• SERENDIPITY BAR
    bar/restaurant

    セレンディピティ・バーSERENDIPITY BAR

    © SERENDIPITY BAR

    In late March 2010, SERENDIPITY BAR, inspired by the fairytale of the “Three Princes of Serendip,” opened in Roppongi. Designed after speakeasies during the Prohibition era, the bar entrance opens only when spoken through an intercom「セレンディップの3人の王子」という童話からインスピレーションを得たという「SERENDIPITY BAR」が、2010年3月下旬六本木にオープンした。禁酒法時代のスピークイージーと呼ばれる潜り酒場をイメージしたというバー

  • ARBOL
    bar/restaurant

    アルボールARBOL

    © ARBOL

    To take root in Kagurazaka. With this sentiment incorporated into its name, “ARBOL” — the Spanish word for “arbor” — is a unique, naturally styled restaurant in a residential house神楽坂に根付くように。そんな思いが込められたスペイン語の “樹” を意味する「ARBOL」(アルボール)は、一軒家のユニークな自然派レストランだ。神楽坂の風情を感じさせる細い石畳、兵庫横丁の階段を降りた先にある、ホン書き旅館で有名な「和可菜」の手前

  • Agata Takezawa Bld.
    art/design

    アガタ竹澤ビルAgata Takezawa Bld.

    gallery αM, 2009 © Photo: Tadasu Yamamoto

    Tucked away in the neighbourhood of Bakurocho, the east side of Tokyo known as the place for CET, and filled with countless textile wholesalers packed side by side, a colourful, quirky building called ‘Agata Takezawa’CET (セントラル・イースト・トーキョー)でも話題のイーストサイド。繊維系卸問屋が数多く軒を連ねる馬喰町界隈に、コンテンポラリー・アート・ギャラリーや個性的なショップ、クリエイターのアトリエなどが数多く入居

  • BAR12
    bar/restaurant

    バー・トゥエルブBAR12

    © BAR12

    Good news for people who have graduated from frivolous party scenes and now place a high value on nice dialogue with friends in a relaxed but refined environment異性よりも、同性との語らいが再び楽しくなってきた大人の男性に朗報だ。創業して今年で310年という由緒ある酒屋・橋和屋跡地に、男同士が全ての重責から解放されリラックスしてお酒を飲めるような、バーに通うことが日常的な行為になりうるような場所が誕生した

  • Velours
    bar/restaurant

    ベロアVelours

    © Velours

    Velours is a well-known club for its gorgeous antique Baccarat chandelier from the 19th century and long catwalk. As one of the most popular club, it gives us a nice place to experience trendy Tokyo19世紀のアンティーク・バカラの豪華シャンデリアとキャットウォークが印象的な大人の社交場、「Velours」(ベロア)。東京の今を体感できるラウンジカルチャー、パーティカルチャーの拠点として、ファッションやアート、食と音楽

  • Kita Aoyama Salon
    bar/restaurant

    北青山サロンKita Aoyama Salon

    Photo: © Kozo Takayama

    Tokyo is one of the most exciting cities in the world. Although Kita Aoyama Salon is situated in a building that contains landmark cafes of Gaienmae Station like “sign” and “OFFICE世界でも刺激的な都市のひとつと言われる東京。「北青山サロン」は外苑前のランドマーク的なカフェ、「sign」や「OFFICE」と同じビルにありながら、まだまだその存在は一部の人のものであるように思う。看板はなく、地下に続く閉ざされた扉

  • (marunouchi) HOUSE
    bar/restaurant

    丸の内ハウス(marunouchi) HOUSE

    © (marunouchi) HOUSE

    Produced by Uichi Yamamoto and designed its shared space by Ichiro Katami, (marunouchi) HOUSE is a new spot created for adults to offer a comfortable space in the business district of Marunouchi丸の内周辺は、すっかり洗練された大人の街に変貌を遂げつつある。そして、そんな丸の内を仕掛けたのが、プロデューサーの山本宇一氏だ。共用スペースのデザインは形見一郎

  • HIGASHIYA GINZA
    bar/restaurant

    ヒガシヤ ギンザHIGASHIYA GINZA

    Photo: Kunihiko Nobusawa

    Popular in its new style of wagashi (Japanese style sweets) and tea house using traditional production process, HIGASHIYA opened a new type of Japanese tea salon “HIGASHIYA GINZA”日本各地より厳選したこだわりの茶葉やオリジナルの器、四季折々の贈答品など、伝統的な製法・技術を継承しながらも、まったく新しい和菓子と茶房が人気の「HIGASHIYA」が、2009年秋、銀座という老舗の街に

12345
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.