insider

ヴァールVÅR

VÅR Photo: © Victor Moreno

VÅR Photo: © Victor Moreno

Design, and in particular art, is hard to qualify, as its meaning and interpretation can be quite different from one person to another. Perhaps the main aspect to judge is simply the character of the piece itself. The Stockholm-based studio Vår isデザインや特にアートのその意味や解釈は、人によって様々ゆえに限定するのは難しい。おそらく、判断するのに重要なことは、単純に作品そのものが持っている性質だろう。ストックホルムを拠点に活躍するヴァール(VÅR)は、技術やスタイルのある個性的な表現を広く展開している。ファッションレーベルの「チープマンデー」や「アムネスティ・インターナショナル」のキャンペーンを手がけている、カールとビョルンの作品に馴染みのある人も多いはず。


ヴァールがスタートした経緯を教えてください。また、メンバーは何人ですか?

ヴァールは、カール(Karl Grandin)とビョルン(Björn Atldax)の2人組です。まだ美術学校で他のデザイナーのアシスタントをしていた1996年から実験的なコラボレーションを始め、その時から様々なプロジェクトを一緒に手掛けています。2004年には、数人の友人も一緒にファッションレーベルの「チープマンデー」をスタートし、4年間ブランド全体のグラフィックを担当しました。現在は、ストックホルムの北側にあるスタジオをシェアし、商業的な仕事から個人的なプロジェクトまでそこで制作をしています。


北欧の視覚コミュニケーションをどう思いますか?

それは、良くも悪くも言えることが幅広くありますね。面白いコミュニケーションもあるし、そうでないのもある。スウェーデンの多くの“コミュニケーション”と言えば、残念ながら、でも明らかに、広告です。スウェーデンには何人か面白いクリエイターがいますが、ほとんどのデザイナーやアーティストは、生活を支えるために商業的な仕事に頼っているのが現状です。そのことから、デザイン学校では、学生に何か新しいことを試させたりするよりは、市場により近いところに関わることを教えているようですね。でも、様々な芸術分野の境界を縁取る輪郭は、ぼやけ始めている。だから、未来は明るいですね!数年に渡り、僕たちは時に一緒に、時に別々に行動しながら、東京、ニューヨーク、アムステルダムと、数都市で生活や仕事を経験してきました。ストックホルムは、現在の僕たちにはとても素敵な場所ですが、多かれ少なかれこの場所とは無関係な仕事をしてると思います。


どのように仕事をしていますか?

大体、僕たちは、クライアントの為に仕事をするというよりは、クライアントと一緒に仕事を楽しんでいます。例えば、毎年、リッシュというバーで夏に開催されるイベントのポスターをデザインしています。リッシュは僕たちのお気に入りのストックホルムにあるレストランです。その場所自体が刺激的で、そこのスタッフとも仲良しです。彼らは僕たちに全てを任せてくれます。作るのは40部という少ロットなので、フォーマットや、素材、印刷テクニックなど、いろいろと実験しています。


ストックホルムでお気に入りの場所を教えてください。

スコーグスシュルコゴーデン – ストックホルムは季節により様子が一変します。スコーグスシュルコゴーデンは、ストックホルムの南にある広大な森の墓地で、年中無休でマジカルな場所をオープンしています。

エンバルゴ – ホーンスチュールにあるお気に入りのバーです。見た目はあまり素敵じゃないかもしれないけど、マッタリできてとてもフレンドリーな場所です。隣のオーストリア料理のレンストランと厨房をシェアしているので、ヴァイスビアと一緒にプレッツェルやキュウリのサラダを楽しむこともできます。

リッシュ – 市の東にあるレストラン。特筆すべきは、そこにあるバー「リラ・バーレン」。ストックホルムで最高のDJと最高のドリンク、面白い展覧会(バーなのに楽しい作品を展開しています)、ライブ、人が集結している場所です。トイレにあるヴァールの壁画「’Garden
of Earthly Delights」も必見です。

ブラック・マーケット – ファッションで注目を集め始めているストックホルムだけど、「ブラック・マーケット」は、オリジナルなことを展開してる数少ないショップのひとつ。ハイファッションと気鋭のブランドとシャープなストリートウェアを展開している。


Vår
住所:Woo Agentur AB, Hökens gata 8, 116 46 Stockholm, Sweden
TEL:+46 (0)8 6402305
http://www.vaar.se


Text and photo: Victor Moreno
Translation: Mariko Takei
a vast expression of individualism amongst technique and style. Perhaps the work of Karl and Björn is familiar to you since they have been responsible for the Cheap Monday label or their work with Amnesty International campaigns.


When did you start and how many people is involved with the studio?

Vår is Karl Grandin and Björn Atldax. We joined forces in 1996, while still in art school and doing assistant work for other designers, as a platform for experimental collaborations and have been working on a very wide variety of projects together since. In 2004 we started the clothing label Cheap Monday together with some friends and were responsible for the brand’s complete graphic expression for four years. Today we share a studio in the north side of Stockholm and divide our time between personal and commercial art projects.


How is in your opinion the visual communication landscape in Scandinavia?

It’s a vast term, there’s good stuff and there’s bad stuff as there’s interesting and uninteresting communication. A lot of the ‘communication’ in Sweden is, unfortunately but evidently, about advertising. There are several interesting creators in Sweden but most designers and artists are dependent on commercial work to make a living. Because of this, the design schools seem to be very close to the market rather than encouraging the students to really experiment and try out new ground. But it seems like the boundaries between the different disciplines of art are beginning to blur so there’s a bright future ahead! Over the years we have lived and worked in several different cities, like Tokyo, New York and Amsterdam, both together and apart. Stockholm is a good place for us right now but we think the type of work we do is more or less independent of where we are.


How do you work with clients?

Generally, we find it more interesting to work with clients, rather than working for them. Every year we design a poster to promote special summer events in the bar at Riche, one of our favourite restaurants in Stockholm. The place itself is inspiring and we have great relationship with the staff. Since they give us complete creative freedom and we only print about 40 copies, we have the opportunity to experiment with the format, material and printing technique.


Is any place in the city that you love to go?

Skogskyrkogården – Stockholm changes a lot with the seasons, in the summer the city becomes a place very different from what it is in the winter time. Skogskyrkogården, a huge woodland cemetary in the south of Stockholm, is open every day magical all the year round.

Mbargo – My favourite bar in Hornstull, in the south part of the city. Not the best looking place in town but very laid back and friendly. They share kitchen with the Austrian restaurant next door so you can even have some pretzels and cucumber salad with your weißbier.

Riche – A restaurant in the east part of the city. Especially worth mentioning for their smaller bar section, Lilla Baren, with some of Stockholm’s best DJs, some of Stockholm’s best drinks, interestig exhibitions (for real, the art is good even though it’s in a bar!), live performances and loads of people. Don’t miss the Vår mural ‘Garden of Earthly Delights’ in one of the bathrooms.

Black Market – Stockholm is becoming a great city for shopping fashion but Black Market is one of the few shops that are really doing their own thing. Nice mix of high fashion, experiental brands and sharp streetwear.


Vår
address:Woo Agentur AB, Hökens gata 8, 116 46 Stockholm, Sweden
Tel: +46 (0)8 6402305
http://www.vaar.se


Text and photo: Victor Moreno
Vår
地址:Woo Agentur AB, Hökens gata 8, 116 46 Stockholm, Sweden
电话:+46 (0)8 6402305
http://www.vaar.se

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.