insider

ヨナス・クリーラップJonas Kleerup

© Victor Moreno

© Victor Moreno

After living for a few years in London and being abroad, Jonas Kleerup went back to his hometown Stockholm and felt it would be a good moment to freshen up the new art establishment in town, which had a lack of opportunities forロンドンや別の国で数年間生活した後、ヨナス・クリーラップは生まれ故郷のストックホルムに戻り、可能性を秘めたアーティストたちのチャンスがここには無いと感じ、この街に新しいギャラリーを作ろうと考えた。今日、クリーラップ・ギャラリーストックホルムや、おそらくスウェーデンや北欧の新進アーティストのほとんどが目指す場所なっており、海外でも評判となってきている。ストックホルムの中心部にある、彼の新しいスペースでヨナスに話を聞くことができた。


近年のクリーラップ・ギャラリーの発展をどうみていますか?

かなり小規模なギャラリーなので金融危機の影響は大きかったです。それでもなんとかストクホルムとスウェーデンで新興の現代アート・ギャラリーとして確立する事に成功しました。スウェーデンではトップ5にはいると思っています。実際に昨年の全国紙でベストギャラリーの2位に選ばれ、人気が上がったこともあり、多くの素晴らしいアーティストが訪ねてくるようになりました。所属アーティストたちと共に実験的で、DIY精神に溢れたよりプロフェッショナルなギャラリーを目指しています。すでに10人以上のアーティストがいて、今後も新しいニュースをお届けできると思います。


どのようにこれからの展覧会のシナリオに、ギャラリーの発展を反映させていきますか?

これまでマイアミ、ニューヨーク、北欧、ヨーロッパなど、国内外でのアートフェアに参加するようになり、ギャラリーのセンスも向上してきています。多くの国際的なアーティストからも注目を集め、様々なプロジェクトにも参加しています。先に述べたように金融危機には大きな影響を受け、多くのギャラリーがクローズする中、4年間維持するのは大変でしたが、なんとか続けることができました。


現在のギャラリーは、先程の話のオープン時の状況とのギャップをカバーしていると思いますか?

そうですね、これまでギャラリーを発展させてこれたと感じています。人と話をするとき、皆私の事を我々の世代のリードしている人としてみます。私は今38歳です。アートをコレクションする年齢は50〜60代であると考えがちなので、そこを何か変えなければならないと思いました。そういった理由で、私自身という人を表せるようなギャラリーを運営するようになった理由です。そして多くの人と同じようにギャラリーに自分の名前を付け、人々が私自身とその活動を知ってもらえるようにしました。私は優れたアートとして興味深いと感じるものは、様々な方法で試します。このようにして私たちはとても有力なアイデンティティを作ってきました。


最近の活動の、いくつかのプロジェクトを教えていただけますか?

展覧会「バーズ」とウィリアム・ダンリービーのキュレーションによるブルックリン出身のアーティストとのグループ写真展を行います。それが私に合っていると感じれば、何か別の企画もやってみたいですね。他のギャラリーをよく見るということはあまりなく、私たちはそれぞれ違ったやり方で発展していくこの過程自体が一つのクリエイティブなのだと考えています。いくつかの有力なギャラリーがありますが、それぞれのポジションがあります。私は芸術大学出身ではありませんし、ここストックホルムでのギャラリー業界やアート業界でのバックグラウンドもないですから、逆に自由に運営していくことができるのです。


全てがポジティブに進んでいますか?

始めから共にやっていけるアーティストに出会う事は難しかったですが、現在では非常に可能性あるギャラリーの1つとして認識されています。


所属アーティストは北欧に限っているのですか?

現在11人のアーティストがいますが、そのうち6人がスウェーデンとデンマークの北欧出身です。アーティストがフィンランド、またはデンマークやノルウェーにギャラ所属ギャラリーがある場合には、北欧で別のギャラリストは必要ありません。しかし、ここではキム・ヨーソイのような他のアーティストの展示をすることもあります。彼は、オスロに注目を集めるギャラリーを持ち、ニューヨークでも有名です。彼の展示は行いますが、作品がここのギャラリーに所属しているのではなく、全てオスロの彼のギャラリーに属しています。 
例えばアメリカを拠点に活動しているアーティストの、ヨーロッパでの取扱いをしている例としては、ノア・リヨンヨシ・ソデオカなどがいます。また、シュルイ・リーハー・ウェイなどの中国のアーティストも所属ではありませんが、1年間の契約で取扱っています。彼らの作品をストックホルム以外のフェアで紹介することもあります。メール、電話対応、戦略を練ったり、展覧会への参加のサポートなどのマネージメントをしています。他の所属アーティストには、ベルリン在住のスウェーデン人マコデ・リンデクリスティアン・サルデットと、コペンハーゲンのヘンリック・ヴィブスコフアンドレアス・エメニアスがいます。


ヨーロッパでのフェアをいくつか教えて下さい。

2、3ヶ月前には「アート・コペンハーゲン」に参加しました。このフェアは引き続き行われていて、内容も少し変わっているかもしれませんが、とてもよかったです。なんといってものスイスの「アート・バーセル」が一番で、サテライトイベントも多くあります。またロンドンの「フリーズ」も最大級で、新しいものでは「アート13」があります。


それらに参加されたのですね。

そうですね、連絡は取り合いましたが、参加費がとても高く今年は多くのフェアには参加していません。バルセロナからの誘いもあったのですが、スウェーデンでのイベントあったのでこちらも参加していません。


アメリカはどうですか?

マイアミのアート・バーセルのサテライトフェアの一つ「パルス」に参加しました。このフェアはニューヨークでも行われて、そこにも参加しました。バーセルでは最も魅力的なサテライトフェアだったと思います。そこではラッキー・チーフの作品を展示しました。PRに費用がかかるので、たくさん販売しなくてはいけません。ブースでは一人か複数のアーティストを売り込む事ができますが、輸送費が多くかかり、もし彫刻作品となればさらに大きなリスクとなります。多くの彫刻作品が売れましたが、いくつかの大きくて重量のある作品がまだ実はニューヨークにあります。だれか引き取ってくれる人がいればいいのだけれど。(笑)


ストックホルムについて、いくつかおすすめを教えて下さい。

コンスティグはアートブックが揃う最高のショップです。
ペーパーカットでは、アートとファッションの雑誌が見つけられます。
・ブルーノ・ガレリアンのアプレイスは多くの最高のスカンジナビアのブランドを取り揃える街のナンバー1ファッションストアです。
ボンニエシュ・コンストハッル美術館。数年で多くのアート施設が誕生しましたが、ここは常に現代アートの最先端。
アトリエはランチに最適な場所。コンストゥアカデミエン(Fredsgatan 12)で展覧会も行っている。
ユールゴードフェリーは、スルッセン駅とユールゴーデン駅の乗車間を、とても観想的で美しい時間を楽ませてくれます。特に冬期は空いているのでおすすめ。
ヴァッサ・エッゲン・ステーキハウスは、肉好きにはたまらないの最高のレストラン。クリスティアン・サルデット(取扱い作家)の大きな作品展示もあります。
リーシュでは毎日飲み物を買っていて、私のスタイルの一部とも言えます。
ロネル・アンティークヴァリオットは、アート、ファッション専門の中古の書店。
オステルマルムハーレンは、19世紀の素敵な建物で新鮮な魚やチーズ、野菜を扱ったレベルの高い食事を堪能できるレストレン。金曜の午後におすすめ。
ラウル・ヴァッレンベリ広場都市の中で最高の現代アートをここからストランドヴァーゲンからノーベルガタン、そしてユールゴーデンへと、歩いて見てまわることができ、20世紀初期の美しい大使館がたくさん見られます。
ストゥーレホーフ年中無休でいつもオープンしています。


Gallery Jonas Kleerup
住所:Jakobs Torg 3, 111 52 Stockholm
開廊時間:11:00〜17:00(土曜日12:00〜16:00)
休廊日:日・月・火曜日
TEL:+46 (0)8 33 2938
info@galleri-kleerup.se
http://www.galleri-kleerup.se


Text and photo: Victor Moreno
the up-and-coming artists. Today, Galleri Kleerup is a reference for new artist in Stockholm and most likely in Sweden and Scandinavia. But the gallery also gains steadily its good reputation abroad. We had a chat with Jonas at his brand new space in the heart of Stockholm.


How do you see the evolution of the gallery in the lasts years?

I think we were struck by the financial crisis, for us this still is quite small-scale gallery. However we managed to establish ourselves as one of the most emerging contemporary art galleries in Stockholm, and Sweden maybe. We managed to get ourselves on the map. I think we are on a top 5 here in Sweden; in fact we were claim as 2nd best gallery last year in the national newspaper. So we gained popularity. This opened us doors to good artists and lots of press. We are down from some more experimental and DYI context to forefront more professional gallery with the artists we represent. We already got more than 10 artists in our roster and more news TBC.


How do you translate this maturity in the current scenario of independent art exhibitions?

We started to do art fairs, both in Sweden and abroad. We’re been to Miami, New York, Scandinavia and Europe for different fairs. So the gallery has developed a lot in this sense. We received attention from international artists and lots of different projects we are participating in. As I mentioned, financial times are quite bad so that affects us in the gallery business quite a lot. It’s been quite struggle to manage to keep it up in the last 4 years. You know, a lot of galleries shutting down. But we managed to kind of hanging there.


Do you think the gallery has covered that gap you were talking about in your start-off?

Well, I hope I’ve been able to develop the gallery in that way. When I talk to people they see me as an instigator of pursuing my own generation, I’m 38 now, to start buying art. We I started all the potential buyers were in their 50 or 60 so I though something has to change. So that’s why I tried with this gallery create some kind of persona of myself. That’s why I call the gallery my own name, like some many people do. So basically people know me as a person and know for what I stand for. I try to represent in all types of aspects, what I think is interesting in good art. We’ve built a very strong profile.


Could you name some project you are been lately involved, to have an example of the type of things you do now?

We are doing a new exhibition for `Birds´ and a group photo exhibition with different artist from Brooklyn, curated by William Dunleavy. Just as long as I feel it is right for me, I want to do it in some way. I don’t look too much to other galleries, I feel we are taken a separate path a apart in our own way with this gallery. It has kind of create it itself, there is a few young galleries very strong but I feel like we all have different positions in a way. I’m not from the art college at all and I don’t have any background in the gallery industry or art industry here in Stockholm, at all. So I had carte blanche in that way.


Do you think that is positive in all ways?

From the start it was difficult to try to get the artist to work with you, but now we are one of the most established galleries, so now people see us as very potential gallery.


Your roster has necessarily only Scandinavian artists?

I think we have now 11 artists – if I’m not missing anyone – and I maybe 6 of them are Scandinavian-based, in Sweden and Denmark. Within Scandinavia if artist has a gallerist in Finland or Denmark or Norway, they normally don’t need another gallerist within Scandinavia. But we have exhibited some artist, like Kim Hiorthøy, he has one of the most attractive galleries in Oslo and he’s well known in New York, so we exhibited him, but we don’t represent him. So we show his work but the art belongs to his gallery in Oslo. But with the other artists, for example they are based in the U.S, we have 100% representation in Europe. It is the case of Noah Lyon and Yoshi Sodeoka. We also have Li Shurui & He Wei, Chinese artists that we are showing now. That’s no representation but we represent their work for a year. We may take it to some other fairs outside Stockholm. Representing is like a management: e-mails and calls, tactics and you help them to get other shows, you know. Makode Linde and Christian Saldert are in Berlin (but they are Swedish) and Henrik Vibskov and Andreas Emenius in Copenhagen.


Which European fair would you like to point out?

We were a few months ago at Art Copenhagen. That was good; I think they are redoing it now, so it is going to be a bit different from now. Nevertheless Art Basel is the main one, in Switzerland. Then there is a lot of good satellite fairs. Then, Frieze in London is probably the biggest one. Then a new one there called Art 13.


Have you been involved with them?

Yeah we were in contact. It is a lot of money to participate in fairs. This year we say no to a lot of fairs. We had calls from Barcelona as well, but it was at the same time we had this in Sweden.


What could you point out in America?

We went to Miami, part of Basel and we were at one of the satellite fairs called Pulse. They also have New York, so we were there at the fair. I think is one of the most attractive satellite fairs around Basel. We showed Lucky Thief. It is a very expensive P.R thing; you have to make a lot of sales. You can have your booth and show one or different artists, for sure. Also it cost a lot to ship stuff, expensive if you had sculptures, so it is a big risk. We sold many sculptures but we had a few big ones, really heavy ones, which didn’t sell, so their still in New York, so we needed someone to take care of them (laughs).


Could you be so kind to let me know a few tips about Stockholm?

Konst-ig is the best place in town for art books.
Papercut is where you find all art and fashion magazine.
Aplace in Brunogallerian is the number one fashion store in town which stocks all the best Scandinavian brands
Bonniers Konsthall. A lot of art foundations has popped up last couple of years. Bonnier is still the best and the most contemporary and cutting edge.
Atelier. Best place for lunch, have a look at the exhibitions as well at Konstakademien (Fredsgatan 12).
Djurgårdsfärjan. A very contemplative and beautiful ride between Slussen and Djurgården. Especially in wintertime when it’s less crowded.
Vassa Eggen Steakhouse. Still the best restaurant if you’re into great meat. Also, great art piece by artist Christian Saldert (that’s represented by the gallery).
Riche. It never goes out of style. That’s where I have my drinks, any day a week.
Rönnells Antikvariat. Superb second-hand bookshop for art and fashion books.
Östermalmshallen. Take a friday afternoon and watch the posh upperclass pick up their high quality fresh fish, cheese and vegetables in this 19th century masterpiece. Lots of great places to eat as well.
Raoul Wallenbergs Torg. Best piece of contemporary art in an urban setting according to me. Start your stroll there, walk along Strandvägen to… Nobelgatan, Djurgården. Lots of beautiful embassies from early 20th century.
Sturehof. Always open, everyday of the year.


Gallery Jonas Kleerup
Address: Jakobs Torg 3, 111 52 Stockholm
Opening Hours: 11:00 – 17:00 (Saturday 12:00 – 16:00 or by appointment )
Closed on Sunday, Monday and Tuesday
Tel: +46 (0)8 33 2938
info@galleri-kleerup.se
http://www.galleri-kleerup.se


Text and photo: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.