art/design

ミヅマ・アート・ギャラリーMizuma Art Gallery

© ai yamaguchi・ninyu works, Photo: Kei Miyajima, Courtesy Mizuma Art Gallery

© ai yamaguchi・ninyu works, Photo: Kei Miyajima, Courtesy Mizuma Art Gallery

Much like contemporary art, Mizuma Art Gallery never stays in one place: it constantly renews itself, exposing itself to new environments and situations, always adapting to the changing times現代アートがそうであるように、ひとつの場所に止まることのないミヅマ・アート・ギャラリーは、新しい環境に足を踏み入れ、世の中の移り変わりに適応していくことで、常に自らを改革し続けているギャラリーだ。

1994年に三潴末雄(みつま・すえお)氏により設立されたミヅマ・アート・ギャラリーは、青山(1994~2002年)、中目黒(2002年から2009年)、そして市ヶ谷田町(2009年~現在)を拠点に、常に東京のアートシーンの中心的存在となっている。会田誠、山口晃、鴻池朋子、ジュン・グエン=ハツシバなど、国内外の多様なアーティストが所属している。

ギャラリーのアーティスト達は、伝統的な日本のアートスタイルと現代のトレンド間に存在する絶えない緊張あるものに挑んでいるように見える。ミヅマ・アート・ギャラリーは、そんな作家の作品を受け入れるべくユニークな場所を立ち上げる上で、単なる現代アートの受け皿としてではなく、アート・バーゼル・マイアミビーチをはじめとする国内外のアートフェアにも参加している。

ミヅマ・アート・ギャラリーの雰囲気は圧迫感がなく、アーティストと観客が空間を共有できる場所を提供している。代表的な展覧会に、ジム・ランビー「P.I.L.」(2004年)、棚田康司展「結ぶ少女」(2009年)、山口藍展 「きゆ」(2010年)などがある。これらからもアートに対して古いしきたりを持たず、創造性や独創性をとても大切にしているのが分かる。

このようなアーティストを抑圧しないという考えは、新進若手アーティストの発展を目指すブランチギャラリー「ミヅマ・アクション」でも展開されている。2005年にスタートしたミヅマ・アクションは、以前ミヅマ・アート・ギャラリーのあった中目黒のビルの2階にオープンし、若手アーティストにフォーカスしている。海外初のブランチギャラリーとして2008年に中国・北京に「ミヅマ&ワン」、2012年にはシンガポールに「ミズマ・ギャラリー」をオープン。アジアのアーティストやアートバイヤーに対応している。

Mizuma Art Gallery
住所:東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
開館時間:11:00〜19:00(日・月・祝日休廊)
TEL:03-3268-2500
http://www.mizuma-art.co.jp

Text: Alicia Tan
Translation: Mariko Takei
. Founded in 1994 by Mizuma Sueo, the gallery has always been in the centre of Tokyo’s art scene, having curated galleries in Aoyama (1994-2002), Nakameguro (2002-2009) and now Ichigaya-Tamachi (2009 – current). It prides itself on being unique, counting amongst their diverse pool of Japanese and international artists, Aida Makoto, Yamaguchi Ai Konoike Tomoko and Jun Nguyen-Hatsushiba.

As a possible nod to its focus on change, Mizuma Art Gallery’s artists seem to frequently deal with the constant tension between traditional Japanese styles of art with contemporary trends. In setting up a unique space for such discourse, it is clear that the gallery is not satisfied with merely being a recipient of contemporary art: Mizuma Art Gallery has been an active participant in local and international art fairs, and was invited to participate in the prestigious ART BASEL in Miami.

The atmosphere in Mizuma Art Gallery is never oppressive and seeks to provide a place where both artist and audience can coincide. Notable exhibitions include Jim Lambie’s “P.I.L.” (2004) , Tanada Koji’s “girl tying” (2009), and Yamaguchi Ai’s “kiyu” (2010). There is none of that old school condescension and “pooh pooh-ing” on art that might otherwise seem odd. Creativity and individuality always comes first, and walking through the gallery, it is easy to lose yourself in the flux of each artist’s work.

This ethic of never stifling artists is carried on in their branch-gallery dedicated to promoting young and upcoming artists. Mizuma Action, as it’s called, was first created in 2005 and now occupies the second floor of their old Nakameguro premises. Mizuma Action picks up where Mizuma Art Gallery has left off, taking action on young and independent artists who might otherwise fall through the cracks. Their first overseas branch Mizuma & One located in Beijing, China was founded in 2008, “Mizuma Gallery” in Singapore, 2012 and caters to Asian artists and art-buyers.

Mizuma Art Gallery
Address: 2F Kagura Building, 3-13 Ichigayata-machi Shinjuku-ku, Tokyo
Opening Hours: 11:00 – 19:00
Closed on Sundays, Mondays, and National Holidays
Tel: 03-3268-2500
http://www.mizuma-art.co.jp


Text: Alicia Tan
Mizuma Art Gallery(三潴艺术画廊)
地址:东京都新宿区市谷田町3-13 2F
开放时间:11:00-19:00
休息日:星期日・祝日・星期一
电话:03-3268-2500
http://www.mizuma-art.co.jp

近くの施設の記事WITHIN WALKING DISTANCE

tokyoのお勧めイベント
Recommended Events in tokyo
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2017 Shift Japan. All Rights Reserved.