insider

イザベル・ウェンIsabelle Wen

©  Isabelle Wen

© Isabelle Wen

Isabelle Wen is a fashion brand that has also embodied activism in Taiwan for more than 20 years. It is well known for being at the heart of the current trends there20年以上もファッションデザイナーとして台湾で活動するイザベル・ウェン(温慶珠)。彼女のブランドは台湾でひときわ異彩を放っている。一流の洋服を探す人々や多くの旅行者が彼女の店を探してやってくるという。彼女は現在ファッションブランドだけでなく、レストランやバーも開き、彼女の世界観を表現し続けている。


自己紹介をお願いします。

「イザベル・ウェン」という自分の名前を使った洋服のブランドを20歳の時に立ち上げました。そのとき台湾では誰も自分でアパレルブランドを立ち上げる人がいなかったので、ブランドを立ち上げたことはとても幸運だったと思います。そして、2008年に私のニックネーム“FiFi(フィフィ)”使って「FiFi常玉廰」というレストランを開きました。私の人生において衣食住、そして旅などすべてが、美しいものなのです。ですから、本物で、すばらしく、美しさを重要視したものをみなさんに提供したいと思っています。そしてそれが私の使命だと強く思っています。


なぜファッションに興味をもったのですか?

実は私は大学で勉強したのはツーリズムでファッションが専攻ではありませんでした。私はアカデミックな人間ではなかったので、大学を卒業するとすぐに仕事をしようと思いました。私はギャラリーとテレビ、フィルム関係の仕事をしました。しかし、私のキャリアは中興百貨店のビジュアル・マーチャンダイザーの仕事を得たときに変わりました。その時、400人の応募者の中からたった4人だけが採用される中、私が最終候補での一人だったことはとてもラッキーだったと思います。そこで働いている間に、私はファッションの枠組みをより明確に身につけ始めました。実際に商品開発もしていて、そこで一枚の布がどのように完全な衣類になるのかを理解する機会となりました。


ファッション業界でのキャリアはどうはじまったのですか?

父が亡くなったときに、家族と自分自身の経済をどうやって支えていこうか考えていました。一枚の布を使ってどんな洋服に変えるかという事が、私がよく知っている私の一番の才能だと思いました。ですから、母が私たちの家を売り、ビジネスを始めるためにいくらかの資金をもらい、自身のアパレルブランドをディーファ通り(迪化街)にスタートしました。ディーファ通りは台北の中国の食料品や布製品を扱う貿易の中心地でした。


デザインのインスピレーションはどこから得ていますか?

旅はインスピレーションを受けるのにいい方法だと個人的に思います。旅行中は今まで出会ったことのないであろう、さまざまな文化を体験でき、異なった美しいものに出会うことができます。私が経験したそれらすべてのことが、私の知識を高め、クリエイティブな仕事に新しい方向性を見いだしてくれます。しかし、心を打つ映画または歌も私に時々、他のクリエイティブなインスピレーションのくれることがあります。また私が慕っているアーティストからもインスピレーションを受けています。さまざまな生地を選びデザインし、それらの抽象的な感覚を洋服に変えます。抽象的なアイディアを具体的な形にすることはとても楽しいです。


台湾にいることがあなたの仕事に反映されていると思いますか?

私は台湾のデザイナーですが、台湾だけの要素を使うというこだわりはありません。旅行へよく行く事や、私の家族がみな海外にいることからも、私のデザインは、世界的な視点を持ち、国際的です。多くの場合、音楽の一部や、ある場合の感覚など、映画から得た想像力をデザインのインスピレーションに使用します。
私自身が100%台湾人(私は台湾で生まれ、育ちました)であるという考えが私の仕事に反映していて、誇りをもって私の仕事とデザインは母国からのものと言う事ができます。私と同じように美を崇拝し、理解している世界中のすべての女性が、私のデザインを選び愛してくれることが私の願いです。


台北でおすすめの場所はありますか?

現代風中華料理を味わえる「常玉廰」、高級でカジュアル料理が楽しめる「カーキ・ビストロバー」、ショッピングのためには「FiFiマーケット」をもちろんおすすめします。
フィフィ・レストランは仁愛通りにあり、イザベル・ウェンのアパレルブランドとおしゃれなダイニングとナイトライフが楽しめる3階立てのビルにあります。1階はファッションブティックの「FiFiマーケット」があり、最新のブランドコレクションを見つけることができます。その隣には西洋風の国際色豊かな料理を提供する「カーキ・ビストロバー」があります。2階には華やかな雰囲気の中で伝統的な中華料理を試せるモダンな上海レストラン「常玉廰」があります。そして最上階には、西洋と東洋のスタイルが合わさったユニークなラウンジの「Wラウンジバー」。そこでも台湾料理が食べられます。台北で最新のファッションとカルチャーを味わいたいすべての人が訪ずれるべき場所がフィフィです。フィフィは都会のおしゃれで国際的な人々のためのサロンのような役割を果たしています。


今後の予定を教えて下さい。

洋服だけでなく他の物も取り扱って、私のユニークなライフスタイルを完全に表現するコンセプトストアをオープンする予定です。理想を言えば、私たちのブランドの魅力を反映させた、美しくそしてとてもユニークな独立したスペースを見つけたいです。しかし、残念なことに台北では私たちの条件を満たした場所を探すのはとても難しいです。ですから、私たちはまだ場所を探し続けています。海外市場に関しては、このようなコンセプトストアを近い将来上海にオープンできればいいなと思っています。


Text: Tomomi Sakuma
. Serious shoppers and tourists take the trouble to seek out her store. She has also pursued and expanded the diversification of her brand to a cafe, restaurants and a bar.


Please tell us about yourself.

I founded my clothing brand when I was 20 years old, which was a beautiful accident. I used my name “Isabelle Wen” to be the brand name. I was lucky in a way, because in Taiwan at that time, there was not anyone building their own apparel brand. In 2008, I used my nickname “FiFi” to open a fashion restaurant called “FiFi contemporary Chinese Cuisine”. In short, in my life, everything is beautiful to me — food, clothing, living and travel. Thus, I want to create an emphasis on the attitude of trueness, good and beauty to everyone and I am certain that is my career mission.


What got you into fashion?

Actually, I did not study fashion at university. Instead, my major was tourism. As I was never an academic person, I was eager to get a job as soon as I graduated. I had worked for a gallery and in film/TV. However, my career path was changed when I got the job of being a visual merchandiser for the Sunrise department store. I was very lucky, since they only wanted to hire four people out of the 400 applicants, and I was one of the final candidates. I started to develop a clearer framework of fashion while I was working there. In fact, I was doing product development as well, which granted me the opportunity to understand how a piece of cloth becomes a complete article of clothing. 


How did you start your career in fashion?

When my father passed away, I was concerned about how to make money to support my family and myself. My biggest talent, what I knew best, is how to use a piece of fabric and turn it into clothing. Thus, I started to build my own apparel business on Dihua Street after my mother sold our house and gave me some funds to start my business. Dihua Street was a major trading center for Chinese groceries and fabrics in Taipei.  


Where do you get inspiration for your design?

Personally, I think travel is a good way for acquiring inspiration. While traveling, I could experience variety of cultures and encounter different beautiful things, which I might never have met before. All of the things I experienced enhance my knowledge, and provide me with a new direction in my creation work. However, sometimes, even a film or a song that touches my heart could be another source of creative inspiration as well. And, the artists who I admire also inspire me. I turn these abstract feeling into different clothing by selecting and designing different fabrics. I quite enjoy turning an abstract idea into something tangible.


Do you think being in Taiwan is reflected in your work?

Being a Taiwanese designer, I don’t limit myself to using only Taiwanese elements. My designs are international with a global perspective, as I tend to travel a lot and my family is all abroad. Most of time, I use imagination gleaned from film, a section of music or just a type of feeling to find inspiration for my designs. Taiwan is reflected in my work in the sense that I consider myself 100% Taiwanese (I was born and raised in Taiwan), and I could proudly say that my works and designs are from my native country. But at the same time, my hope is that every woman around the globe who worships and appreciates beauty like I do could love and adopt my designs!


Do you have any recommended places in Taipei?

I’d definitely recommend FiFi Sanyu for contemporary Chinese cuisine, Khaki Bistro Bar for upscale casual fare, and FiFi’s market for shopping.
FiFi Restaurant is located on Ren’ai Rd, and it’s part of a three-floor building that mixes the Isabelle Wen apparel brand with fashionable dining and nightlife. On the first floor is a fashion boutique, “FiFi’s Market,” where shoppers can find our latest collections; Next to it is “Khaki Bistro Bar,” which offers Western style ambience with international cuisine. On the second floor, there is a modern Shanghainese restaurant where you can sample traditional Chinese cuisine in a glamorous setting. Finally, on the top level is W Lounge Bar, a unique lounge (which also serves Taiwanese fare) that combines the styles of East and West.  All in all, FiFi is a must-visit for anyone who wants to experience the forefront fashion culture in Taipei. It serves as kind of social house for the fashionable and international crowd in the city.


What are your future plans?

I am planning on opening a concept store that represents completely my unique lifestyle, branching out into more than just clothing. Ideally, I’d like to find a beautiful and very unique stand-alone space to reflect the personality of our brand, but unfortunately, it’s quite hard to find a perfect place that matches our demands in Taipei. Thus, we are still looking. In terms of the overseas market, we hope that we can open this kind of concept store in Shanghai in the near future.

Text: Tomomi Sakuma

taipeiのお勧めイベント
Recommended Events in taipei
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.