insider

ローランド・ヨルトRoland Hjort

© Victor Moreno

Roland is a considerate guy with many years of experience within the fashion arena. As founder and head designer of Whyred, he contributes to the Swedish fashion hit machine with, yet straight forms and sharp looks, a twist to the unexpectedローランド・ヨルトはファッション界で長いキャリアを持つ物腰柔らかな人物だ。タイムレスなスタイルに、キュビズム、ビートニク・ムーブメント、モッズ・ジェネレーション、そしてポップカルチャーを織り込む斬新な視点と、まっすぐで真摯な姿勢を合わせ持ち、ブランド創始者、そしてヘッドデザイナーとして、スウェーデンファッション界のヒットメーカー、「ワイレッド」の成功に関わっている。
ローランドは、ブランドのインスピレーションとして欠かせない、アートや音楽との距離を密接に保っており、ワイレッド・アート・プロジェクトは、その距離をさらに縮めることを目的としている。
ワイレッドは、その揺るぎない価値観と、新しいあり方を求める熱い想いを通して、過去10年間のヨーロッパファッションの最も革新的な側面を表していると言える。より掘り下げた質問をローランドに投げかけてみた。


フランスやイギリス出身の他のデザイナーと比べてご自身をどのように捉えていますか?

一般的に、スウェーデンのブランドは、ヨーロッパにおいて独自性を出しやすい、北欧特有の簡潔さとカジュアルさを備えていると思います。ワイレッドでは、より質の高い経験を求めて、イヴ・サン=ローランバレンシアガジル・サンダーのような、より国際的なブランドを意識したアイデンティティーの確立を目指しています。現在私たちは、ヨーロッパにおいて成長を続けていますが、同時に、国際的な市場から注目され、北欧ブランドというよりも国際的なブランドとして比較されるようになることを望んでいます。


デザイナーとして影響を受けた人物はいますか?

シンプルなブーツ、ミリタリー系のニットとパーカを仕立てのいいシャープなスーツでまとめ、独自のモッズ哲学を表現するポール・ウェラー。ストリート・スマート・クラシックにモダンさが融合したデヴィッド・ボウイとルー・リード。それから、いつもシャープな着こなしのアラン・ドロンには影響を受けましたね。女性ではジェニファー・コネリー、ソフィア・コッポラ、ビアンカ・ジャガー、より男性的なティルダ・スウィントンやパティ・スミスがいます。


ストックホルムの楽しみ方を教えていただけますか?

ハイエンドのショッピングを楽しみたいのなら、ビブリオテスクガッタンやその周辺の細い通りをお勧めします。ワイレッドストアはもちろん、アンティークの本を扱う「ロネルス」には必ず行ってください。アート、音楽、哲学書の品揃えの素晴らしさで世界的に知られている本屋です。ディナーは昔ながらのレストラン「PA&Co」や「ティアターグリレン」で。バーなら「リッシュ」。いつも良い感じのDJプレイを楽しめます。より若者指向のファッションならストックホルム南部のヨートガータンに行ってみてください。「ブルーノガラリアン」、そして、ワインやコーヒーなら「ソフォ」がおすすめです。この地区でのディナーなら上品な高級イタリアン「イル・テンポ」と「ラ・ベッキア・シニョーラ」。バーなら「インディゴ」か「バビロン」がいいでしょう。文化的なものとしては「ストックホルム近代美術館」や「ストックホルム現代写真美術館」もあります。


Text and photo: Victor Moreno
Translation: Kazuyuki Yoshimura
; timeless garments with resemblance to the cubism, the beatnik movement, the mod generation and pop culture. He keeps the firm close to art and music, both essential sources of Whyred´s inspiration. Whyred Art Projects originates to enhance this fact. The brand also likes to be playful with fabrics, such oil-coated and other textures. Whyred shoes have been outstanding items in every collection for men and women. All in all, through a steady philosophy and eager of new perspectives, the brand represents one of the most innovative faces within the European fashion scenario of the last decade. We wanted Roland to get himself into detail about it.


How do you see yourself compare with other designers from France or UK?

I think Swedish brands in general have a typical Scandinavian clean and casual touch which are easy to identify in Europe. At Whyred we try to identify ourselves with the influence of more international brands such as YSL, Balenciaga and Jil Sander for the more luxurious experience of the brand. We are expanding in Europe right now and we’re hoping for an interest from the international market and that we will be compared as an international brand rather than that Scandinavian brand.


As a designer, do you have inspirational muses?

Paul Weller for his way of expressing the mod philosophy. A roughness with boots, military knit and a parka together with a sharp tailored suit. David Bowie, Lou Reed for the street smart classic yet modern styling and Alain Delon for always dressing sharp. The women’s muses are Jennifer O´*Connelly, Sofia Coppola and Bianca Jagger fused with the more androgen Tilda Swinton and Patti Smith.


Please drop me some tips to enjoy the city.

For high-end shopping go to Biblioteksgatan and the surrounding narrow streets around it. The Whyred store is situated at Mäster Samuelsgatan 3 which is a crossing street. Don’t miss the antique book store Rönnells (Birger Jarlsgatan 32) which is worldwide known for their great selection of art, music and philosophy books. Have your dinner at the classical “husmanskost” restaurants PA and Co (Riddargatan 8) or Teatergrillen (Nybrogatan3) and drinks at Lilla Baren/Riche (Birger Jarlsgatan 6) wich always has interesting Dj’s. If you want a more youth orientated fashion head for the south part of Stockholm to Götgatsbacken, Brunogallerian at Götgatan 36 and the area around Nytorget in SoFo for vintage and coffee. Dinner in this area are recommended at the nice pricy Italians Il Tempo (Högbergsgatan 40) and La Vecchia Signora (Åsögatan 163) and drinks at indie bar Indigo (Götgatan 19) or Babylon at (Björns Trädgård/ Medborgarplatsen). For a cultural experience go to the Modern Museum (Skeppsholmen) or Fotografiska (Stadsgårdshamnen 22).


Text and photo: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.