art/design

ヴァカントVacant

© NO IDEA / Vacant

© NO IDEA / Vacant

This space was named as ‘Vacant’ after the empty quiet room with which it began. The team of creators, ‘No Idea’, originally just two people, opened up the store in Harajuku, Tokyoがらんとした空間から始まったことから「VACANT」(空の)と名付けられたスペース「ヴァカント」。結成当初は2人だけだったクリエイターチーム「NO IDEA」が東京の原宿ではじめたこのお店は、いい意味で何でもありなスペースだった。「空っぽの空間に、使う人が色をつけてくれればいい」そんな半ば実験的なコンセプトでスタートして3年、ヴァカントはレンタルスペースとして、カフェとして、文化発信基地として、クリエイターやミュージシャンたちに利用されてきた。カフェのメニューは不定期で、イスと机はイベントに合わせてすぐに模様替えできるように、折りたたみ式。外国の農家のストレージのような、ラフな印象を残す店内。そんなちょっとアウトサイダー感のあるところがヴァカントの魅力でもあり、以前はどことなく、移動を繰り返しながら生活をいとなんでいく開拓者の住居のような印象を与えていた。あまりひと所に根付かないように、いつでも旅に出れるように。

ところが2012年1月13日、リニューアルオープンしたヴァカントは、ぐっと落ち着きを増し、新しい空気を迎え入れていた。それはまるで、開拓者から定住者へと様変わりしたようだった。ヴァカントのカラーが定着しはじめてきたところへ持ってきて、今リニューアルをした思惑とは?スタッフの佐々木さんに尋ねると、『オープン以来、ヴァカントというプレーンな箱で色んなことを試しては見守ってきたのですが、これからはもっとヴァカントとしての色を出していきたい、この場所に定着していきたい、という方向性に絞ったのです。』と教えてくれた。

内装は、NO IDEAメンバーの1人が手掛ける、空間プロデュースレーベル「DAIKEI MILLS」(ダイケイ・ミルズ) によるもの。驚かされたのは、今回のリニューアルのために造られたテーブルとレジカウンター。ダイケイミルズの手掛けた空間は「UTRECHT」や「ROCKET」でも目にしていたが、今回の空間と家具は、いつものとはカラーが違う。以前はプレーンな木材を使用するのが特徴的だったように見えたが、今回はぐっと落ち着いた色を施し、重量感が増している。特に背の高いレジカウンターは、アメリカのシェーカー村のキッチンにでもありそうな、味のある風合いに仕上がっている。

ショップスペースでは、国内雑貨の取り扱いが増えた。バイヤーが今リアリティを感じる「心を豊かにしてくれる」ような雑貨を取り入れていったら、自然と国内ものが多くなったそう。「HASAMI」(はさみ) の陶器や 「SyuRo」(しゅろ) の金・銀・銅の雑貨、「FUTAGAMI」(ふたがみ) の真鍮製品など、日本の工芸を生かしたシンプルなデザインのプロダクトが揃う。

店内の奥には鉄の壁が打ち付けられており、この壁はなんと、黒板としても機能するそう。嬉しいのは、カフェスペースを食事だけでなく、打ち合わせや読書などにもどんどん利用して欲しい、というお店のスタンス。Wi-Fiのサービスも提供してくれている。

メニューもリニューアルされ、日替わりの料理人が手掛けるベジタリアン料理、デリプレート(850円〜)やデリ(300円)がレギュラーで食べられるようになった。テイクアウトできる「TRE FLIP」(トレフリップ) のベーグルもおすすめ。重すぎない独特の歯ごたえは、ベーグルマニアならぜひ一度試してみて欲しい。

また2階は、エキシビジョンやイベントなどを開催するフリースペースになっている。以前からシアタープロダクツや写真家の三好耕三さん、石川直樹さんなど、多彩なクリエイターとタッグを組んでイベントを展開してきたが、今後も引き続き面白い企画が期待ができそう。

リニューアルオープンをへて、すっかり風通しのいい空間に生まれ変わったヴァカント。フレッシュな空気に溢れているのは、制服が導入されたせいもあるのかもしれない。「niuhans」(ニュアンス)デザインのワイシャツは、濃紺のカラーでスタッフの気持ちを清々しくするのに一役買っていそうだ。

より完成度の高い空間に生まれ変わった今となっては、「VACANT」という名は当初の名残りでしかない。でも、以前にも増してぐっと間口が広くなり、「どうぞ、空いていますよ」と言って迎えてくれるような雰囲気は、その本来の意味の進化した形のようで素敵だ。

Vacant(ヴァカント)
住所:東京都渋谷区神宮前3-20-13
営業時間:12:00〜20:00(月曜定休)
TEL:03-6459-2962
http://www.vacant.vc

Text and photos: Yu Miyakoshi
. This store, which has a rental space, café and shop, is pretty much open to anything. “People who use this place can make the empty space interesting” was the trial concept when this place opened. It has been three years and photographer Kozo Miyoshi has used the place for an exhibit, Naoki Ishikawa has done a panel, among many other talented artists who have been utilized the store. In January 2012, Vacant finished remodeling and reopened the store.

The interior decoration was done by Daikei Mills, a design group specializing in spatial design, owned by one of No Idea’s members. A register counter, decorated like the one at Shaker Village in the United States, and a solid café table were created by the organization, with admirably good craftsmanship.

The atmosphere inside the newly remodeled café space is now more relaxed than before, inviting people to not only dine but also to have a meeting or even just to read. Free Wi-Fi is also available.

The menu at the café has also been changed and vegetarian menus are available every day. A different chef comes up with a new menu everyday, providing a daily deli plate (850yen and up) and side dishes (300yen each) to customers. The chefs are very selective about the areas from where their vegetables are produced. This is very attractive to vegetarians who are in search of vegetarian food and people who have accepted a new value towards food. Bagels from Tre Flip can be ordered to-go and are also highly recommended. The bagels’ unique texture will make people go crazy for them.

The space facing into the entrance is used as a gallery, and new art gets installed every month by different artists. New art books and zines arrive according to theme of the installation, which is pretty awesome.

There are a good amount of people who come to Vacant to browse through the books. ‘Twelvebooks’ is an independent book label which only sells books that the staff really care about. Therefore, there might not be a large volume of books but customers will likely discover a book of interest here. In detail, they carry books the type of books that are very interesting now, but will be more interesting in future. This is the magic of the store.

The shopping space carries domestic goods carefully handpicked by the buyers with the theme of ‘enrich your heart’. The store carries products that are simple and detailed with Japanese traditional arts, such as ceramics from Hasami, gold, silver and copper zakka from SyuRo, and brass products from Futagami.

The second floor is a free space open to hold exhibits and events. They have teamed up with creators and held many of interesting events, and more will be coming. More information about the schedule can be found on their official website.

Vacant has returned more complete than before. The facade is now more noticeable and welcoming to all. The big open space provides big opportunities at Vacant.  Quite an attractive way of reshaping the original meaning of ‘vacant.’

Vacant
Address: 3-20-13 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
Opening Hours: 12:00-20:00 (Closed on Monday)
Tel: 03-6459-2962
http://www.vacant.vc

Text: Yu Miyakoshi
Translation: Yumico Miyagawa

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.