art/design

パビリオンPAVILION

Photos: Courtesy of © Smiles

Photos: Courtesy of © Smiles

A clay-oven cuisine and sake restaurant themed with “Love“ and “Art“, PAVILION has opened in Nakameguro, Tokyo, in November, 2016. Enlarge-sized art pieces and commission works created by Tatsu Nishino and Kohei Nawa are made for this project to create an unique view of the space. Concept of the interior design is the 60’s culture and post modern, thus there is an unique and exquisite view mixing the two spaces.すべての食卓を作品に、最愛なる晩餐を。「LOVE」と「ART」がテーマのコンテンポラリー・フード&リカー「PAVILION」(パビリオン)が、2016年11月、中目黒高架下にオープンした。西野達名和晃平がこのプロジェクトのために製作したコミッションワークと個性的な空間デザインは、1960年代のカルチャーと、ポストモダンがコンセプトとなっており、その2つの空間が絶妙に混ざり合うことで独特の世界観が演出されている。

店内に入るとすぐにメインダイニングの空間には、中央に一枚板の大テーブルが配置されており、上空には西野達の作品とヴェスパがぎりぎりのところで吊るされている。その奥の空間では、バーカウンター上空で名和晃平の作品が怪しい光で周囲を照らしている。壁に飾られているのはコーエン・ヤングの作品。店内を見渡すことができる個室では写真家・川島小鳥の作品が飾られている。

PAVILIONは昼と夜でエントランスが異なり、夜のエントランスから店舗の入口までは50mに及ぶ長い回廊がある。回廊には大西伸朗の「doramukan」やサカナクションの山口一郎が実際に使っていた作業机が置かれており、回廊を一歩一歩進むごとに中目黒の喧騒から離れ異空間へと導かれていく。

「食卓を彩る作品(料理)たち」として、提供される料理もとことんアートとしての価値を追求しており、「気付かぬうちに1km先から射抜かれた宮下氏の蝦夷鹿」や「野生のボリビア産カカオのガトーショコラ」「ブッラータの王様カプレーゼ」など、選び抜かれた食材を使ったユニークなメニューを堪能することができる。

また、独自の通貨「ROMAN」でしか購入できないメニューも用意されており、十数種類のワインの中から好きなものを選べるセルフワインバーや、他人のボトルキープが飲める「ラブロマン酒」など、様々なサービスをたのしむことができる。

PAVILION
住所:東京都目黒区上目黒1丁目6-10 中目黒高架下
営業時間:11:30~15:00/17:00~26:00(土曜日・祝日 11:30~26:00、日曜日 23:00まで)
※日曜・祝日は日によって変動、L.O.は閉店時間の30分前まで
TEL:03-6416-5868
http://www.pavilion-tokyo.com

Text: Kengo Michizoe
As soon as you enter the restaurant, we see a Vespa hanging from the out-sized art piece by Tatsu Nishino on a large single-board table in a confession room. In the space behind the confession room, there is a bar counter and mysterious light come from the art piece by Kohei Nawa. “Study for a Mirror #4” created by Coen Young exhibits on the wall and becomes an ambiguous reflection of space. In a private room that can overlook the inside of the store, it is decorated by a photographer Kawashima Kotori’s work.

PAVILION has a different entrance day and night, and there is a long corridor that extends 50m from the night entrance to the entrance of the store. In the corridor, there is a work desk that is Shinro Onishi’s “Doramukan” and it’s Sakanaction‘s Ichiro Yamaguchi actually used desk. Since we walk through the corridor step by step, it is led to a different space apart from the noise of Nakameguro.

The dishes offered are pursuing for the art value at the same time. “Uncommon oven-fired meat dishes to ignite the heart”, “Gateau Chocolate with Amazon Wild Cacao” and “King’s Caprese with Burrata”… You can enjoy an unique menu using selected ingredients. Their producers are no longer artists.

In addition, there is unique service such as purchasing only with their own currency “ROMAN”. At the self wine bar, you can choose among ten kinds of wine, such as “Loveroman liquor” that others can drink and keep by bottle.

PAVILION
Address: Nakameguro Koukashita, 1-6-10 Kami-meguro, Meguro-ku, Tokyo
Opening hours: 11:30 – 15:00 / 17:00 – 26:00 (Saturday 11:30 – 26:00, Sunday till 23:00)
*Last order till 30 min before close time)
Tel: 03-6416-5868
http://www.pavilion-tokyo.com

Text: Kengo Michizoe
Translation: Peggy Yumei Lee

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.