insider

エドバード・スコットEdvard Scott

© Edvard Scott

Edvard Scott is illustrator and graphic designer, who was formerly a member of a Sweden-representing design unit “Stockholm Design Lab”. He went to New York after leaving the labスウェーデンを代表するデザイナー集団「ストックホルム・デザイン・ラボ」に在籍し、インターンからアートディレクターまでを務め上げた後、2008年にニューヨークに渡り、現在は再びストックホルムを拠点に活動を展開するイラストレーター/グラフィックデザイナーのエドバード・スコット。その色彩豊かなデザインは、2006年に札幌「SOSO CAFE」での個展で披露された他、グラフィック作品集「フォーラブ&マネー:ニューイラストレーション」(2010)に収録されるなど、目に触れる機会は多い。現在も、イラストから雑誌のレイアウト、ノキア、K-Swiss、ミニ・クーパー、ロレアルなど大企業のシンボルマーク、モーション・グラフィックスの制作まで幅広いグラフィック・ワークを手がける。


まずはじめに自己紹介をお願いします。

エドバード・スコット、イラストレーターでグラフィックデザイナーです。ストックホルムに在住、活動しています。


イラストレーター、そしてグラフィックデザイナーとしての活動は、どのようにスタートしましたか?

決まった答えというのはありません。そう聞かれるたびにいつも違う答えをしています。正直に言って、自分のキャリアのスタートがいつかと聞かれても、自分でもよくわからないのです。でも、今現在、職業にしているのは確かで、今年で7年目に入ります。いつも携わっていたい仕事であることには変わりはありません。


趣味は何ですか?時間に余裕のあるときにすることは?

本を買って読みます。ラジオもよく聞きます。スウェーデンの番組はもちろん、ポッドキャストでは米国のレディオ・ラボとディス・アメリカン・ライフを聞きます。料理もします。友達を呼んでスープパーティーを開きます。


好きなアーティストとその理由を教えてください。

写真家のグイド・モカフィコ、アートディレクターでグラフィックデザイナーのトム・クラブトゥリー、イラストレーターのマリオ・ヒューゴ、アーティストのソル・ルウィットが好きです。彼らの持っているアイディアと、それをビジュアル化する手法が好きです。


スウェーデンのアートシーン、ミュージックシーンを楽しんでいますか?

はい。だけど、楽しみきれていないです。もったいないことです。


次にトライしてみたいことを教えてください。

自分のウェブサイトをリニューアルしている最中です。出版プロジェクトも2つ進行しています。それが済んだら休暇に出かけたいです。


ストックホルムでお気に入りの場所を教えてください。

レストラン・バー「バビロン」(Björns Trädgårdsgränd 4)
レストラン「プボロギ」(Stora Nygatan 20)
カフェ「プティット・フランス」(John Ericssonsgatan 6)
王立図書館 (Humlegården)


Text: Julie Morikawa
Translation: Ayako Ishii
, and is now living and working once again in Stockholm. His colorful works were included in “For Love and Money: New Illustration” (2010) etc. He also gave a solo exhibition at SOSO CAFE in Sapporo in 2006. His current activities include illustration, magazine layouts, production of corporate identities and motion graphics for clients such as Nokia, K-Swiss, Mini Cooper, L’Oréal and many more.


Please introduce yourself.

Edvard Scott, illustrator and graphic designer. Lives and currently works in Stockholm, Sweden.


How did you get started as a graphic designer and illustrator?

Oh, I’ve told versions of some kind of story about this so many times I don’t think there’s a definite answer anymore. Honestly, I’m not sure when I started as a graphic designer and illustrator, but I do it today and I have been for the last seven years, and it’s still the one thing I enjoy thinking about all the time.


Other than your work, what are some of your interests and what do you enjoy when your not busy?

I buy books, and sometimes I read them. I listen to a lot of radio, some Swedish shows but also American podcasts like RadioLab and This American Life. I like to cook, I have these monthly soup kitchens for my friends.


What other artists do you like, and why?

Guido Mocafico, photographer. Tom Crabtree, art director and graphic designer. Mario Hugo, illustrator. Sol LeWitt, artist. I like them because of their ideas, and how they express them visually.


Do you enjoy the art and music scene in Sweden?

Yes. But I’m not taking advantage of it enough. Shame on me.


What kind of things would you like to do next?

I’m working on my new website, two book projects and then I’m planing on some vacation.


Please tell us some place in Stockholm that you like.

Babylon (Björns Trädgårdsgränd 4)
Pubologi (Stora Nygatan 20)
Petite France (John Ericssonsgatan 6)
Kungl. Biblioteket (Humlegården)


Text: Julie Morikawa

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.