insider

岡本光市Kouichi Okamoto

© Kyoei design

© Kyoei design

ダッチデザインに魅了され、サウンド・プロデューサーから一転プロダクトデザイナーに転向した岡本光市は、静岡を拠点に活躍する共栄デザインのデザイナーだ。Attracted by the Dutch design, Kouichi Okamoto changed his career from a sound designer to a product designer of Kyoei design based in Shizuoka.ハニカムランプやバルーンランプはじめとする数々の照明や日常生活の中にあると楽しくなるプロダクトは、シンプルな作りながらに遊び心たっぷり。アート・インスタレーションのスタイルで作品を発表、海外で好評を得て、逆輸入のようなカタチで日本に送り込まれてきた。そして現在は、静岡から世界に向けて新しいデザインを発信している。


自己紹介と最近の活動内容について教えてください。

共栄デザインのデザイナー、岡本光市です。共栄デザインは2006年に設立したデザイン・ブランドです。設立以前はサウンド・プロデューサーとして活動しておりオランダのテクノレコードレーベル「X-trax」、「Re-Run」からアナログ音源をリリースしました。レコーディングでオランダやヨーロッパに滞在していた際にダッチデザインやプロダクトデザインに触れ、独学でデザイン、アートを吸収しました。
共栄デザイン製品をアートとしてみせる手法でインスタレーションすることにより世界各国のデザイン/アートのメディアに取り上げられ新しい作品を作る意欲をもらっています。最近では企業とのコラボレーション・プロジェクトとしてデザイン提供などを行っています。


静岡について教えてください。その街で暮らすことや仕事をすることについてどう思いますか?

静岡は東京から新幹線で1時間という距離でありながら、地方都市の良さ・・・というか便利でありながらのんびりとした雰囲気も持ち合わせていて、山も海も近く温暖な気候で、環境は良いです。
私達のアトリエの三方はお茶畑に囲まれていて、都心から来た友人は夏場の蝉の声の大きさに驚いていましたね。また、静岡にはいくつかの大手製造メーカーがあり、それに伴い様々な業種の製造業、職人が身近にいる環境であり、物創りに適している街と言えます。新しい作品を作る際、ネットで素材や加工業者を探していると、最終的に静岡の業者になることが多々あり、改めて恵まれた環境を実感します。


静岡で好きな場所を教えてください。

静岡は山梨県と共に富士山の所在地です。冬は雪を被った富士山が至る所から見えます。静岡市内にある「静岡市クリエイター支援センター (CCC)」では興味深い企画展が行われるので、頻繁に通っています。
富士の朝霧周辺は、特に夏場は大小様々な野外音楽イベントが行われます。雄大な景色の中で過ごすひと時は格別です。自家栽培の野菜を使った料理を出す宿、朝霧の酪農家直送新鮮食材を使ったBBQが楽しめるキャンプ場など、夏のイベント時期は仕事が進みません!特にお勧めはハートランド朝霧!このキャンプ場では毎週誰かしらがイベントをやっていて、いつ行っても楽しめます。又露天風呂にはブランコが設置されており、目の前は広大な草原で裸ブランコが楽しめますよ。ここのオーナーのキャラも相まって素敵スポットです!


静岡のアート/デザインシーンについてどう思いますか?

ショップや展覧会等の数は少ないかもしれませんが、実は静岡出身のクリエーターさんが多いのに驚きます。伝統工芸を継承すべく頑張っておられる若手の方々や、小規模でも個性豊かなイベントを企画しているアーティストも増えてきており今後ますます面白い街になるでしょう!


岡本光市
共栄デザイン、デザイナー。1970年静岡市生まれ。
1997年よりオランダのテクノレーベル「X-Trax」よりbekkou名義で音源「hi light」をリリース。以後オランダやイギリスのレーベルを通じて音楽活動を行う。2004年よりプロダクトデザインの作品を発表。2006年、共栄デザインを設立後、国内外にて展覧会開催やインテリアイベントなどに参加。共栄デザインのプロダクトはドローグアトランタデザインミュージアムロンドンデザインミュージアムcoletteなど、世界30カ国以上のデザインブランド、 ショップ、美術館などで扱われている。
http://www.kyouei-ltd.co.jp


Text: Mariko Takei
The products designed by Okamoto, various lamps including Honeycomb Lamp and Balloon Lamp and products which make your life happy, are very simple and playful. Being presented in an art installation style and gained high reputations overseas, his design was, in a way, re-imported to Japan. And currently he is based in Shizuoka from where he delivers the new design to the world.


Please tell us yourself and your recent activity.

I am Kouichi Okamoto, a designer of “Kyoei design”.
Kyoei design is a design brand established in 2006. Before establishing the brand, I used to work as a sound producer and have released analog pieces from the techno record labels in the Netherlands, X-trax and Re-Run. During my stay for the recording in the Netherlands and other countries in Europe, I had a chance to look closely into the Dutch design and the product design which inspired me to study design and art. Since then, presenting products of Kyoei design as installation works of art, I get motivated to make new works by gaining attention from the art/design related media in the world. Recently I collaborate with companies to provide the design.


Please tell us about your city, and how about living in your city for yourself/activity.

Shizuoka is one hour away from Tokyo by Shinkansen. So convenient place to live, yet, Shizuoka is more laid-back, close to both mountains and beach, warm weather, and very nice environment. Our atelier is surrounded by the tea plantation, so that friends of mine visited from the urban city in the summer were very surprised by cicadas’ big chirp.
Also, there are some major manufacturers that generate various kinds of manufacturers and artisans getting together. So I think Shizuoka is a suitable place to create things. As I look for materials and processors when creating new products, I eventually meet them that are from Shizuoka. I realize that I am in a great context for my creation.


Please tell us a favourite places in the city you live and work in.

Mt. Fuji is located in between Shizuoka and Yamanashi. In winter, you can see snow-covered Mt. Fuji from many places in Shizuoka. I often visit CCC where exhibits interesting shows.

There are various outdoor music events in summer in Asagiri area. It is a special moment to spend times in the vast landscape. In summer when there are outdoor events I become very easy! I especially recommend Heartland Asagiri, which is a camp site where there are kinds of events happeing and you can enjoy whenever you visit. Also, there is an open air bath with a swing, which you can be on the swing in the buff enjoying the vast field of grass that is outspread before you. The owner of the camp site is very nice!


What do you think about the art/design scene in the city?

Even there are not so many shops and exhibitions in Shizuoka, there are actually many creators come from Shizuoka. I believe Shizuoka will become one of the interesting cities as increasing artists, who are planning small yet distinctive events and up-and-coming artisans, who are trying to be handed down the traditional crafts.


Kouichi Okamoto
A designer of Kyoei design.
Born in 1970 in Shizuoka City, Okamoto released a sound source in 1997 from Dutch techno label “X-trax“. In 2004, he introduced the products Color Light and Random, and in 2005 the Balloon Lamp and Honeycomb Lamp. After established Kyouei design in 2006, he held exhibitions and participated in the interior events in Japan and overseas. The Kyoei design products are available at design brands, shops and museums over 30 countries in the world, including Droog, Atlanta Design Museum, London Design Museum, colette, etc.
http://www.kyouei-ltd.co.jp


Text: Mariko Takei

shizuokaのお勧めイベント
Recommended Events in shizuoka
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
  • HOMEホーム主页
  • ABOUT運営会社关于
  • ADVERTISE広告掲載広告掲载
  • POLICYポリシー隐私政策
  • CONTACTお問い合わせ联系
  • Site design and development by Rondomark
    Copyright © 1996-2018 Shift Japan. All Rights Reserved.