hotel

和可菜Wakana

道幅、わずか90センチほどの石畳が迷路のように続く一角に、「和可菜」がある。表札代わりのシンプルな看板は、文字が少し擦れて、昭和29年に開業した老舗旅館の風格を物語っている。There is a long-established hotel “Wakana” which was opened in 1954 at a corner of stone pavement of Kagurazakaここは映画監督、脚本家、作家、漫画家などの執筆を半世紀にもわたって支え、日本文化に陰ながら貢献し、愛されてきた“ホン書き旅館”。江戸情緒の名残が感じられる、神楽坂という東京のへそのような場所で、最後であろう“ホン書き旅館”として存続しながら、今では空き室があれば一般客も宿泊できる小さな和風旅館だ。わび、さびを感じさせる旅館の部屋数は、わずか5室。8畳や二間続きの12畳くらいの部屋に床の間があり、窓がある。部屋の名前は『源氏物語』から「桐」「葵」などと付けられている。部屋によっては掘りごたつがあり、共通しているのはブラウン管のテレビとゴミ箱、古めかしい革張りの座椅子があるくらいだろう。気持ちいいくらいに余計なものが何もない。そして、車が通らない裏道では、都会の喧噪とは対照的に静寂に包まれている。だからこそ、多くの文人たちが雑念を払い、勉強(ホン書き)に集中することができたのだろう。かつては、女将の敏子さんが“三種の神器”とする、原稿用紙を捨てるための大きなゴミ箱、短くなりすぎない手回しの鉛筆削り、電気スタンドがどの部屋にも常備されていた。朝食は、和食の素朴な家庭料理。お風呂は開業当時からそのままだという、存在感のある共同の石風呂があり、順番に入る。女将は『宿泊の翌日、正午までに精算、退室を守ればうちは堅苦しいルールは何もないの』と笑う。

わかりづらい場所にあって、誰かと行き会えば、どちらかが道を譲らなければ先へは進めない狭い石畳。そんな石畳を足裏で感じながら歩き、「和可菜」の裸格子を引いて、少し苔むした大きな石廊下をいくつか歩み入った先に玄関がある。鼻腔の奥で覚えている、懐かしい日本の匂い。綺麗に掃除が行き届き、多くの文人が踏んだであろう飴色になった床の色合いも、季節の花が生けられているのも、来客を気持ちよく品良く迎えてくれる。海外からのお客さまには浴衣を特別にご用意し、朝食も食べやすいように和食を少しだけ、アレンジするそう。文人たちには、それぞれの嗜好を熟知した女将が臨機応変なおもてなしで、客人を出迎えてきた。時には作品の書けない苛立ちを分かち合い、時には作品が世に認められたことを共に喜びながら。そのひとつ、ひとつが真のおもてなしであったからこそ、名をあげればきりもなく、順位づけもできないほどの巨匠たちが「和可菜」を“ホン書き”の隠れ宿にしている。ここで生まれた作品は約2000本。誰もが知る日本の名作の数多くが、昔も今も「和可菜」とともにある。

ある時、火事があったそうだ。女将はパジャマにガウンという出で立ちで飛び出した。近所の料亭の女将たちは早朝の4時だというのに、着物をきちんと着て、姉さん被りに襷がけ。たくし上げた着物の裾からは、薄いピンクの長襦袢が見えたそう。こんなところにも、花柳界を守り続けてきた神楽坂の女将たちの生き様が感じられる。またある時は、文人と芸者衆が挨拶代わりのコンタクトをとるのに、先生方が下着を窓際に吊して「和可菜」への宿泊を告げたのだそう。なんだか『幸福の黄色いハンカチ』みたいだ。
ここに泊まり、そんな女将の話が聞けるだけでも記憶に残る旅になるだろう。

和可菜
住所:東京都新宿区神楽坂4-7
宿泊料:一泊朝食付き 12,000円(風呂共同)
チェックイン:応相談
チェックアウト:12:00
TEL:03-3260-3769

Text and Photo: mina

.
Supporting writings of movie directors, scriptwriters, writers, comic artists for half a century, they have been loved for long time contributing to Japanese culture from the behind. If there is a vacant room, the general visitor will have a chance for stay. Only five rooms which you could feel wabi, sabi. They prepare yukata for foreign visitors particularly, and Japanese style breakfast will be arranged a little to be easy to eat.

Wakana
Address: 4-7 Kagurazaka, Shinjyuku-ku, Tokyo
Room rate: 12,000 yen
Tel: 03-3260-3769
和可菜
地址:東京都新宿区神楽坂4-7
电话:03-3260-3769

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.