insider

フリーマンFreeman

Freeman / CTRL, Photo: Victor Moreno

Photo: Victor Moreno

It’s not often you find such high quality products in street fashion. Well, with the Scandinavian brand CTRL (readed “control”) you have found it. From Helsinki with loveストリートファッション業界で非常にクオリティの高い商品に出会うことは珍しい。しかし、スカンジナビア・ブランド「CTRL」(コントロール)ならば話は別だ。ヘルシンキより愛を込めて活動する彼等は、今まさにファッション業界を席巻している。フリーマンは、このフィンランド発のブランドの設立者でありデザイナーだ。彼のチームはティモシー・クーン(オールラウンダー)とエサ・ヒュトネン(ブランド・マネージャー)から構成されている。


CTRLは設立して約10年ですよね?

CTRLが生まれたのは1995年ですから、15年ほど前になりますね。設立当初のCTRLはスケートボードに焦点を当てていたため、扱う商品は、ボードやウィール、グッズ、Tシャツ、フーディーなど、典型的なスケートボード・ブランドのラインナップを取り揃えていました。そして、2004年頃にストリート・ウェアやファッションに目を向け始め、メンズとレディースの双方に向けた、大掛かりなコレクションのプロデュースをスタートしました。今やCTRLはファッション・レーベルとして成熟の域に達し、ストリート・ファッション・レーベルと呼ばれるようなスケートボードとストリート・カルチャーに深く根ざしたブランドとなりました。私達はいまだにスケートボードをつくり続けていますし、今後もつくり続けて行くでしょう。スケートボードが大好きですからね。

設立当初の私たちはもっと若く、今はほんの少し歳を取ったので、ブランド自体も私たちと共に変化してきたのです。CTRLは私たち自身の現在を映し出しており、それは常に進化し続けています。ようするに、今の私達はACNEやその他の、よりハイエンドなデザイナー・ブランドに興味があるということです。ということで、CTRLのラインナップにもそのような雰囲気の作品が登場します。


最近のヘルシンキはよりヨーロッパとより繋がっているように感じます。90年代以降のヘルシンキの発展について教えて下さい。

痛々しいほど遅いですね。ヘルシンキだけではなく、フィンランド全体で不況が続いています。しかし、状況は変わってきていて、重要なのは人々の姿勢が変化してきていることです。ヘルシンキの人々にとって、もっともショッキングだったのは、すべてを白日の下にさらした悪名高きインターネットですね。人々は遂に他の街や世界の状況を目の当たりにしたのです。世界に打って出るなんて騒ぎを起こそうものなら、裏切り物扱いを受けるというのが、長年に渡ってこの国の一般的な感覚だったのですからね。

ヘルシンキにも才能のある人々は常にいたのですが、表にでてきていませんでした。長年に渡って、アート、音楽、デザインなど、クリエイティブで優れたものは、すべてフィンランド国内のこととして知られるべきでないとされていたのです。今、人々はインターネットを通じて自らの才能を伝えることができます。インターネット上で、とても大切なコネクション作りをすることができます。そして、実際に世界中を旅して彼ら自身の魅力を人々に見せることができるのです。そして、その才能は少しずつ評判になり、それと同時に世界中の人たちもヘルシンキでなにかが起きていることに気がつくのです。世界中の人々は、僕たちの素敵なご近所さんであるスウェーデンのやりかた方に注目しています。スウェーデンは、自国の才能を地球規模で発信するためのネットワークづくりとマーケティングに関する、より多くの歴史を持っています。

世界中が、スウェーデンのファッションブランドによるサクセスストーリーで溢れているにもかかわらず、CTRLと同系統のブランドがフィンランドから外へ踏み出そうとしない現状の中で、私たちがヘルシンキでやっていることは先駆的な仕事をしている良い例でもあります。フィンランド政府にも責任はあると思いますね。政府は、ノキアのようにテクノロジーをビジネスの中心にすえた企業をサポートすることのみに焦点を置き、ファッションを輸出することには興味がありません。ファッションが大きなビジネスであることを理解していないのです。スウェーデンでは、政府がクリエイティブ分野の企業の海外進出を強く推しています。そのため、世界市場でのスウェーデン・ブランドは、フィンランド・ブランドと比べてはるかに新鮮なのです。


フィンランド発のブランドは少ないですか?

フィンランド発のブランドは多くはありません。少なくとも私たちが関わったり、フェアで顔をあわせるようなものはね。おそらく最も有名なのはイヴァナ・ヘルシンキではないでしょうか。とっても素敵なブランドで、私の友人であり優れたデザイナーでもある、パオラ・スホネンによって立ち上げられました。そしてもちろん、伝統があり素晴らしいブランドのマリメッコです。主に衣類を扱っているブランドなのですが、世界的にはインテリア・ブランドとして認知されています。カルフもクールなブランドですが、最近のオリジナル・コレクションには、ずれを感じますね。


ヘルシンキとストックホルムでそれぞれおすすめの場所を教えてください。

ヘルシンキ:
スオメンリンナ要塞:ヘルシンキの街の前方に浮かぶ島で夏には最高の場所。
ヒエタニエミ・キルッピス:ヘルシンキ市内のヒエタニエミマーケット広場で開催されるフリーマーケット。

ストックホルム:
バーンズ:「ビレドー」の香水が廊下や部屋に香る雰囲気あるホテル。
エル・アミール・ボウララ・バー:ビールとカクテル。


他におすすめはありますか?

イーストビレッジラジオ:最高のインターネットラジオ局。中でも金曜20時~22時のラジオ番組「RONSON’S」。(その他の番組も良くて、オフィスではいつもかけています)他には、いつも面白い「VVORK 」。良い情報源となる「タイニー・ヴァイス」。ギャヴィン・マキンスとその友人によるおかしなサイト「Street Boners and TV Carnage」。素敵なスタイルサイトの「ミルター・モルト」などもおすすめです。


CTRL
住所:Rauhankatu 2A C, 00170 Helsinki, Finland
TEL:+358 45 137 5105
http://www.ctrlclothing.com

Text and photo: Victor Moreno
Translation: Kazuyuki Yoshimura
, there now taking the fashion world by storm. Freeman is the founder and designer of the Finnish brand. His team consists of Timothy Kuhn (All-a-rounder) and Esa Hytönen (Brand Manager).


CTRL was born about 10 years ago, right?

CTRL was born more like 15 years ago, 1995. In the beginning CTRL was all about skateboarding, so the product range was a typical lineup of a skatecompany, boards, wheels, hardgoods, teeshirts and hoodies. Then around 2004 we started focusing on streetwear and fashion, producing big collections for both boys and girls. Nowadays CTRL is a full blown fashion label, call it a street fashion label or what not, but it with deep roots in skateboarding and street culture in general. We’re still making skateboards, and foreverever will, just for the love of it.

Also, since the beginning we’re much younger and now we’re only a little bit older, the brand has changed with us. CTRL looks what we look like, and it’s always evolving. Meaning that now we’re a bit more into stuff like ACNE or some other more high-endish designer brands. Then we got stuff like that coming along the CTRL line as well.


Helsinki seems to be more connected to Europe nowadays. How have this development been in the city since the 90s?

It’s been slow, painfully slow. It really has been depressing for a long long time in Helsinki and in Finland as a whole. But things and more importantly the attitudes are changing. The biggest kick in the ass for Helsinki has been the infamous internet that puts everything into everyones face. People could finally connect and see the level of other cities and scenes around the world. It’s because the general attitude for a long time here was something like “selling out” or some other insanity like that if you made some noise about yourself in taking over the world or something.

The Helsinki talent was always there, but hidden. Everything good about art, music, design or anything creative was the best kept secret of Finland for a long time. Now people can show their talent thru the internet. They can do the ever important networking in the internet, and they can actually travel around the world and show all their charms to the rest of the world. And little by little the fame comes in and people around the world realize that there’s something going on in Helsinki as well. People are also looking a lot at how things are being done in our lovely neighbouring country Sweden, which has a lot more history on networking and marketing their own talent on a global scale.

CTRL is a good example because what we are doing in Helsinki is like a pioneering work, since no other brands like CTRL never went ouf of Finland, whereas there are loads of ongoing succesfull stories with Swedish fashion brands around the world. It has to do with the Finnish government too. They are only focusing on supporting technology oriented companies like Nokia, and no attention for exporting fashion. They don’t see that fashion is a huge business. In Sweden the government is strongly focusing on exporting companies on the creative field and thus the Sweden-brand is way more fresh in the world than the Finland-brand.


Is not that common to find brands from Finland? I just could tell you the sport brand Karhu.

There’s not many brands coming out from Finland, at least not brands we could relate with, or meet at the fairs. Propably the most known is IVANAHelsinki, which is a really nice brand done by my friend Paola Suhonen, a talented designer. And then of course the awesome & old school Marimekko, which is mainly a clothing brand but know more of an interiour decoration brand in the global scale. Karhu is cool too, but nowawadays the original collection is a bit out of touch.


Drop me some good spots that you like in Helsinki and Stockholm.

In Helsinki:
Suomenlinna – It´s the island in front of Helsinki, summertime, nice, nice, nice.
Hietsun Kirppis – A flea market in the center of Helsinki, located at Hietaniemi square market.

In Stockholm:
Berns – The hotel, just for the atmosphere and the magnificent BYREDO scent in the hallways and rooms.
El Amir Boulala’s Bar – Beer & handshakes.


Some any othet tips?

East Village Radio – The best internet radio ever in the internet, tune in for RONSON’S show fridays from 20:00 to 22:00 (all kinds of other good shows aswell, EVR is always on a heavy rotation on our office.
Vvork – Almost always interesting in someway.
Tiny Vices – A good source for stuff.
Street Boners and TV Carnage – This is some funny ass shit by Gavin Mcinnes and friends.
Mister Mort – Good styles.


CTRL
Address: Rauhankatu 2A C, 00170 Helsinki, Finland
Tel: +358 45 137 5105
http://www.ctrlclothing.com

Text and photo: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2019 Shift Japan. All Rights Reserved.