insider

ヨハン・アンゲルガルドJohan Angergård

© Victor Moreno

If the word Sweden very often is related to quality pop music, besides ABBA, that is in main part because of Johan Angergård. He manages Labrador Records since more than 10 yearsスウェーデンという言葉から上質のポップミュージックを連想する人は多いが、その背景にあるのはABBAだけではない。忘れてはならないのがヨハン・アンゲルガルドという人物だ。ストックホルムのソーデルマルムにオフィスを構える「ラブラドール・レコーズ」を10年以上にわたり主宰する彼は、最新のスウェーデンポップを世界に発信するパイオニアである。世界中で賞賛を受ける彼のレーベルは、アシッド・ハウス・キングス、ワルツ・フォー・デビイ、インゲンティング、ザ・レディオ・デプトを筆頭に名だたるアーティストを世に広めてきた。その成功をもたらした一番の理由は、自らの信念にとことん忠実なヨハン・アンゲルガルドの生き方であろう。


レーベルを立ち上げたいきさつを教えて下さい。

私は現在ラブラドールの主宰であり、このレーベルの大部分を所有していますが、実は立ち上げたのは私ではありません。このレーベルは1998年にベングト・ラームが始めたものなのです。彼は2枚の7インチシングルをリリースすることからレーベルをスタートさせました。私のバンド「アシッド・ハウス・キングス」はその最初の1枚だったのです。ベングトは私の別のバンド「クラブ8」のCDをスウェーデン国内でリリースする話も持ちかけてくれ、その結果クラブ8の「ザ・フレンド・アイ・ワンス・ハド」がラブラドールから出た最初のアルバムになりました。当時私は「サマーサウンド・レコーディングス」という別のレーベルを持っていましたが、このアルバムが出たすぐ後から私とベングトは一緒に仕事を始め、まもなくして2つのレーベルを統合したのです。私たちの考え方は初めから変わっていません。「自分が愛する音楽をリリースし、最高のスウェーデンポップを世界に届けること。そして質と理想には決して妥協をしないこと」です。


スウェーデンは、音楽、ファッション、デザインに関して素晴らしい輸出国です。あなたの目から見て、それはなぜだと思いますか?

どうしてそうなったのか私にはわかりません。特にファッションやデザインに関しては全くわかりません。事実私たちがサマーサウンドやラブラドールを始めた頃は、スウェーデンの音楽シーンはとてもつまらないものでした。でももし「どうしてこんなに多くの良いバンドがスウェーデンから生まれるのか」と尋ねられたら、それはこの国の人たちが音楽を職業でなく芸術として捉えているからだと私は思います。例えばイギリスやアメリカでは、ともするとバンドはデビューシングルを出す前から、プラチナレコードを出したらその後はどうするかといったマネージメント計画をたてなければなりません。この国ではそういうことがないのです。スウェーデンのほとんどのバンド、アーティスト、作曲家たちは世界に認められたいなどといった考えは抜きで自分自身を創造し、発展させていきます。その方が本当に良いもの、面白いもの、個性的で新しいものを生み出しやすいのです。いわゆる業界が大衆に受けると考える音楽の代わりにね。


「スウェーデンらしさ」がここまで成功したこと、言い換えれば人口わずか900万人のこの小さな国が世界に大きな影響を及ぼしたこと。あなたはこれをどう評しますか?

文字で言うならスペルはI.N.D.E.P.E.N.D.E.N.C..E…。(笑)


ラブラドールは世界中の様々な市場で人気を博しています。どの国で一番売れているのですか?

アメリカはとても早かったです。去年だけで一番のマーケットに成長しました。スウェーデン国内よりも大きいのですから!でも私たちのバンドの知名度やその地位の高さという意味では、ラブラドールはおそらくインドネシアとその他の東南アジアで最も売れていると思います。


アメリカやイギリスと比べてスウェーデンの音楽業界の仕組みに足りないところはありますか?それとも全く逆に、他の国がこの国から学ぶべきことがあると思いますか?

アメリカやイギリスのような大きなマーケットでは、音楽に対する愛情よりも、ビジネスとしての思いが圧倒的に強いように感じます。私にも音楽で生計を立てたい思いはありますが、少しでも大衆に迎合しなければならないくらいなら別の仕事を選びます。ラブラドールは100%私の個人的な音楽的な好みで動かすことができるのです。私のテイストはとても偏っているので、だからこそ私たちラブラドールがとても特徴的な個性を持つのです。特徴的な個性、これは私が他のレーベルを好きになるときも感じるものです。レーベルそのものを好きになれば、そのレーベルの他のバンドもチェックしようという気持ちになるのです。


契約するバンドを選ぶ主な要素は何ですか?

私がその音楽を好きになれば契約します。そのレコーディングを好きになれば、というのも付け加えておきましょう。バンドがいいライブをするかそうでないかは私にとってはどちらでもいいことです。私にはレコーディングが一番大切なのです。


どういった経緯でバンドを知るのですか?レーベルには新しい視点を求めていますか?

まずデモを聴きます。ほとんどのバンドの場合、何らかの方法で送られてくるデモを聴いて契約を決めます。その他に友達から得るたくさんの情報を基にすることもあるし、ブログやマイスペースでチェックすることもあります。私の好みはだんだんとうるさくなってきていて、年とともに気に入ったものを見つけるのが難しくなっています。バンドを本当に好きになるためには、その音楽に驚きを感じなくてはいけません。「あっ、これは今まで聴いたことがないな」とか、少なくとも「こういうものは長い間聴いていなかったな」「これは純粋にとても個性的だ」そういう風に感じなくては好きになれないのです。


ストックホルムに移住したのはいつですか?この街でいちばん好きなところは何ですか?

移り住んだのはたぶん1999年です。スウェーデンの別の街に住むことなど想像もできません。ストックホルムはとても美しい街です。海もあり、文化もあります。自然がすぐそばにあり、スウェーデンで唯一の大きな都市です。もし他の街に住むならたぶん田舎の方だと思います。


毎月ストックホルムのデバサーでナイトイベントを行っているそうですが?

時々です。新しいリリースがあった時、それを祝うためにパーティーを開くのが好きなのです。たいていは2つのバンドが同時にリリースした時にこのイベントを行います。彼らのライブの他にレーベルに所属している他のバンドのDJなども聴かせます。今年の夏はクラブでDJバトルも行いました。


ラブラドールは他のイベントにも参加するのですか?

いいえ。地域のイベントやファッションショーやその他関係のない色々なイベントにラブラドールの名前を持ち込みたくないのです。レーベルの理想を台無しにしてしまうかも知れないからです。


ストックホルムのおすすめを読者に教えてください。

アーキペラゴ群島は、どこへ出かけても素敵です。例えばルンマレー島やウート島。でももっと離れた島へ行けばより素敵だと思います。他には昔私たちのオフィスがあった場所の近くにレコードショップ「レコードハンター」があります。当時は週に何度か遊びに行って新譜やおすすめの音楽をチェックしていましたが、とてもいい店です。今のオフィスの近く(セントエリクスプラン駅周辺)にも上質の中古レコード店がたくさんあります。

この街の観光地にもお気に入りがいくつかあります。ストックホルムに住んでいる人々はあまり行きません。「あまりにも観光地すぎる」からと過小評価しているからです。例えば旧市街のガムラスタン。私もその本当の魅力に気がついたのはほんの数年前のことです。他にはデュルガルテンも素敵です。街に近く、食事や散策をするのにいい場所です。私の大好きな海を眺めることもできます。

車があれば、「モトベルクスターデン」に食事に出かけるのもいいと思います。料理は美味しく環境も素敵です。群島の中のドゥーロ島にありますが、橋がかかっているので車で行くことができます。ストックホルムから30分くらいだと思います。

スカーネガタンにある「スノッティ」と「ベルリン」は、とても小さなバーですがいつも良い音楽を流しています。

ソドラ・テアトルン」は名前からも分かるように、劇場です。ストックホルムでコンサートを開くなら最高の場所です。他の場所と比べるとどこをとっても2倍は優れている、美しい劇場です。


「ラブラドール」は、スウェーデンではお馴染みの古典的な犬種の名前ですが、レーベルはそれと関係があるのですか?

あるかも知れませんが、どうしてレーベル名がこうなったのか、ベングトから納得のいく答えを聞けたことはありません…


Text and photo: Victor Moreno
Translation: Shiori Saito
. The office is located in the so-called area of Södermalm in Stockholm. He is a pioneer exporting new Swedish pop abroad. The label carries on with a good reputation all over the world. Acid House Kings, Waltz for Debbie, [ingenting] or The Radio Dept. just to mention a few artists belonging to the catalogue. Johan is loyal to his principles, surely the main reason to explain the success behind the label.


Tell me about how you started the record label.

I’ve been the head of Labrador during most of the time and I own the majority of it, but it actually wasn’t me who started it. It was founded by Bengt Rahm in 1998. He started by doing two 7″ compilation singles and my band Acid House Kings was on the first one. He also contacted me to release my band Club 8 in Sweden and eventually Club 8 “The Friend I Once Had” was the first album release on Labrador. I had another label during that time called Summersound Recordings. I started working with Bengt and Labrador shortly after “The friend…” and soon we merged the two labels. The idea has been the same from day one: release music we love and spread the best Swedish pop to the world. And never to compromise on quality and ideals.


Sweden is a great exporter in music, fashion and design. How is this fact from your point of view?

I don’t know how that came about. Especially not when it comes to fashion and design. When we started Summersound and Labrador the Swedish music scene was very dull actually. But if you ask why so many good bands come from Sweden I think it’s because people see music as art and not a career. In the UK or the US for example bands might have management planning what they’re going to do once they have their first platinum disc before they’ve released their debut single. It’s not like that here. Most bands, artists and song writers in Sweden create and develop themselves without thoughts of taking over the world. That makes it easier to make something genuinely good, interesting, personal and new instead of something that the so-called industry think is going to appeal to the masses.


How could you describe the success of the “swedishness” or in other words how a small country with about 9 million inhabitants can get such a big influence worldwide?

It spells I.N.D.E.P.E.N.D.E.N.C..E. … haha..


Labrador is well-known in different markets worldwide. Where do you sell most copies?

The US has rapidly, only the last year, grown to be our biggest market. Even bigger than Sweden! But when it comes to how known our bands are, or perhaps even how big their so called “star-status” is I think Labrador is biggest in perhaps Indonesia or other countries in South East Asia.


Is it something you miss about how music industry work in Sweden if you compare to UK or US or it just the other way around, something that others should learn from here?

It seems to be so much more about business and less about the love for music on those bigger markets. I want to make a living on this as well, but I’d rather get another job than adept, if ever so little, to the mainstream. That means Labrador can be 100% about my very own personal taste in music. As my taste is fairly narrow this means we get a very distinct musical profile. That’s something I like with other labels; a distinct profile. If I like one thing on a label it should be an incentive to check out the other bands on the label.


Which are the main factors for you to get a band into the label?

If I love their music I’ll sign them. I might add “if I love their recordings”. If a band is good live or not makes no big difference for me, the recordings are the most important things for me.


How do you usually you get to know bands or do you look for new perspectives in Labrador?

I listen to demos – I’ve signed most of our bands from demos that we sent in one way or the other to us. I also get quite a lot of tips from friends and check out bands on the usual places like blogs, myspace-pages and so on. I’ve become increasingly picky and hard to please with the years. In order to really love a band there needs to be an element of surprise in the music. I need the feeling “Oh, I haven’t heard this before”. Or at least “Oh, I haven’t heard anything like this in a very long time”. Or “Oh, this is just very personal”…


When did you move to Stockholm? What do you like the most here?

I moved here in 1999. I think. I can’t imagine living in another city in Sweden. Stockholm is quite beautiful, we have the water, there’s culture, it’s close to the nature, it’s the only fairy big city in Sweden… if I was to live somewhere else in Sweden it would be in the country side.


I think you have a showcase night at Debaser in Stockholm every month, right?

Only sometimes. We like to arrange parties when we have new releases to celebrate. Usually we do it when two bands have new releases out about the same time. They’ll play live and we have other bands on the label DJ:ing. We also had a DJ-battle club this summer.


Is the label involved in other events?

No, I don’t want it to get the Labrador name into a bunch of non-relevant stuff like block-parties, fashion shows or any other type of events. It might muck up what the label stands for.


Could you be so kind to drop some tips for our readers about Stockholm,?

Almost anywhere in the archipelago is lovely. Runmarö and Utö for example are lovely, but it’s probably even nice if you go further out so it’s more desolate. We used to have our office close to the record store Record Hunter and so I snuck in a couple of times every week to check out what’s new and get recommendations. It’s a really good shop. And there’s a lot of shops for used record in this neighbourhood (St Eriksplan).

I love some of the really touristic places here. For people who live in Stockholm, they’re underrated. You don’t go there because “it’s touristic”. Like old town – Gamla Stan. I truly noticed how amazing that is only a couple of years ago. Or Djurgården. Close to the city, nice place to eat or go for walks and watch the water like I really like.

Motorverkstaden is a great place to eat if you have a car. Good food and lovely environment. It’s on the island “Djurö” in the archipelago. There’s a bridge to the island so you can drive there. 30 min from Stockholm I think.

Snotty and Berlin on Skånegatan are two really small bars which usually play quite good music.

Södra Teatern is, like the name might reveal, a theatre. It’s by far the best place for concerts in Stockholm. Everything is about twice as good than normal when it’s there. Beautiful place.


Oh, Labrador is a classic dog species here in Sweden, I guess the name of the label is related that?

It must be, but I never gotten a really good answer from Bengt why it’s called that…


Text and photo: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2021 Shift Japan. All Rights Reserved.