bar/restaurant

マーク・カンティーンMAAG KANTINE

Photo: Nem Kienzle

Photo: Nem Kienzle

Maag Kantine is an employee cafeteria for the people working in Maag Areal, an industrial park. This park was originally established by the machine manufacturer Maag-Zahnräder AGマーク・カンティーンは、工業地帯のマーク地区で働く人々のためのカフェテリアである。この地域は、元は機械製造会社マーク・ザンダー株式会社が設立し、多くの金属工場が建設されたがが、近年では、フライターグのバッグ工場など、多くの建築またはデザイン系のオフィスが建つようになった。そのカフェテリアはなかなか見つけにくい場所にあるが、例えばフライターグの本店などがあるハードブロークの近くに居たら、訪れてみる価値はある。町の中心地から市街電車で20分くらいのところだ。

カフェテリアは、1956年に、工場労働者のためだけではなく、ビジネスのミーティングにも活用できるようにと建てられた。以来その姿勢は変わっていない。コンクリートの外見から一歩中に入ると、フローリアン・ミラーの社会派な絵画で壁全体が埋め尽くされ、ダイニングホールは、スカンジナビアのシャンデリアでほのかに照らされている。ここでは、様々な種類の人々がランチをしているのを見ることができる。ユニフォームを着たブルーカラーの労働者や、カジュアルな制服を着たクリエイティブ系の人々、またスーツ姿の人々もいる。

シェフのハンス・ロスにカフェテリアについて話を聞くことになると、鍵束を手に、施設内をガイドしてくれて、今は使用されていないたくさんのダイニングルームも見せてくれた。2階には、重厚にカーペットが敷かれた会議室がいくつか隠れており、そこは旧ソビエト連邦の議会を思わせるたたずまいである。赤いカーペットが敷き詰められた“赤い部屋”とも呼ぶべき部屋もあり、そこにはノスタルジックな風景写真や金の掛け時計が、木製の壁や棚などにかかっている。その棚の中には、きちんと磨かれたシルバーのナイフやフォーク、ワイングラスなどが並んでいる。部屋全体に置かれた数多くの四角いテーブルの周りには、かろうじて赤いクッションの木製の椅子が置かれている。しかし残念なことに、これらの部屋は現在は公開されていない。

ランチは、オフィスで働く人々に混じって列に並び、会計で注文する。タゲスメニュー(日替わりメニュー)の場合は、番号札を渡され、番号を呼ばれたりテーブルまで食事を持ってきてくれたりする。メニューは季節によって毎週変わるが、地域の特色が表れている。たとえば、9月の日替わりメニューは、クランベリーアップルソースの鹿肉のミンチ、ミネストローネスープ、シュペッツレパスタと赤キャベツ(9.5スイスフラン、スープか紅茶付き13.5スイスフラン)となっている。また、ベジタリアン・アラカルトプレート(9.5スイスフランから)や12種類から選べるサラダビュッフェ(100グラム2.4スイスフラン)などもある。これらの価格は、普通にランチを食べると18スイスフラン以上はかかるこの町では、格安である。

MAAG KANTINE
住所:Hardstrasse 219, 8005 Zurich
時間:6:00〜15:00(土・日曜定休)
TEL:+41 278 76 65

Text and Photo: Nem Kienzle
Translation: Kei Shimizu
and accommodated metal factories, but the recent tenants include the Freitag bag factory, as well as numerous architecture and design offices. The cafeteria is a bit hard to find, but it is worth a visit if you are near Hardbrücke – for example when visiting the Freitag flagship store – a 20-minutes tram ride from the city center.

The cafeteria was built in 1956 not only for factory workers, but also for business conferences, and it has not been changed ever since. Once inside the concrete facade, socialist paintings by Florian Müller cover the entire wall and the dining hall is dimly lit by Scandinavian chandeliers. Here, you encounter an interesting mix of people having lunch: blue collar workers in uniform, creative people in their casual uniform, and of course, the suits.

When asked about the cafeteria, Hans Ross, the chef, took the time to guide me through the facility with a set of keys and opened the doors to many now unused dining rooms. Hidden on the second floor of the Maag Kantine are some heavily carpeted and furnished conference rooms which seem to belong in the former Soviet Union’s parliament. In one room, which I’ll call Red Room because of red carpet, there are nostalgic scenery photos and a golden clock hanging on laminated wood wall panels and cabinets. Hidden behind the cabinet doors are finely polished silver cutlery and wine glasses. A number of square tables cover almost the entire room, and wooden chairs with red cushion are narrowly placed around it. Unfortunately, these rooms are not open to the public.

For lunch, you line up behind a row of office workers and order at the cashier. For a Tagesmenu (daily menu), you take a number and they will call your number or bring your plate to the table. The menu changes weekly, depending on the season, and offers regional flavor. For example, one Tagesmenu in September read as follows: venison sauce over minced deer meat with cranberry apple sauce, Minestrone soup, Spätzle pasta, and red cabbage. (9.50 CHF, or with soup or tea 13.50 CHF) There are also vegetarian and a la carte dishes (from 9.50 CHF) and a salad buffet with 12 different items for 2.40 CHF per 100 gr. These prices are a steal in this city, where lunch menu normally cost 18 CHF and up. After the meal, you can buy a single cigarette at the cashier and watch freight trains pass by the cafeteria window.

Open to public
Smoking permitted
Garden seating in summer
Reservation for parties and conferences welcome
(200 seating capacity)

MAAG KANTINE
Address: Hardstrasse 219, 8005 Zurich
Open: 6:00-15:00 (Closed on Saturday and Sunday)
Tel: +41 278 76 65

Text and Photo: Nem Kienzle
MAAG食堂
地址:Hardstrasse 219, 8005 Zurich
时间:6:00-15:00
休息日:星期六・星期日
电话:+41 278 76 65

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

zurichのお勧めイベント
Recommended Events in zurich
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.