパージュチーズ店のグリュイアー(100g、3.8スイスフラン)は、もっとも香りが強い。2005年の夏から熟成したものである。この時期には、多くの優れたチーズが生産されたと推定されている。ワインのように、チーズにも良い年というものがあるそうだ。

チーズの強い香りに少々圧倒されると、今度は壁にある食欲をそそるフランスソーセージに目がいく。ガーリックやローズマリーでスモークされたソーセージからワイルドポークに至るまで多種に及ぶ。また、スイスの有名な酒「ラ・フィー・ヴェルテ」も置かれている。その酒は、蒸留して製造されたアブサンから作られたものである。100年前のパリで、ピカソやゴッホのような芸術家を魅了し、インスピレーションを与えた酒である。しかし、ある事件が原因となり、1910年7月に禁止された。2005年、その禁止はついに解かれ、今日では、透明なボトルに美しいラベルデザインが施され、製造されている。

オーナーの話を聞きながらできる限り多くの情報をメモしながら、気づくと窓枠に心地よく座り、エスプレッソを飲んでいる。その間、NZZフォリオのジャーナリストや近くのペスタロッツィ図書館の職員などが客として訪れていた。オーナーは、私が家族の一員かのように会話に導いてくれた。ショップの居心地の良さと日々の食べ物を扱うというピュアな喜びが、スイスのフランス語圏を象徴している。旅行の際、スイスに短い時間しか滞在できない場合でも、ウェルシュランドには絶対に行った方がいい。このショップなら、その国の食文化の半分を見ることができ、友達や家族に、本物のおいしいお土産を買うことができるのだ。

Welschland
住所:Zweierstrasse 56, 8004 Zurich
時間:火曜〜金曜 10:00〜20:00/土曜 10:00〜16:00(日・月曜定休)
TEL:+41 43 243 98 50
http://www.welschland.com

Text : Nem Kienzle
Translation: Kei Shimizu
. That is also the name of a delicatessen store in Zürich which, needless to say, introduces the specialty foods from the French part of Switzerland.

On both sides of the storefront, hand-made dolls are displayed in glass showcases. The plush figures, made into the shape of sausages and cheeses with cute faces, are the art works by a comic creator Nadine Spengler. The store does not have a sign outside, but an animated logo “Welschland” is written on the window. From the colorful decoration, the store looks like a toy store from a kids’ movie. Indeed, the co-owners, Laurent Houriet and Jürg Steiner, look like they popped out of a Belgian comic as well.

Inside the store is as humorous as how it looks from outside. Miniature cable cars run above the heads of the customers. Amid shelves of products, a collage of parodied “Tintin and Snowy” cover-illustrations by the co-owner and illustrator Jürg Steiner adorns the wall. In front of the chalkboard behind the counter, sausages in different color shades and size are on display.

Packed full in this small store are exquisite selection of cheese, sausage, wine, mustard, coffee, tea, and egg. Displayed in the glass counter is a huge selection of cheeses, such as Gruyère and Vacherin. This combination is called “moitié-moitié” (=half-half), and these two cheeses are essential for fondue. Gruyère d’Alpage (100g CHF 3.80) has the strongest aroma of all. It is aged from the summer of 2005. Around this time, many good cheese were supposedly produced – like wine, cheese has its own good year.

Getting a bit overwhelmed from the strong aroma of the cheese, my eyes swiveled to the appetizing saucisson on the wall: smoked sausages with garlic, rosemary, wild pork, and many more. There is also a legendary Swiss liquor “la Fee Verte”, which is made of distilled absinthe. A hundred years ago in Paris, it inspired and enchanted artists such as Picasso and van Gogh. However, due to an accident, it was banned in July 1910. In 2005 the ban was finally lifted, and now it is back in production with a beautiful label design on a transparent bottle.

While listening to the owner talk and jotting down as much information as I could, I soon found myself comfortably sitting on the window sill, sipping an espresso. In the meantime, customers like a journalist from NZZ Folio or a librarian from the neighboring Pestalozzi library drop by the store. The owner brings me into the conversation like I belong to the family already. The store’s cosiness and pure enjoyment of everyday groceries perfectly represent the French-speaking part of Switzerland. If your short trip doesn’t give you enough time for all of Switzerland, then definitely go to “Welschland”. Here you can cover half of the country’s culinary scene and get authentic and delicious souvenir for your friends and families back home.

Welschland
Address: Zweierstrasse 56, 8004 Zurich
Open: Tue-Fri 10:00-20:00 / Sat 10:00-16:00 (Closed on Sun&Mon)
Tel: +41 43 243 98 50
http://www.welschland.com

Text : Nem Kienzle
Welschland
地址:Zweierstrasse 56, 8004 Zurich
时间:星期二至星期五 10:00-20:00/星期六10:00-16:00
休息日:星期一・星期日
电话:+41 43 243 98 50
http://www.welschland.com

zurichのお勧めイベント
Recommended Events in zurich
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.