others

パパブブレPapabubble

Photo: mina

Photo: mina

中野ブロードウェイを抜けた先にある、昔ながらの商店街、薬師あいロード。その一角にスペインのバルセロナに本店を構える飴専門店「パパブブレ」の2号店がある。いくつもの偶然が重なって、私たちの口の中で、香り高くジューシーなPapabubble is a candy store. Head-quoter is located in Barcelona, Spain. Their second store is located in Tokyo. You can find it in Yakushi Ai Road by going through Nakano-Broadwayパパブブレの甘い飴が溶けていくことを知るとき、なぜだろう。幸福な気持ちに包まれる。

オーナーの菅野さんは、スペイン料理の修業で留学していた際、語学学校の隣の席で後に、パパブブレ本店のオーナーになる、同じく留学していたオーストラリア出身のトミーと出会う。やがて、本店のオープンを覗きに行った時に受けた衝撃から、菅野さんはスペイン料理ではなく、飴職人の道に人生の舵を大きく切り直すことになったそうだ。楽しく作る飴職人、それを楽しそうに眺める人、美味しそうに食べる人。子供からお年寄りまでが笑顔でいられる伝統的な飴づくりと会話を大切にした対面販売に魅せられて、菅野さんは飴づくりの修行を決意したそうだ。

中野のパパブブレでも本店同様に、北欧に伝わる伝統的な飴の作り方で、飴職人によるデモンストレーションが毎日、客の目前で繰り広げられる。甘い香りが立ちこめる店内で、客は飴を試食しながらいつまででもその興味深い工程を眺めていられる。飴職人が2〜3人で160度の水飴を鉄板に流し込み、季節や湿度を計算しながら堅さを調節する。少しさましたら飴を移し、色を調合したり、飴の断面に現れるデザインやメッセージを思い描きながら形作っていく。1度に10キロ。直径15センチくらいになった飴は、引っ張られて引っ張られて、少しずつ細くて長い金太郎飴のようになっていく。鉄板上で幾度も転がし、表面のカタチを整える。そうして、最後にへらで、一口大にカットされていく。1工程が約90分。これが1日6〜7回、繰り返される。
工房とショップがひとつになった店内は、本店も手がけたバルセロナのインテリアデザイナー、ミスターボーンズによるもの。

常時、キウイ、レモン、アップルなど20〜30種のフレーバーが異なる飴が揃い、断面にはそれぞれのフルーツが描かれている。クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーなどには限定アイテムも登場。チャック付きの袋入り(450円)、瓶入り(700円〜)、ロリポップ(400円〜)の3種で展開。
おすすめは、断面にケーキやお花、ギフトボックス、“HAPPY BIRTHDAY”のメッセージが入った「バースデーミックス」と、アニスやラベンダー、ローズ、ユーカリなどのハーブ系ミックスと“THANK YOU”のロゴが入った「モーリス」。ハーブのアクセントが強すぎずに、上品な味わい。

ディーン&デルーカでもコラボレーションしたパパブブレの飴を購入することが可能だ。残念ながら、地方発送は受け付けていない。

パパブブレ
住所:東京都中野区新井1-15-13
営業時間:10:30〜21:00 / 日・祝日19:00まで(月曜定休)
TEL:03-5343-1286
http://www.papabubble.com

Text: mina
. It is worth visiting because their candies draw customer into illusion of happiness with their juicy and sophisticated fragrance in a mouth.

Sugano, a store manager of Papabubble, Tokyo, practiced his cooking skill in the restaurant in Spain. He also went to language school while he was in there. One day, he came across to a guy name Tommy who would become an owner of Papabubble. When Tommy opened Papabubble, Sugano visited opening of the store. Sugano was shocked and hypnotized by candy making. Then, he shift his career to a candy maker from a Spanish chef. He wanted to see people eating candy with faces full of smiles.

Papabubble Tokyo used Northern European candy manufacturing tradition the same as head-quoter. The interior design is also done by Mr. Bones who also deigned head-quoter interior. Candy makers demonstrate every day in front of customers. Customers are glued with curiosity by it and enjoy tasting candy samples. It takes two to three candy makers to carry starch syrup and pour into steel pan. The temperature of starch syrup is about 160°C. Candy makers adjust hardness based on humidity and temperature. Taking candies off of steel pan after cooling off, candy makers start adding designs and messages on the candy. The wight of candy is about 10 kg at this point. It gets stretched to long bar like and smoothed on surface. Then, it is cut to appropriate size. This process takes 90 mim each and is repeated six to seven times a day.

Customers have choice of 30 different flavors. Fruits are drawn in side of candies. There are also seasonal limited candy gift such as for Christmas and Valentines Day. Customers can chose from candies in zipper bag (450 yen), candies in a bottle (700 yen-) and lolipop (400 yen-). The store recommends “Happy Birthday Mix” including flowers, message drawn in the side of candy and “Morris” that is “Thank you” logo on the candy with flavor of herb mix. Dean&Deluca also sells Papabubble candy.

Papabubble
Address: 1-15-13 Arai, Nakano-ku, Tokyo
Opening Hours: 10:30-21:00 / Sunday till 19:00 (Closed on Monday)
Tel: 03-5343-1286
http://www.papabubble.com

Text: mina
Translation: Hiro Anan
Papabubble
地址:東京都中野区新井1-15-13
开放时间:10:30-21:00 / 星期日・祝日至19:00
休息日:星期一
电话:03-5343-1286
http://www.papabubble.com

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
Site design and development by Rondomark
Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.