insider

アントン・サンドクヴィストAnton Sandqvist

© Photo: Knotan

© Photo: Knotan

It is quite certain that Swedes have some kind of natural skill to succeed in business, it is some kind of noteworthy contribution in the rest of the world; a balance between aesthetics and value for moneyスウェーデン人には、ビジネスで成功するスキルが自然に備わっているのは間違いなく、このことは、世界の他の国々にとっても、美とお金の価値のバランスにおいて貴重な役割の一端を担っているだろう。加えて、スウェーデン文化・教育交流機関によると、スウェーデンは、国営企業に対して環境維持報告書の提出を義務付けた初めての国ということだ。同時に、スウェーデンのファッション業界の多くのブランドが、独自のライフスタイルと信頼性を持って、数々のブランドが確固たる地位を築き始めている。そんなブランドの一つが、アントン・サンドクヴィスト率いるブランド「サンドクヴィスト」である。メンズバッグの市場に名乗りを上げたブランドは、日常における新しいアクセサリーの提案を行い、最近注目を集めつつある。


バッグの会社を始めようと思ったのはどうしてですか?

会計マネージャーとして働いていた仕事ではクリエイティビティに欠けていたので、仕事以外の時に色々なものをつくって遊ぶようになりました。初めて鞄を縫う前には、照明や家具などもつくってましたね。最初は単純に何かクリエイティブなものをつくりたいと始めたことだったのです。手先は器用は方で、子供の頃からもともと何かを組み立てたり、縫ったり、手作業を好んでしていましたからね。それで、周囲の人々が自分の鞄に関心を持ち始めるようになってから、市場にはメンズ向けの素敵な鞄があまりないことに気付いたのがきっかけで、サンドクヴィストのバッグを始めることにしたのです。


デザインする中で大切にしていることは何ですか?

時代に左右されないスタイル、機能と耐久性を兼ね備えてること。これから20年後に若者が、両親のクローゼットでビンテージのサンドクヴィストのバッグを見つけて気に入って使ってくれたら、とても嬉しいですね。


サンドクヴィストはスカンジナビア人の大都会と片田舎の両方のライフスタイルを反映させていますね。

そう思ったなら嬉しいですね。大都会や片田舎といった特定のターゲットに向けた鞄作りをしているわけでもないのです。自分と弟のダニエル、2人でサンドクヴィストのデザインを担当しています。2人ともストックホルムに住みながらも、ハイキングやスキー、釣りといったアウトドア生活も満喫しています。なので自然にスタイルになったのでしょう。陳腐に聞こえてしまうかもしれないけれど、自分たちが使ってみたい鞄を作っているだけなのです。少なくとも自分の名前をそこに付けている限りは。


サーミ人は、北欧の北方先住民族ですが、実際のスウェーデンの社会では、どのように考えられていると思いますか?また、ブランドのデザインにどのような影響を与えていると思いますか?

サーミの伝統はとても魅力的です。彼らは、独立して自然と共に生活を営み、サーミナイフや伝統衣装など日常生活で使用するものは、その機能を備えた手作りでありながらも同時に芸術性が高いのです。まず明確な機能性を兼ね備えながら、それに加えてとても美しいものに仕上げるという考えに共感します。


ストックホルムにフラッグシップストアはありますか?

いえ、まだありません。直営店を持つにはまだ十分な規模ではないかもしれません。でもいつかこの街で持てたら嬉しいけれど、私たちの良き顧客でもある良質な小売店、「グランパ」では全てのラインが取り揃えられているので、そこに直営店を立ち上げて競い合うのは少し微妙な感じがします。その代わりにいつかベルリンの街にオープンということもあるかもしれません。


ストックホルムでお気に入りの場所を教えて下さい。

サンドクヴィストの全コレクションを見るなら「グランパ」。街に数店舗あります。夏だと、ホーンスチュールのあたりのバーへ行く前に、湖で夜のピクニックやスイミングを楽しみにロングホルメンに行きます。
よく行くのは、ボンデガタン(農民通り)50にあるバー「ハーベスト・ホーム」。若者も年配もストックホルムの人が集まる場所です。


Sandqvist Store
住所:Swedenborgsgatan 3, 118 48 Stockholm
営業時間:11:00〜18:00(土曜日16:00まで, 日曜日12:00〜16:00)
TEL:+46 709 85 4731
http://www.sandqvist.net

Text and photo: Victor Moreno
Translation: Mariko Takei
. In addition, according to the Swedish Institute, Sweden was the first country to require sustainability reports from state-owned companies. So the package is out there. At the same time, it happen that the Swedish fashion industry has built a strong profile with many brands that spread its unique lifestyle and reliability. Anton Sandqvist, founder of Sandqvist it is one of the most recent examples about it; entrepreneur that decided to contribute to this wheel within a demand in the market for mens bags – as a new accessory in the everyday life – steadily on the rise.


How the idea about to start up a bag company evolved?

I was lacking creativity in my job as account manager and at my free-time I started to play around making some different products. I made some lamps and furniture before I stitched the first bag. In the beginning it was really just to have something creative things to do. I have always been a handy person, building and sewing things all since I was a kid. Then when people started to ask about this bag I made I realized that there weren’t many good bags for men in the market and that’s how Sandqvist bags started.


What is the core value that you look for within your designs?

A timeless style, functionality and durability. If I get to see youngsters 20 years from now use vintage Sandqvist bags they found in their parents wardrobe, then I will be happy!


Sandqvist reflects quite fair a Scandinavian everyday life for both lifestyles, cosmopolitan and country side. How come?

That’s great that you think so. We really don’t plan that we should make bags that suit for the metropolitan life and also for the country side. Me and Daniel –my younger brother, we share the design job at Sandqvist– both live in Stockholm and are very much into outdoor life such as hiking, skiing and fishing, so it just automatically becomes like that. It sounds like a cliche, but mostly we just make the kind of bags we want to use ourselves. I don’t really know any other way to do it. At least not if you put your own name on it.


Samis are the indigenous people of the north of Scandinavia. How do you think are they represented in the actual Swedish society and how could they influence in some of your designs?

The traditional Samis are fascinating me a lot. They live their whole life fully dependent on the nature and the things they use in their everyday life always in first hand fill its function, but also can have a high artistic level, like a sami knife or the traditional dresses. I like the idea of things that have a clear function, to put that first, but then to make it really beautiful too.


Do you have a flagship store in Stockholm?

No we don’t. We might also still be a bit too small to have one. But in the area where we would like to have it, we also have our best customer, the great shop Grandpa, who have our full line so it feels a bit tricky to start a flagship store and compete with ourselves there. Maybe we will open one in Berlin instead in the future!


Tell us some place in Stockholm that you like.

You can find the whole Sanqvist collection at Grandpa, they have a couple of stores in town.

In the summer: Go to Långholmen for an evening picnic and a swim in the lake before a bar-round in nearby area Hornstull.

Always: Visit the bar Harvest Home in Bondegatan 50 – the hangout for Stockholms aged (and younger) cultural crowd on the drift.


Sandqvist Store
Address: Swedenborgsgatan 3, 11848 Stockholm
Opening Hours: 11:00-18:00 (Saturday till 16:00, Sunday 12:00-16:00)
Tel: +46 709 85 4731
http://www.sandqvist.net


Text: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.