insider

クノータンKnotan

© Knotan

© Knotan

He was born in 1973, he has a particular background as a fashion photographer, trained as a welder, he quickly grew to dislike a series of dreary jobs and ended up taking the decision1973年生まれの彼は、ファッションフォトグラファーとしては少し変わった経歴の持ち主だ。一度は溶接工として働いていたものの、すぐにその一連の退屈な仕事に嫌気がさし、写真学校へ進むことを決意。以来、北欧のフォトグラファーとして多くの人気を獲得している。

元々はスウェーデンの北部のエルンシェルツビク出身であるクノータンだが、現在はストックホルム在住で、活動の拠点もここに置いている。もし彼の写真のスタイルが自然に感じられるのなら、それはおそらく「T-ポスト」や「J.リンデバーグ」、「チーポ」、「CTRL」の広告写真や、ストロークス、ザ・ハイヴス、アニー、ザ・キルズなど多くのロックバンドのアーティスト写真などで、彼の有名な作品を見たことがあるからだろう。


あなたは広告以外の仕事の方がより充実感を感じるそうですね。それは何故ですか?

商業的な活動をする時は、喜ばせなくちゃいけない誰かが必ずいて、「やりたいことができない」ってことは、みんな知っていることだと思います。インターネットはグローバルで、誰かのすることが世界中に伝わるっていうことはとても面白いことだと思うのです。


スウェーデン/ストックホルム/北欧における雑誌や広告業界についてどう思いますか?

他と比較はしません。僕は始めから外国や雑誌などを舞台に仕事をしていますが、今何を見るべきか、とか、誰に注目すべきかということよりも、もっと大切なことを扱うようなところと関わって仕事をしてきています。


北欧で今注目している雑誌は何ですか?

Sマガジン」(デンマーク)。


ストックホルムの好きなところは何ですか?

僕は夏のストックホルムが大好きです。それにそんなに大きい都市ではないので、すべてのものが近くに感じられるし、大好きな友達もみんなここに住んでいるしね。


ストックホルムでおすすめの場所はどこですか?

インディゴ (Götgatan 19)
バビロン (Björns Trädgårdsgränd)
ペーパーカット (Krukmakargatan 24-26 på Södermalm)
ギャラリー・ステインスランベルリン (Bondegatan 70)
ガン・ギャラリー (Runebergsgatan 3)


ストックホルム以外で、特にインスピレーションを得る都市はどこですか?

ヘルシンキ、アムステルダム、ベルリン。
僕はもっとそこについて知りたいって思うような場所が好きです。ただその街や場所を週末に訪れるってだけじゃなくてね。だからその場所に戻って、もっとその場所を深く知って色んなものを見つけるのが好きです。


クノータンは世界で活躍する「ニュー・ブラッド・エージェンシー」に所属する。この集団は元々マルメを拠点としていたが、最近ではその拠点をストックホルムに移している。素晴らしい感性をもつ彼らの中には他のフォトグラファーも在籍している。


Text: Victor Moreno
Translation: Ayano Yamada
to attend photography school. Since then he has turned in one of the favorite Scandinavian photographers for many ones.

Originally hailing from Örnsköldsvik in the north of Sweden, these days Knotan lives and works in Stockholm. If his photo style begins to look familiar to you, it’s probably because you recognize his earthy approach from publicity shots for T-Post, J. Lindeberg, Cheapo, CTRL or music bands such as The Strokes, The Hives, Annie, The Kills, among many others.


Although I know you feel more comfortable step out of advertisement business. How it being within such experience so far?

I think with the internet everything is global. But its kind of fun knowing the things you do will appear all over the world. I think that everyone knows when you’re doing commercial work it’s always someone that you have to please and “cant do your thing”.


What is your opinion about the communication and editorial landscape in Sweden/Stockholm/Scandinavia?

I don’t compare. I have from the beginning been working towards other countries and other magazines that has something more than how you should look right now and who is hot or not.


Some magazine from Scandinavia you now could highlight?

S Magazine (Denmark).


What do you like about Stockholm?

I love Stockholm in the summer and its not that big city so its close to everything and all of my best friends live here.


Which places could you recommend for a good hang-out?

Indigo (Götgatan 19)
Babylon (Björns Trädgårdsgränd)
Papercut (Krukmakargatan 24-26 på Södermalm) (T-bana: Mariatorget, uppgång Torkel Knutssons gata)
Gallery SteinslandBerliner (Bondegatan 70)
Gun Gallery (Runebergsgatan 3)


Which other cities are you feeling inspired for. It can be because your own experience already or because you are just in the mood for it.

Helsinki, Amsterdam, Berlin. I really like places when I get to know them, not just visit a town or place for a weekend, so I like to return to places and discover them.


Knotan is represented by New Blood Agency all over the world. A magnificent agency originally based in Malmö that recently moved to Stockholm. They really have the touch and sense necessary and its rooster includes also others great photographers.


Text: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.