art/design

カタリナ・シェーグレンKatarina Sjögren

© Katarina Sjogren

© Katarina Sjogren

Katarina Sjögren and partner Jun-Hi run the art gallery Crystal in Stockholm. Formerly a space in the Art District of Stockholm in the streets of Hälsingegatan and Hudiksvallsgatan – where several independent art galleries are locatedカタリナ・シェーグレンとパートナーであるジュン・ヒは、ストックホルムでアートギャラリーであるクリスタルを運営している。以前は、いくつかのアートギャラリーが点在するヘルシンゲ通りとフディスバルス通りというストックホルムのアート地区にスペースを構えていたが、恒久的なギャラリースペースの代わりに、現在はその場限りの期間限定というスタイルで展覧会を開催している。このプロジェクトは2007年にスタートした。


なぜ常設ギャラリーから期間限定のギャラリーへ形態を変えたのですか?

私たちはもっと街の中心部のスペースを探していたのですが、この都市の内外で展示する事ができる期間限定というスタイルに落ち着きました。例えば、南スウェーデンにあるマルメのような場所でも展示を行っています。展覧会は3〜5ヶ月のスパンで企画しています。


これはストックホルムの新しい形態だと思いますか?

ギャラリーの新しい形態だと思っています。私たちのようなスタイルでギャラリーを運営している他のところは聞いた事がありません。数年前にロサンゼルスにおいて期間限定ギャラリーのプロジェクトを行いました。その際の会場は、チャイナタウンにありましたが、現在は殆ど全てのギャラリーがカルバーシティに移動してしまいました。


作品を展示するアーティストについて少し教えてください。


主に若手から中堅のスウェーデンのアーティストを紹介し、また何人かの国際的なアーティストも抱えています。作品は写真、彫刻、絵画やビデオアートが多いかもしれません。必ずしも個展でなければならないというのではなく、いくつかのグループ展をも行っています。また、キュレーターが関わるグループ展のために、他のギャラリーと協力することもあり、自分たちだけの展覧会よりも面白いです。


どのようにストックホルムのアート地区にあった最初の場所でスタートアップしましたか?

フディスバルス通りのアート地区では、建物のオーナーはこの大きな工業用ビルをチェルシーなどのようなギャラリーエリアに転用したかったようです。始めはこの地区の近くに小さいスペースを所有し、それからそのエリアに移動しました。しかし私たちのクライアントのほとんどが中央エリアやその周囲に住んでいたので、彼らが遠くからわざわざ足を運ぶのは大変なのではないかと感じ始めました。クライアントの近くに行かなくてはという必要性は明らかでした。


新しいアーティストがストックホルムで展示をするための機会は十分にあると思いますか?

私たち場合、いつもすでに一緒に活動しているアーティストからの推薦でアーティストを見つけます。私たちの背景にある、テンスタ・クンストハーレで働き始めたときからアーティストたちを見てきたのでよく知っていますが、アートはローカルなものではなく、国際的なものだと思っています。だから国際的なアートフェアを数多く行ってきました。私の見解では、アートの世界というものはローカルではありません。世界にスウェーデンの芸術家を紹介するし、ストックホルムで他の国のアーティストの作品も展示しています。


いくつか重要なアートフェアを教えて下さい。

私のなかでのナンバー1はニューヨークで行われているフリーズ・アートフェアです。また、私たちはイタリアでアルティッシマ、メキシコではマーケット、これがスカンジナビアで最も重要なアートフェアだと思っています。今後は、リリエバルク美術館を会場に行われる予定です。


読者のために、ストックホルムのアートギャラリーをいくつか紹介して下さい。

市内には17のアートギャラリーがあったと思います。テンスタ・クンストハーレがとても面白いと思います。特にキュレーターのマリア・リンドに会ってみるといいですよ。スンドビュベリ地区にあるマラボウパルケンもおすすめです。また、とても興味深い常設展示が見れるので、ぜひともストックホルム近代美術館に行ってみてください。最後にもう一つニクラス・ベレニウスというギャラリーも紹介したいです。ディレクターである彼は常に若いアーティストと確立されたアーティストを組み合わせます。新しいアーティストが常に展示するために新しい場所を見つける必要があるので、ここは小さなマーケットになっています。


ギャラリーとアートスクールの間にコラボレーションはありますか?

実際ないですね。私はある意味では、ギャラリーにとって商業的な貢献はしてくれていると思います。しかし、ここは小さな街なので美術界と学生の関係は非公式な関係が存在するだけです。私が最も興味深い美術学校の一つがマルメにあるコンストヘーグスコーランで、ストックホルムと同様に興味深い芸術の街だと思います。


ストックホルムにてお気に入りのスポットを教えて下さい

ヘデングレンズという大きな書店にはすべての種類の文学が揃っているし、もし芸術について語り合いたいならクンスト-IG ロネルズも行ってみてください。そこでは講演会をアレンジしてくれます。また、KBに飲みに行くのもいいかもしれません。アーティストが集まる古いバーで、とても素敵な場所です。

CRYSTAL
TEL:+46 (0)73 723 2258 / +46 (0)70 471 8474
office@crystalstockholm.com
http://crystalstockholm.com

Text: Victor Moreno
Translation: Junji Uchida
located – the format has become in pop up exhibitions in a certain space temporarily, instead of a permanent gallery space. They started this project in 2007.


Why you changed the format from permanent to pop-up gallery?

We wanted to have the possibility to have a space more central in town, so we ended up find pop up locations, which able us to exhibit in and out the city. For instance we are exhibiting in Malmö as well, the south of Sweden. Exhibitions can be between three and or five months.


Do you think this is a new format in Stockholm?

I think it is new for a gallery. I don’t know any other gallery yet working as we do. We do a project a few years ago, which it was a pop–up gallery in Los Angeles. We did that in China District but now all the galleries moved to Culver City.


Tell me a bit about the artist to like to exhibit.

We represent mainly Swedish artists emerging to mid-career; we also have some international artist. It can be photography, sculpture, drawings or video art. Not necessarily has to be solo exhibitions, we have done a few group exhibitions. We also have team up with other galleries for a curated group show. Nevertheless I think it is more interesting to work in our own shows.


How the Art District in Stockholm started in the first place?

In the Art District of Hudiksvallsgatan, the owner of the building, this big industrial building, he wanted to turn it into a gallery area thinking of Chelsea and locations like that. We got a small place close to the district and then we moved into the district. What we felt was people don’t really like to move too much around the city and most of our clients lives around the central area so for us was clear we need to be closer to our clients.


Do you think exist enough opportunities for new artist to show in Stockholm?

We usually find artists from recommendations from the artists we already work with. Our background, we started to work at Tensta Konsthall http://www.tenstakonsthall.se so we knew artist from the beginning and start working from there. However I don’t think in local art world, I think the art is international. We have done a lot of art fairs internationally. To my opinion the art world is not local. So we bring Swedish artist to the world and also show other internationals in Stockholm.


Which art fairs are important for you?

I think the best one is Frieze Art Fair http://friezenewyork.com in New York and also we have done Artissima in Italy and Zona Maco in Mexico D.F. Then we have Market http://www.market-art.se in Stockholm, I think it is the most important art fair in Scandinavia. From now and on Market will take in Liljevalchs Museum http://www.liljevalchs.se


Would you be so kind to give us a few tips for our readers, a few art galleries in Stockholm?

I think there are 17 art galleries in the city. Tensta Konsthall is very interesting, which curator Maria Lind is one of the most interesting ones to my opinion, go to Marabouparken in the area of Sundbyberg. But definitely go to Moderna Museet, there is an interesting permanent collection too. I would include also Niklas Belenius he combines younger artists and established artists. It is a small market here so new artists always need to find new places to exhibit as well.


Does exist any collaboration between galleries and art schools?

Not really, I think there is a view on galleries which is commercial in a way, but it is a small city so informally exist connection and relations between the art world and students, I think one of the most interesting art school is Konsthögskolan in Malmö, I think it is an interesting art city equally as Stockholm.


Please tell me a few more tips, places in Stockholm that you like.

A great bookstore called Hedengrens http://www.hedengrens.se they have all kinds of literature there and if we talk about art go to bookstore Konst-ig and also KB, it is the old artist bar, a very nice place.

CRYSTAL
Tel: +46 (0)73 723 2258 / +46 (0)70 471 8474
office@crystalstockholm.com
http://crystalstockholm.com

Text: Victor Moreno

stockholmのお勧めイベント
Recommended Events in stockholm
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.