insider

クリスチャン・ライナイ&カッレ・トールマーKristian Rajnai & Kalle Tollmar

Kristian Rajnai and Kalle Tollmar

Kristian Rajnai and Kalle Tollmar

+46‘, besides being the international telephone code for Sweden, has been a multi-functional platform activist in Stockholm for fashion since 2007+46」は2007年以来、ストックホルムのファッション・シーンを多くの角度から支える基盤として活動を続けてきた(+46はスウェーデンの国際電話用の国番号でもある)。そして、その母体が「オッド・プロジェクト」である。彼らはこれまでとは違うファッションの発信や、PRイベント、そしてファッション・ショーの手法等をつくり出してきた。常に時代を先取りしようとするスカンジナビア・ファッションの栄誉ある「+46 ファッション・アワード」の運営など、スウェーデンの最新ファッションに対する彼らの貢献は非常に大きなものがある。

彼らのコンセプトは、大規模なリノベーションを経て、3年前に生まれ変わった有名デパート「PUB」内に出店している大型ファッション専門店「アプレイス」へと発展した。わずか一年後には、最も旬な地元ブランドを大々的に扱う新店舗(350平方メートルの空間に刺激的な海外ブランドとスカンジナビアの最新ブランドが展開している)としての地位を確立したばかりだけでなく、他地域にも独自の存在感でアピールし続けている。彼らのオンライン・ストアは海外からの反響も大きい。

常にチャレンジし続ける、オッド・プロジェクトの創立者、クリスチャン・ライナイとカッレ・トールマーのお二人にお話を伺った。


オッド・プロジェクト、+46、そしてアプレイスと活動内容が様々ですね。

常に新しいことに挑戦し、多くのプロジェクトに同時に携わっている私たちの活動内容を説明することは容易ではありません。当初、私たちは、自分たちが主催するパーティーで良く知られていたと思います。その後、オッド・アット・ラージとオッド・マガジンという2つの雑誌がそれに取ってかわり、それから+46によるファッション・ショーや展示会、現在ではアプレイスが私たちの活動を代表していると思います。


「+46 ファッション・アワード」について教えてください。

スウェーデンには多くの素晴らしい才能やブランドがあるにもかかわらず、国内に発表のための基盤を持っていないと感じ、私たちは+46をスタートさせました。現在私たちが最も力を注いでいるのは、+46やオッド・アット・ラージを手掛けていた頃から長い間一緒に活動をしてきた、「キャリン・ウェスター」、「アワー・レガシー」、「ホープ」、そして「ナックナ」などのブランドを取りあつかう店舗(アプレイス)です。+46は今後も活動を続けますが,より変則的なものになっていくでしょう。一例としては、おそらく今年の春の終わり頃にロシアに行き、アプレイスで取り扱うブランドと協力してスウェーデン・ファッションについてのレクチャーとエキシビジョンを行う予定です。


スウェーデンの新しいブランドや、現在の政府やメディアからのサポートについての考えを聞かせてください。

スウェーデン・ブランドやファッション・ウィークに携わる人たちは、デンマークを見習い互いにもっと関わりを持つべきだと思います。過去2年間にわたってストックホルムではシーズン毎にほぼ2回のペースでファッション・ウィークを開催してきました。展示会のためのものと、ファッション・ショーのためのものですが、規模の小さいストックホルムのファッション・ウィークにとってこれは狂気の沙汰です!この夏のファッション・ウィークは1回しか行われない予定で胸をなで下ろしていますが、いつまた2つに分けられるかもしれません。より良いファッション・ウィークを開催する事が、ストックホルムやスウェーデンのイメージ、そしてブランドの売り上げにどう影響するのかということに政府はもっと関心を示してほしいですね。


不況という大変な局面を抜けて,ファッション産業の現在と比較的近い未来についてどのようにお考えですか?

大いに期待しています。ここ数年の不況の間にも私たちは成長を続けてきましたし,それはこれからも変わらないでしょう。2010年8月の終わりには400平方メートルの新店舗を、ストックホルム南部の「ブルーノ・ガレリアン」内にオープンしますが、何より楽しみなのはウェブ・ストアとその限りない可能性です。


ヨーロッパでお気に入りのショップを教えてください。

コレット」はもちろん、パリの「メルシー・メルシー」、 ロンドンの「ドーバー・ストリート・マーケット」、それからミラノにある「ディエチ・コルソ・コモ」は一番のお気に入りです。


ストックホルムのお気に入りスポットを教えてください。

本・雑誌:ペーパーカットコンスティグ
アート:マガジン3ストックホルム近代美術館スタインスランド・ベルリナークリスタル・パレス
レストラン(朝食):Kaffeverket (S:t Eriksgatan 88)
バー:リッシュトラナンKåkenF12
ファッション:もちろん、アプレイス!


APLACE(アプレイス)
住所:PUB.02, Hötorget, 11171 Stockholm
営業時間:10:00〜19:00 (土曜11:00〜18:00, 日曜11:00〜17:00)
TEL:+46 8 789 1930
http://www.aplace.com

Text: Victor Moreno
Translation: Kazuyuki Yoshimura
. Well, actually the name that embraces all that they do is ‘ODD projects‘ . They have made different fashion publications, PR events, fashion awards, etc. They are a brilliant contribution to the fashion pulse in Sweden who for few years were running a prestigious award within Scandinavian progressive fashion ‘+46 Fashion Award‘.

The concept shifted to develop into a large fashion boutique, ‘Aplace‘ in the former department store ‘PUB‘, an established institution in town which went through a total renovation three years ago. In barely one year, ‘Aplace’ has established itself as a new department in town to boost the up & coming local brands, as well as being unique in other areas too. 350m2 of Scandinavian new blood among other interesting brands from abroad.

They can´t stop undertaking entrepreneurial projects, a magazine, events, parties, awards, and now the store. Kristian and Kalle are the founders of ODD projects. They are 2 well-known entrepreneurs in Sweden. In fact, they have been invited for different lectures and seminars around the globe very often.


From ODD and (+46) to Aplace.

We have always had problems to explain exactly what we do because we are very entrepreneurially driven and have always had a lot of different projects running at the same time. In the beginning we were probably most known for our parties, later on it was our two magazines that defined us most, ODD at large, ODD Magazine, and then it was the fashion shows and trade fair we did under our progressive fashion platform (+46) and at the moment its our store Aplace.


How is your vision for the up & coming local brands and the current support from government, media, etc.?

I think Swedish brands and mostly the people behind the fashion week have to learn from Denmark and start to collaborate with each other more. The last two years we have mostly had two fashion weeks every season, one for the trade fairs and one where most of the shows are taking place. For a small fashion week like Stockholm this is madness! This summer it will be only one fashion week so that’s good, but you never know whether it might be divided again the week after? I would love if the government suddenly would start to question more; what the consequence would be for Stockholm and Sweden in terms of PR and increasing sales for the brands if we would have an even better fashion week.


How do you select the brands that you find in the store?

We do not have one standard procedure how we make our selection.
Our store is very personal in that way. It is more an reflection of our personal surrounding world right now and mirror of the things that we get inspiration from. At the moment we love the handcraft from the fantastic New York based brand Common Project, the playfulness from Swedish Minimarket and the fabrics from Swedish Hope. Every brand in our store do clothes that I want to wear myself or that I would like my girlfriend or my close friend to have.


Stockholm Fashion Week is very niche, you can see barely more than 10 shows according to the “mainstream” brands.

At them moment I think the fashion week in Stockholm is a bit to monotone. We do not have any strong trade fairs for the more conceptual fashion brands, which make it hard for them to motivate having a show.


Which are your favorite stores in Europe?

I like the obvious ones Colette and MerciMerci in Paris, Dover Street Market in London, and my favourite store the wonderful 10 Corso Como in Milano.


Tell me some favorite spots in Stockholm.

Books/Magazines: Papercut, Konst-IG
Art: Magasin 3, Moderna museet, Steinsland Berliner, Crystal Palace
Breakfast: Kaffeverket (S:t Eriksgatan 88)
Drinks: Riche, Tranan, Kåken, F12
Fashion: APLACE, APLACE, APLACE!


APLACE
Address: PUB.02, Hötorget, 11171 Stockholm
Opening Hours: 10:00-19:00 (Saturday 11:00-18:00, Sunday 11:00-17:00)
Tel: +46 8 789 1930
http://www.aplace.com

Text: Victor Moreno
APLACE
地址:PUB.02, Hötorget, 11171 Stockholm
开放时间:10:00-19:00 (星期六11:00-18:00, 星期日11:00-17:00)
电话:+46 8 789 1930
http://www.aplace.com

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.